わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:自己肯定感

はじめましての方は→コチラ。前回の記事では、【外向型と内向型に優劣は無い】ということを書きました。①人間関係内向型…狭く深く外向型…広く浅く②仕事内向型…専門領域を極めやすい外向型…マルチタスク③エネルギー内向型…自分の中に力を秘めている外向型…外から力
はじめましての方は→コチラ


前回の記事では、
ということを書きました。



①人間関係
内向型…狭く深く
外向型…広く浅く

②仕事
内向型…専門領域を極めやすい
外向型…マルチタスク

③エネルギー
内向型…自分の中に力を秘めている
外向型…外から力をもらう

④刺激
内向型…外的刺激に弱い
外向型…外的刺激に強い

⑤1人時間
内向型…多い(必要)
外向型…少ない


…という風に、
2つに分けられますが、実際は…

IMG_9926

当たり前ですが、
内向型にも様々なタイプがあると思われます。


例えば私の場合ですが、
内向型だからといって、

多くの人と、
全く交流出来ないわけではありません。

IMG_9928
みんなでワイワイして、
楽しめることもあります。


ただ、話に入る時、
その場の雰囲気や
どう相槌を打てばいいのかや、
周囲の人の表情を見て、
色々考えながら話を聞いているので
終わった後

IMG_9931

ムチャクチャ疲れます。
(頭がショートします。)



どちらかというと、
一対一で会話する方が好きです。
IMG_9927

冗談を言い合ったりとかじゃなく、
悩み事など深い話をする傾向にあります。



そして仕事の場合は…
IMG_9929
看護師時代、
一応、テキパキと動いてました。

勤務中は全神経を研ぎ澄まして、
業務にのぞみます。

テキパキと仕事をするのは、
とてもやりがいのある事でした。


…ただ
IMG_9931
仕事が終わった後、
帰宅してご飯を作ったりする
余力がありませんでした。



独身のままだったら
自分のことだけやればいいので
問題なかったのですが、

家庭を持つと、
自分のことだけでは済まないし、

特に看護師という仕事は、
マルチタスク能力が必要なので、
仕事と家庭の両立が難しかったです。




現在は、フリーランスとして、
自宅で執筆作業をしています。

これなら1つのことに集中出来るので、
どこかに勤めるよりも楽…

IMG_9930
…かと思われがちですが

IMG_9931
これもまた、
それなりに疲れます。
(一応、無い頭を使っているので(笑))


締め切りがあれば時間に追われるし、
収入は安定しないので、
それなりに大変なことはあります。


ただ、
「内向型の自分に合ってるな」
と思うところは、

マイペースに作業が出来るところ。


決まった時間に出勤しなくていいし、
子どもの行事や体調不良に対応しやすいし、

FullSizeRender
休憩もとりやすいです。

(締め切りによっては睡眠時間を削る
事もあるので一概には言えませんが。)





私はこんな感じの内向型です。


これに気付くのに、
30うん年もかかりました。


内向型は世間的に見て、
25%しかいないので
理解されにくいと思います。


周りに理解されず、時には
「あなたはおかしい」と
否定されることもあると思います。


でも、
世の中色んな人がいて当然です。


同じように内向型で、
周囲に理解されなくて
苦しんでいる人には、

理解されなくても、
『自分』というものを
持ち続けてほしいなと思います。


あと、
内向型が理解出来ない人は、せめて
否定しないでいてくれたらと思います。







↓読者登録はこちらから!


↑登録して頂くと、
LINEアプリに更新通知が届きます。

(通知のオン・オフは自由に設定できます。)


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方はコチラ!他人を「いいなぁ。羨ましいなぁ。」と思うことってありますよね。私も周囲の人を見ていて、「素敵だなぁ」と思うことがあります。自分が持ってないものを持っている人ってすごく魅力的。「私もそうなれたら良いな」と憧れたりします。ただ、その
はじめましての方はコチラ


他人を「いいなぁ。羨ましいなぁ。」
と思うことってありますよね。

FullSizeRender
私も周囲の人を見ていて、
「素敵だなぁ」と思うことがあります。


自分が持ってないものを
持っている人ってすごく魅力的。

「私もそうなれたら良いな」と
憧れたりします。


ただ、その「羨ましい」と思う気持ちを
FullSizeRender
(例】芸能人を見てねたんでいる図(笑))

【ダークな方】に
持って行ってはいけないな
と思うのです。


残念なことに、たまに

相手の粗を探して
おとしめるようなことをしたり、
(言ったり)

相手の評価が下がるように
大勢の前で批判したり
する人いますよね。


そういう労力を、負のエネルギーの方へ
使ってはいけないなと思うのです。




【自分にはない】と思うのであれば、

これからそのエネルギーを
プラスの方に向けて

理想とする自分になれるように
努力を続ければ良いと思うんです。


努力で変えられないもの、
手に入れられないものもありますが、


「自分より容姿が優れてる」

「自分よりお金持ってる」

「自分よりも子育てラクそうだ」

「自分よりも恵まれてる」

…と、自分と他人を比較して
ないものねだりばかりしていると

今の自分が【持っているもの】に
気付けないと思うんです。


そして、
【何も持ってない人】なんて
いないと思います。


自分だって
IMG_5133
IMG_5134
何にも代えられない
かけがえのないものを
持っている…ということに

気が付いてないだけだと思うんです。


【持っている】というのは、
目に見えるものだけじゃなく

『優しい心』だったり、
『気遣い出来る心』だったり、
『トークスキル』だったり。


自分にとって何でもない【普通】なことでも、
他人から見たら【素敵】だったりします。



みんながみんな、
【自分は自分】と思えて、

【自分と他人を比べる必要はない】
ってことに気づけたらきっと
気持ちが楽になれるんじゃないかな

…と思います。


劣等感を持ち続けるのは、
辛いことですから…。

ルックスにも自信がなかった④の続きです。高校生の頃、部活中にプリントが配られて…友だちが急に押してきて、目標を書いて提出する紙が汚くなってしまい…(普段怒ったりしないので、友だちはドン引きしていました)以前から、友だちが冗談を言う度に、「面白く言い返せな
ルックスにも自信がなかった④
の続きです。

高校生の頃、
部活中にプリントが配られて…
IMG_1453
友だちが急に押してきて、
目標を書いて提出する紙が
汚くなってしまい…
IMG_1454
(普段怒ったりしないので、友だちはドン引きしていました

IMG_1455

以前から、
友だちが冗談を言う度に、

「面白く言い返せないなぁ」
「どうして、場の空気を
盛り上げられないんだろ?」

と思っていました。


そして、

「私にはユーモアが足りないんだ」
「私ってつまらない人間なんだろうな」

と感じていました。



自己評価の低かった自分でしたが、
高校を卒業して3年後に
今の夫に出会いました。
(出会った時の話はコチラ


(まだ付き合う前の)夫は、会う度に
IMG_1456
IMG_1457


私が普通にしていても、
楽しそうに笑ってくれました。


FullSizeRender

頑張らなくても、
神経を使わなくても、

普通にしていて
「面白いね」
「楽しいね」
と言ってもらえて、
とても嬉しくなりました。

(「面白いね」は、
人によっては馬鹿にされたと
感じるかもしれませんが、
私はそうは感じませんでした。)



自分はつまらない人間だ」
と思って生きてきたけど、


「そんなことないんじゃない?」

「私は私のままでいいんじゃない?」

「ありのままを受け止めて
くれる人だっているんだ」



という風に、
肯定的に考えられるようになりました。