わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:2人目

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第11話はコチラ。お菓子を作ったり、手の込んだ料理を作ったり、身の回りのお世話をしっかりこ
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ

IMG_9852
IMG_9853

お菓子を作ったり、
手の込んだ料理を作ったり、
身の回りのお世話をしっかりこなす、
【完璧なお母さん】。

…ではないけれど。


持病(うつ病)と向き合いながら

私なりに毎日
『お母さん』をしています。


持病があっても、
完璧なお母さんになれなくても、

子どもたちの成長に喜びを感じ、
一緒に過ごす毎日を幸せに思っています。


子ども2人の母親になれて
良かったと思っています。


この漫画を読んで、

同じ持病の方の不安が
少しでも軽くなれば良いなと思います。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第10話はコチラ。この後すぐ生理がきましたが、副作用だと気づいたのは、薬を変更して3ヶ月以上
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9822
IMG_9823

この後すぐ生理がきましたが、

副作用だと気づいたのは、
薬を変更して3ヶ月以上経った後でした。
(ニブイ!・(笑))


その頃には副作用の気持ち悪さも
なくなっていました。


常にムカムカ気持ち悪くて、
本当につわりにそっくりでした。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の9話はコチラ。1コマ目の漫画はコチラです↓『寝過ぎる原因を考えてみた』この記事を描いた時は
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の9話はコチラ


IMG_9814
IMG_9815

1コマ目の漫画はコチラです↓

この記事を描いた時は、
「仕事頑張り過ぎだったかな?」
と思っていたのですが…

その数ヶ月後、先生から
「今の薬は眠くなりやすい」と聞き、
「薬のせいでもあったのかな…?」
と思いました。



眠くなりやすいといっても、
私が飲んでいる量は
【最低量】だったので、
まさか薬の副作用だなんて
思ってもみませんでした。



頭の回転が悪いとか、
物忘れが激しい・物覚えが悪い

…というのも、
うつ病の人には起こるらしく、
料理が出来なくなることもあるそうです。
(料理は、結構頭を使うらしいです。)


因みに『頭の回転を良くする』っていうのは、
『頭が良くなる』って意味じゃなくて
脳内の神経伝達物質を最適に近付ける
という意味だと思います。

(薬1つで賢くなれたら
すごいですよね(笑))


因みに変えた薬は
『サインバルタカプセル』です。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の8話はコチラ。今も毎朝起きづらいです。でも、仕事や家事が最低限出来ているから、『私は大丈夫
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の8話はコチラ


IMG_9774
IMG_9775


今も毎朝起きづらいです。

でも、
仕事や家事が最低限出来ているから、
『私は大丈夫。元気です。』と言っています。



いえ、本当は

『出来てない部分』
『足りない部分 』

あると思います。



『こういうお母さんでありたい』と
思っていても、思い通りに
動けないことは沢山あります。



しかし今は、
その『出来てないこと』には
目を向けないで、
「怠いながらも、
自分はここまで出来たじゃん!」
と思うようにしています。

(OKラインを低くしています。)


そうすると、
「自分は本当にダメだなぁ」と
自分で自分を追い込むことが減りました。




人に『出来てないじゃん!』て言われると
「私なりに頑張ってるのに…!』って
気持ちになってしまうのですが、

幸い、家族は許容して、
言わないでいてくれています。

本当に本当に有り難いです。



完治はなくても、
なるべく体調が安定するように、

考え方の癖を変えたり、
薬の飲み忘れをなくしたり(←オイ(笑))
睡眠をちゃんととったりして、

自己管理していきたいと思います。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第7話はコチラ。混合育児の経験があるので、自分はミルク育児も慣れていると思っていたのですが
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9751
IMG_9752


混合育児の経験があるので、

自分はミルク育児も慣れていると
思っていたのですが、

断乳する前には
完全母乳育児に
すっかり慣れていた為、

いざ始まると、

お出掛けの時の大荷物
哺乳瓶洗浄・消毒

などの労力があり、
結構大変だなーと思いました。

(混合の時にも経験してたのですが、
改めてそう思いました。)


でも、母乳も大変なんですよね。


乳頭が切れてしまったり、
乳腺炎になってしまったり、

乳首の形によっては、上手く
飲ませられなくて苦労したり。


母乳もミルクも、

良いところと大変なところが
それぞれありますよね。


ミルク育児に慣れて、
『これは良いな』と思ったのは、

飲んだ量が目でわかること
父親も授乳出来ること
自分が病気の時に服薬出来ること
でした。



個人的には、

お母さんが辛い思いをしないで、
「これで良いんだ」と納得出来ていれば、
ミルクでも母乳でも
どちらでも良いんじゃないかなぁと思います。



産後間もないこの頃、
涙が勝手に流れるようになったのですが、
その時のお話はコチラにあります↓





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第6話はコチラ。何という名前の薬だったか忘れてしまいました…。産婦人科の先生には、自分が心
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9734
IMG_9735

何という名前の薬だったか
忘れてしまいました…。


産婦人科の先生には、

自分が心療内科に通っていることや

心療内科の先生に
「母乳はあげないで下さい」
と言われたことを

きちんとお話しました。



心療内科に通っていて
もし2人目をお考えでしたら、

心療内科の先生と、
産婦人科の先生両方に

きちんと相談すれば、
不安は軽減出来ると思います。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の5話はコチラ。『妊娠出産可能』と言われてから、普通に楽しく過ごしていました。(産後にうつ再
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の5話はコチラ



『妊娠出産可能』と言われてから、
普通に楽しく過ごしていました。
IMG_9699
IMG_9700
産後にうつ再発編と重複しますが、
こんな時系列でした。)


これまで、
「自分は妊娠したらダメなんだ…。
まだ2人目は持てないんだ…。」
という気持ちが胸の奥にあり、
つっかえていたのですが、

『妊娠出産可能』と聞いてから、
気持ちが軽くなりました。


そして、
毎日を楽しく過ごしていたある日、
身体に妊娠初期症状が出始めたのでした。


帰国後というのもあり、
「時差ボケかな…?」
と思っていたのですが、
妊娠による眠気だったようです。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の4話目はコチラ。親になると決めたからには、『どんな我が子も受け入れる』という気持ちが必要か
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9694
IMG_9695


親になると決めたからには、
『どんな我が子も受け入れる』
という気持ちが必要かなと思います。

綺麗事かもしれないけど…。


胎児への影響を心配しなかった
わけではありませんが、
私は先生の『妊娠出産が可能』
という言葉を信じました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第3話はコチラ。聞きづらいなと思うことを聞いてみることに先生との話し合いによっては、薬を切
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


聞きづらいなと思うことを
聞いてみることに
IMG_9685
IMG_9686


先生との話し合いによっては、

薬を切る選択、
漢方に変える選択、

になる人もいるかもしれません。


これはあくまで私の事例です。


私は先生との話し合いの結果、
最低量を服薬しながら
妊活することを選びました。


うつ持ちで妊娠出産をお考えの人は、
担当の先生とよく話し合いをして、
ご自身が納得出来る道を
選んで頂きたいと思います。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第2話はコチラ。先生に、2人目妊娠の相談をすると…抗うつ薬を飲んでいるから妊娠してはいけな
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の第2話はコチラ



先生に、2人目妊娠の相談をすると…
IMG_9677
IMG_9678


抗うつ薬を飲んでいるから
妊娠してはいけないと自分で思い込み、

ピルを処方してもらうために
数ヶ月婦人科に足を運んでいました。


先生にすぐに確認していれば、
そんな労力はいらなかったのだと
思いました。




「ネットで調べればいいのに」と
思う方もいるかもしれませんが、

医療系の情報は、

誰が書いてるかもわからない
無責任な情報より、
目の前にいる先生に聞いて
確認した方が良いと私は思っています。


「こんなことを聞くのは変かな…?」
と、遠慮してしまったり、
気が引けてしまって聞きづらい
…という気持ちもあると思いますが、

分からないことをそのままにしておくのも
ストレスになると思うので、

しっかり聞いた方が良いと思いました。








▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話前回の1話はコチラ。『前回』とは、25歳頃の初めてうつ病になった話(第1話はコチラ)の時です。この時は1年で服薬
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話
前回の1話はコチラ


FullSizeRender

『前回』とは、25歳頃の
初めてうつ病になった話
第1話はコチラ)の時です。

この時は1年で
服薬・通院を卒業しました。


だから、漠然と、
今回も卒業出来ると思っていました。


『胎児への影響』が心配だったので、
2人目妊娠は
卒業してからだと思っていました。


でも、心配していても
自分が飲んでいる薬について
ネットで調べることはしてませんでした。


ある受診日、先生に
『そろそろ2人目を考えている』
という相談をすることにしました。


3話目へ続きます


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)「1人目出産後うつになり、そろそろ2人目をと思うけど、不安でいっぱいです…。」というメッセージをたくさん頂いていたので、私の体験を漫画にし
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)

「1人目出産後うつになり、
そろそろ2人目をと思うけど、
不安でいっぱいです…。」
というメッセージを
たくさん頂いていたので、

私の体験を漫画にして、
その辺りを掘り下げてみたいと思います。



1人目育児に奮闘していた頃…
FullSizeRender

遠い土地に嫁ぐと決めたのは自分。

分かっていたものの、
想定外の悩みや不安は出てくるものですね。


夫はいるけど、仕事でいない。

どうしても1人で育児することになります。

2人目が生まれれば、
1人で、子ども2人を見なくてはいけない。


この時は、
1人で2人以上のお子さんを
連れているお母さんが、

【凄い人】に見えました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の103話はこちら。うつ病には、『自分の考え方や環境を変えて改善出来る部分』と『自分では改善出来ない病態的な部分』があると私は思っていて、(根拠はありませ
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の103話はこちら


IMG_8114
IMG_8115


うつ病には、

『自分の考え方や
環境を変えて改善出来る部分』

『自分では改善出来ない病態的な部分』

があると私は思っていて、

(根拠はありません。
自分の体感的にそう思う。)


この時のは、
『病態的にどうしようも出来ない部分』
だったと思っています。

(身体的な病気と同じで、
感染したら発熱するのと同じようなもの
だったと思っています。)


この時は不安や心配ごとを
考えていたわけではなくて…。

ベッドに横になっていた時に
ゾワゾワゾワっと頭から
電流が流れるような感覚が
起こりました。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の102話はこちら。実家に電話する前に、一時保育のことや、シッターさんのことなど調べました。『色々調べたけど、どれがいいのかわからない…。よし、ここは専門
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ



IMG_8094
IMG_8095

実家に電話する前に、

一時保育のことや、
シッターさんのことなど調べました。


『色々調べたけど、
どれがいいのかわからない…。
よし、ここは専門家に相談しよう!』
と思い、保健所に電話しました。


娘の健診の時、問診票の
【お母さんの健康状態】の所に
『うつ病』だと記入していたので、

事情をお話したら察してくれ、

どのような託児サービスがあって、
どの保育所が利用可能なのかをお話しに、
保健師さんが自宅まで来てくれました。



色々な方法がありましたが、
『自分の労力的なものを考えると
実家に頼るのが1番かな…』
と最終的に思い、実家に連絡しました。


地元は

自然に囲まれて空気も綺麗で、
車の交通量も少なくて、
公園も歩いていける距離にあって、
子育て広場も平日毎日やっていて、

実際、とても過ごしやすかったです。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の101話はこちら。娘、2歳3〜4ヶ月頃↓たまに『2人目を欲しいと思えたのはどうしてですか…?』『不安はありませんでしたか?』というご質問を頂きます。『欲しい
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の101話はこちら


娘、2歳3〜4ヶ月頃↓
IMG_8059
IMG_8060

たまに

『2人目を欲しいと思えたのは
どうしてですか…?』

『不安はありませんでしたか?』

というご質問を頂きます。


『欲しい』と思えたのは、多分、

【普通に元気だったから】
だと思います。


『不安』は、うつ病だからじゃなくて、
人並みにはあったと思います。


「私1人で2人も子ども連れて
スーパー行けるかなぁ〜」みたいな。


でも、『不安』よりも
『楽しみ』が勝っていました。




『先のことを考えて不安になる傾向』は、
うつ病になりやすい人に
多いなぁと感じます。


考えて不安になる人は、
『行動』が足りないそうです。


行動してみたら
案外大したことなかったな、

考え過ぎだったな、

と思うようなことってありませんか?


私はたまにあります。



人間、
分からないことや理解出来ないこと、
予測不可能なものには
『不安』や『恐怖』を抱きます。


しかし、
誰かに話したり、行動することで
『不安』は和らぎます。


不安を溜め込んでいる人は、

そのことを誰かに話したり、
思い切って行動してみては
いかがでしょうか?


「ずっと考えてたのに解決してた。
早く行動すれば良かった!」とか、

「ずっと悩んでたのに
相手はなんとも思ってなかった。
悩んで損した。」

ってこともあるかもしれません。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の99話はこちら。娘も2歳過ぎになり、イヤイヤ期もあったけど、意思疎通が出来るようになってきて、0〜1歳の頃よりは気持ちに余裕が出てきていました。(2〜3歳も
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の99話はこちら


IMG_8027
IMG_8028

娘も2歳過ぎになり、
イヤイヤ期もあったけど、

意思疎通が出来るようになってきて、
0〜1歳の頃よりは
気持ちに余裕が出てきていました。

(2〜3歳も十分大変なんですが、
うちの娘の場合は0歳が究極に
大変だったです…。)



私は結婚当初、
『子どもは3人』希望していました。


うつを再発してから1年3ヶ月。


症状もなく、至って『普通』なので、
『また我が子に会いたいな』と思うのは
自然なことだったかもしれません。







↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!