わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:2人目妊娠

前回のアンサー漫画はこちら↓ この辺を読んで頂くと、ご質問のお返事になるかなと思います。↓【産後にうつ再発編】より ↓【うつ持ちの私が2人目を産んだ話】より ↓【2人目を妊娠出産する為に大切な4つのこと】がこちらの記事に書いてあります。↓この記事のテキストを一
前回のアンサー漫画はこちら↓


IMG_2745



この辺を読んで頂くと、
ご質問のお返事になるかなと思います。


↓【産後にうつ再発編】より


↓【うつ持ちの私が2人目を産んだ話】より


↓【2人目を妊娠出産する為に大切な4つのこと】
がこちらの記事に書いてあります。
↓この記事のテキストを一部
こちらにペーストしておきますね。



【以下、2018年11月27日の記事より抜粋】


今まで何人かのフォロワーさんから

【1人目の時にうつになってしまい、
2人目の出産・育児が不安です。】

というご相談を頂いておりました。


一人一人にお返事することが出来ず
申し訳ありません。

私も同じ気持ちだったのでわかります



2人目のことを考えた時に大切なことは

①病状が安定していること。
②飲んでいる薬が、妊娠・出産が可能なものであること。
パートナーも2人目を望んでいること。
④1人目の時の妊娠・出産で得た経験を
糧に出来ていること。

…かなと思います。


【①について】
これが1番の大前提です。
自分なりに『普通に生活出来ていること』が
ベースに必要です。

私の時は、
「抗うつ薬飲まなくてもいいんじゃない?」
ってくらい病状が何ヶ月も安定していました。

再発予防の為に最低量の抗うつ薬を
飲んでいる…という感じでした。


『薬や通院を卒業してから
妊娠出産をしたい』と強く望んでいましたが、
心身の安定を優先して、
再発予防の内服を続けました。


【②について】
薬の催奇性が気になっていましたが、
母体が心身共に健康であることが大切なので、
最低量の抗うつ薬だけは続けていました。

(上の子の育児をしながらの妊婦生活に
なるので、薬の力を借りてでも
母親が元気で過ごせることが
優先とされるようです。)


私が内服していた抗うつ薬は、
催奇性はなく、妊娠・出産が
可能なものでした。
(ただ、授乳はだめでした。)

※薬のことは、主治医と要ご相談下さい。


【③について】
パートナーが望んでいることも大切だと思います。

きっとパートナーも、1人目育児の時よりも
育児スキルがアップしているのではと思います^_^


【④について】
1人目の時の育児経験を
『辛かったこと』どまりにするのではなく、
【大きな経験をした】と糧に出来ていることが
大切かなと思います。

「またあんな風に失敗したらどうしよう」
という不安がなかなか拭えないのなら、
病状が安定していないのかもしれません。

まずは主治医とよくご相談下さい。



ひとまとめに簡単にお話させて頂くと…

『2人目に会いたい!』
という気持ちが、
不安よりも楽しみの方が
勝っているのなら
大丈夫なんじゃないかな…
と個人的には思います^_^


(※また病状が悪化してしまうか
そうでないかは別として。)




※以上は私が経験して感じたことです。
全ての人に当てはまることはないと思いますが、
誰かのお役に立てれば幸いです。




ブログのテーマやジャンル分けが
ゴチャゴチャしているので、
読者さんが検索しやすいように、
今後整理していきますね^ ^



次回もまたアンサー漫画を描こうと思います。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら