わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:精神科

↑前回の記事はこちら。もう1年以上前の話です。子どもたちと同じ時を多く過ごしている分、何かあると「またか…」という気持ちになってしまいます。そしてついつい、「もぅ!」とイライラしてしまうのですが…夫のこの言葉を聞いて、反省しました。「こんなことで何イライ
↑前回の記事はこちら。



もう1年以上前の話です。
image
image
image

子どもたちと同じ時を多く過ごしている分、
何かあると「またか…」という気持ちに
なってしまいます。


そしてついつい、「もぅ!」と
イライラしてしまうのですが…

夫のこの言葉を聞いて、反省しました。



「こんなことで何イライラしてるんだろ。
私って色々グダグダ考え過ぎだなぁ。
夫の前向きな思考、良いなぁ。」って
思いました^_^




【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!紙に書き出して頭の中を整理しないと忘れてしまいそうなくらい、最近は色々やらなければならないことがありました。(現在進行形です。)大した用事ではないのですが、地味に労力も時間もかかります。そして外見では大変さが分からないものが多いです
↑前回の記事はこちら!


image
image


紙に書き出して頭の中を整理しないと
忘れてしまいそうなくらい、
最近は色々やらなければならないことが
ありました。(現在進行形です。)


大した用事ではないのですが、
地味に労力も時間もかかります。


そして外見では
大変さが分からないものが多いです。


『主婦業(母親業)って、
そういうものが多いよなぁ』って
ふと思いました。


感謝されたいわけではないけれど…。

ふと、そう思いました。




皆様も毎日お疲れ様です^_^



【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら




↑前回の記事はこちら!ギリギリ描きあげました↓子どもが帰宅してからは、習い事の送迎とか宿題見たりとか…なんとか動きましたー!晩ご飯は本当は作りたくなかったけれど…適当に食卓に並べてなんとかなりました(^^;(全体的に茶色でした(笑))「こんなに動けてない人も
↑前回の記事はこちら!


ギリギリ描きあげました↓
image
image
image

子どもが帰宅してからは、
習い事の送迎とか
宿題見たりとか…

なんとか動きましたー!


晩ご飯は
本当は作りたくなかったけれど…

適当に食卓に並べて
なんとかなりました(^^;

(全体的に茶色でした(笑))


「こんなに動けてない人もいるんだなぁ…」
と思って安心してもらえればなぁと思います!(笑)

(うつ病の人は、出来てない自分を
責めてしまいがちなので。)








【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



↑前回の記事はこちら。私が見聞きして「不思議だなぁ…」と思ったことは①主治医の言うことを信用しない。だけど非医療者である友人知人のことは信用する。②精神科の薬に依存したくない。だけどタバコやアルコールには依存している。という状況です。色々悩み過ぎて、考え
↑前回の記事はこちら。



image
image
image
image

私が見聞きして「不思議だなぁ…」と
思ったことは


①主治医の言うことを信用しない。
だけど非医療者である友人知人のことは信用する。

②精神科の薬に依存したくない。
だけどタバコやアルコールには依存している。


という状況です。



色々悩み過ぎて、考え過ぎて、
何をどう信用したらいいのか
判断が出来ない状態になっているのか…

うつ病が悪化していて
認知能力が低下してしまっているのかなぁ
と思いました。



心身の不調を感じたら、
シンプルに考えると、


①体調が優れないなどの異変を感じたら
病院を受診。

②診断を受け、処方薬を飲む。

③定期受診。

④快方に向かったら減薬。

⑤回復。通院終了。


という流れになると思います。



私のように2回以上うつ病を繰り返している
反復性だと
何十年単位の通院になってしまいますが、
単一性ならば、回復して通院卒業出来ることも
あるそうですよ。


うつ病は『心の風邪』『心の病』と
例えられますが、【脳の病気】です。


ハーブやサプリなどは
リラックス効果などあると言われていますが、
病気そのものを治す効果はないと思います。


ご自分の心身の不調に目を逸らさず、
民間療法でなく、【認められた医療】を
きちんと受けて欲しいなと思います。





【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら。仕事に行きたくないなぁって思うこと、誰にでもありますよね?私も現役の頃はしょっちゅう思ってました。あまりにも忙し過ぎて。でもいざ出勤したら、目の前にある仕事をキッチリ手早くやることに集中してました。そして仕事の後に楽しみがあると、そ
↑前回の記事はこちら。



image
image
image


仕事に行きたくないなぁって思うこと、
誰にでもありますよね?


私も現役の頃はしょっちゅう
思ってました。

あまりにも忙し過ぎて。


でもいざ出勤したら、
目の前にある仕事をキッチリ
手早くやることに集中してました。


そして仕事の後に楽しみがあると、
それを目指して頑張ることが出来ました。


仕事後に同僚とご飯に行ったりとかも
楽しかったなぁ…(^ ^)



皆さんは、仕事に行きたくない時
どんな風に対処していますか?




【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!自分以外の誰か(他人)に期待するのは、『自分の思うように動いてほしい』ということであって、押し付けになっている場合があります。どんなに伝えてもわかり合えない人も世の中にはいると思います…。もちろん家族だとしても…。(悲しいことですが

↑前回の記事はこちら!


image
image
image
image


自分以外の誰か(他人)に期待するのは、

『自分の思うように動いてほしい』という
ことであって、

押し付けになっている場合があります。


どんなに伝えてもわかり合えない人も世の中にはいると思います…。
もちろん家族だとしても…。(悲しいことですが。)


期待をし続けることは辛いことだと思います。


なので、その『期待』を手放してみると、
辛い気持ちが軽減されるかもしれません。


ただ、『期待を手放す』といっても、
相手に「もうアナタには期待しない」
「失望した」ということは言わないで下さい。


以前、私自身言われた経験があるのですが、
「そっちが勝手に期待しといてなんなんだ」
という不快な気持ちになりました。


『期待』は、静かに自分の中で切り離して下さい。



そして、家族じゃなくても、
自分を理解してくれる人は世の中に
きっと沢山いると思います。


そんな人が見つかると良いですね(*^-^*)


(診察時、同席してもらったことの
無い私からしたら、
年2回も同席してくれるんだ!という
感覚ですが…(o^^o))



【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の記事はこちら!フォロワーさんから頂いたメッセージの中に…私も、他人の言葉や素振りで感情を感じ取って、「避けられてる?嫌われてるかも…」「使えない奴だと思われてるかも…」と、脳内が負のループに陥ることがあります。しかし、いつからか私は、『言われてな
↑前回の記事はこちら!


フォロワーさんから頂いたメッセージの中に…
image
image
image
image




私も、他人の言葉や素振りで感情を感じ取って、

「避けられてる?嫌われてるかも…」
「使えない奴だと思われてるかも…」と、

脳内が負のループに陥ることがあります。



しかし、いつからか私は、

『言われてないなら気のせい!』

『言われてないことは気にしない!』

と考えるようにしました。



確証のないことで悩む時間が
もったいないです。



自分の感じ方や受け止め方が
間違っている場合もあります。

相手に確認したら、
「そんなつもりじゃなかった」
ということもあります。





脳内で考え込んじゃうのは
元々の性格もあると思うので
なかなか直せないと思いますが…


ふと、
『ハッ!言われてもないことで
また負のループに入ってる!』と
気付けるようになった分、私は
良い方向に少しだけ変われたかなと思います。



せっかくだから、脳内は

楽しいこと、幸せなこと、
ホッと落ち着けることでいっぱいに
していたいですね(^ ^)




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちらです!色々見えたり感じちゃったりするので、頭の中でグルグル考え過ぎちゃう傾向にあると思います。そして『周囲の人の為に自分がどう立ち回れば良いのか』を考えがちだと思います。でも、『周囲の人の為』ではなく、『自分の為』に正直になりましょう
↑前回の漫画はこちらです!


image
image

色々見えたり感じちゃったりするので、
頭の中でグルグル考え過ぎちゃう傾向に
あると思います。


そして『周囲の人の為に自分が
どう立ち回れば良いのか』を
考えがちだと思います。


でも、
『周囲の人の為』ではなく、
『自分の為』に正直になりましょう!
image
image
仕事はチームワークや
報(告)連(絡)相(談)が大事ですし。

1人で悩まずに、その悩みを
周囲に投げてみるのも良いかと思います。

(協力してくれるかもしれません。)


仕事以外にも、
恋人や配偶者(パートナー)に対して
遠慮して言いたいことを言えなかったり、
自分が我慢すれば良いと思って
なにも伝えなかったら…

きっとそのうち、
体調を崩してしまうと思います。


相手を傷つけないように言葉を選びながら…
『私はこう思っている』ということくらいは
伝えて良いのではないかと思います。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちらです。今日はフォロワーさん(読者さん)にお礼です。…というようなメッセージを頂いております!「いま辛い人に届くように…」「頑張り過ぎている人へ…」「少しでも楽になれるように…」と思いながら描いているので、漫画が皆様が良い方向に向かえる
↑前回の漫画はこちらです。



今日はフォロワーさん(読者さん)にお礼です。
image
image
…というようなメッセージを頂いております!


「いま辛い人に届くように…」
「頑張り過ぎている人へ…」
「少しでも楽になれるように…」
と思いながら描いているので、

漫画が
皆様が良い方向に向かえるキッカケに
なっているのなら、
これ以上に嬉しいことはありません。

image


うつ病になって10数年。


今までの経験から

「この考え方をこう変えたら良いかも?」

「こんな時はこんな風に行動したら良かった!」

という気付きをこれからも
発信していきたいと思います。



楽しいと思える日々が、
皆様に溢れますように。






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



↑前回の記事はこちら。今回もアンサー漫画です。この仕事が好きだとか、この職場が良いからとか、このままキャリアを積みたいとか、出来れば何も言わずに解決したいとか、上司に言いづらいから…など色々ご事情はあると思いますが…自分の殻を破って、前進して頂きたいです
↑前回の記事はこちら。



今回もアンサー漫画です。
image
image
image
image


この仕事が好きだとか、
この職場が良いからとか、
このままキャリアを積みたいとか、
出来れば何も言わずに解決したいとか、
上司に言いづらいから…など

色々ご事情はあると思いますが…

自分の殻を破って、前進して頂きたいです。


自分がどうしたいのかを最優先に。

どうかどうか、ご無理なさらないように…。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!↓アンサー漫画です!うつ病闘病中の人からメッセージを頂きますが、うつ病パートナーさんからも「どうしてあげたら良いでしょうか?」というご相談を頂くことがあります。しかし、うつ病だからといって、みんながみんな同じ対応で正解…というわけで
↑前回の記事はこちら!


↓アンサー漫画です!
image
image


うつ病闘病中の人から
メッセージを頂きますが、

うつ病パートナーさんからも
「どうしてあげたら良いでしょうか?」
というご相談を頂くことがあります。


しかし、うつ病だからといって、
みんながみんな同じ対応で正解
…というわけでは無いと思うんです。


どの食べ物が好きなのかが人それぞれなように、
求める対応も人それぞれだと思います。


大きくくくるとすれば…

うつ病の人は『頑張って頑張って疲れ果てて
動けなくなった人』と思ってもらえたら
イメージしやすいでしょうか?


『疲れている人への対応』なら、
頭の中に描きやすいでしょうか?





私が看護学生の頃、精神科実習で
印象に残った先生の言葉があります。


『病気ばかりを見ないでその人自身を見て』と。



同じようにうつ病になった知人から
話を聞いたことがあるのですが、

私は休職した方が楽だったのですが、

知人は「完全に休んでしまうと申し訳ない
気持ちになるから、午前中だけでも出勤
している。」と言っていました。


同じうつ病だからと言って、
みんな全く同じではないんだなと思いました。


なので、うつ病パートナーさんは、
闘病中のご本人に、どうして欲しいか
聞いてみてはいかがでしょうか…?


可能であれば、支えて頂けると
助かると思います。




しかし、

うつ病のせいなのか
元々の性格からなのか分からないけど、

罵倒されたり、感情の起伏が激しくて
自分の心身が脅かされるようであれば、
離れても良いと思います…。
彼氏彼女の段階ならば、
自分がボロボロになるまでサポート
する必要はないと思いますし、
別れた後うつ病が治ってなかったとしても、
それはパートナーさんのせいではないと思います。

(うつ病のせいならば、薬が合えば
元のご本人に戻ると思います。)



うつ病パートナーさんは悩みますよね…T_T

うつ病パートナーさんも、ご無理なさらないよう
お大事にして下さい。

↑前回の記事はこちら。今回のアンサー漫画は、『精神科を受診する目安について』です。自分では気付きにくいかもしれません…。分かりにくい場合は、以前の自分と比べてみると良いかもしれません。もしくは、家族や友人に聞いてみると良いかもしれません。過去に頂いたご相
↑前回の記事はこちら。


今回のアンサー漫画は、
『精神科を受診する目安について』です。
image
image

自分では気付きにくいかもしれません…。

分かりにくい場合は、
以前の自分と比べてみると良いかもしれません。


もしくは、家族や友人に聞いてみると
良いかもしれません。



過去に頂いたご相談にありましたが…
こちらはすぐに受診して頂きたい案件ですが、
ご本人は『○ストカッ○くらいで…』という
お考えだったようです。


ジショウ行為をしてしまう場合も
必ず受診して頂きたいと思います。


必ず元気になれる日が来るので、
希望を持って欲しいなと思います。




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら




↑前回の記事はこちら。今日は睡眠についてです。なかなか眠れない時はスマホで漫画を読んだりYouTubeを観たりしてしまいます(^^;(睡眠の為には、本当は、寝る前にスマホを操作しない方が良いと先生に言われています(^^;)そうすると大体1時間くらいには眠くなって寝れるの
↑前回の記事はこちら。



今日は睡眠についてです。
image
なかなか眠れない時は
スマホで漫画を読んだり
YouTubeを観たりしてしまいます(^^;

(睡眠の為には、本当は、
寝る前にスマホを操作しない方が良いと
先生に言われています(^^;)


そうすると大体1時間くらいには
眠くなって寝れるのですが、
全然寝れない時は午前3〜4時まで
寝れなかったりします。


眠剤は20回分処方してもらっていたり
するのですが、
焦燥感や動悸などの症状で眠れない
時以外は頼らないようにしてます。

(無症状でも、午前3時まで
起きてしまった時は、
「飲めば良かった…」と思うことが
あります(^^;)


そうして睡眠時間が短くなってしまうと…
image
頭がスッキリせず、体も怠くなります。
やはり睡眠は大事。


でも、ベッドに横になっても
すぐに眠れないから…
image
こうすると、やや眠りやすかったので
半年くらい前からそうしてます。

流しているのは豆知識系のYouTubeです。

寝付けなくてボーッとしてる時間が
有益なものになると思ってそうしてました。


そんなある日、
あるアプリの存在を知りました。


【睡眠導入瞑想】が出来るアプリです。
無料お試しが出来るので使ってみたところ…
image

画面を見る必要はなく、
ただアプリから流れる声と曲を聴くだけ!

そうしていたら、いつの間にか
寝てしまっていました!
(連日、効果ありました!)


レビュー評価が高いのも、
効果があるからだと思いました!


…ただ、お試しが終わったら
年間6000円します!(>_<)


『高い!』と思いましたが、
12ヶ月で割ると1ヶ月500円なので

『眠剤無しでスッと寝れるなら良いかも!』
と思いました。


あくまで私の場合で、他の人にも
効果があると断言は出来ませんが…

良いアプリだと思ったので
皆さんにご紹介したいと思いました!

(PRじゃありません。)


宜しければお試し下さい^_^
ダウンロードは下のリンクからどうぞ!


↓iPhoneはこちら!

↓Androidはこちら!



↑前回の記事はこちら。『うつは甘え』『怒鳴りつけて躾ける』がパワーワード過ぎて、その後のツイートが頭に入ってきませんでした…。語彙力ないのでうまく言えませんが…とても残念な気持ちになりました。わかり合えない人もいるよね…と頭でわかっているのですが…。逆に
↑前回の記事はこちら。



image

『うつは甘え』
『怒鳴りつけて躾ける』
がパワーワード過ぎて、
その後のツイートが頭に入って
きませんでした…。


語彙力ないのでうまく言えませんが…
とても残念な気持ちになりました。

わかり合えない人もいるよね…
と頭でわかっているのですが…。




逆にこちらは励みになったツイートです↓


皆様の励みになりますように。



↑前回の漫画はこちら!今回はうつ病と食事について。「…なんか味がしないな」と思うくらいで、当時の私(22歳)はアッサリしていました。この時は、国試が終わった後実家に戻ったので徐々に体調は回復していきました。 ↑体重減った辺り。しかし、『味がしない』と感じる
↑前回の漫画はこちら!


今回はうつ病と食事について。
image
image
image

「…なんか味がしないな」と思うくらいで、
当時の私(22歳)はアッサリしていました。


この時は、
国試が終わった後実家に戻ったので
徐々に体調は回復していきました。

↑体重減った辺り。


しかし、『味がしない』と感じることは
続いていました。


そして数年後にうつ病と診断され↓

『味がしないのは
うつ病の症状だったんだ』と知りました。


image
ちゃんと診断を受けて
内服治療をして回復したからこそ、

こうやってまた
『食事が美味しい』と感じられる
ようになれました。


たまに『メンタルの薬を飲みたくない』
『依存したらどうしよう』というご相談を
頂きますが、

ドクターが処方する薬は、
『効果がある』と認められて
処方薬として世に出ているものなので、
信じて欲しいなぁと思います。


もちろん、効果や副作用の度合いは
個人差がありますので、
ドクターと相談しながら、
薬と付き合って貰いたいと思います。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちら!前回のアンサー漫画の続きです。『子育てどうしてるのか』のアンサー漫画になります。起き上がれない時はこんな感じでした…(T-T)こんなの、『子育てしてる』なんてとても言えないですよね。子どもに申し訳なくて自己嫌悪の毎日でした。(眠気がすご
↑前回の漫画はこちら!


前回のアンサー漫画の続きです。

『子育てどうしてるのか』
のアンサー漫画になります。
image
image
起き上がれない時はこんな感じでした…(T-T)

こんなの、『子育てしてる』なんて
とても言えないですよね。

子どもに申し訳なくて
自己嫌悪の毎日でした。


(眠気がすごいと主治医に伝え、
セルトラリンを減量してもらいました。
そしてしばらくして、サインバルタに
変更しました。ここまでの経緯に
2〜3年はかかってます。)



同じように動けない人には、
『こんなに出来てなかった人もいるよ。
あなただけじゃないよ』と伝えたいです。

解決にはならないかもしれませんが、
自己嫌悪が少しでも和らぐと良いなと思います。


image


夕方まで横になっている…ということは
ほとんどなくなりました。


やはり子どもが小さいと、

お母さんはエネルギー消費も激しく
疲労しやすいし、

寝不足になることもあるだろうし、

それによってうつの病状が不安定になるのは
珍しくないんじゃないかなと思います。


でも子どもが大きくなれば、

負担が軽くなって
私みたいに症状が軽くなる場合もあるので、
希望を持って頂けたらと思います(^^)

↑前回の漫画はこちら。元気なお母さんでも育児は充分大変なのに、うつ病持ちだと更に大変だと思います。一般の人が考えるうつ病の症状『気分が落ち込む』『憂鬱』で大変なのではなく(それで辛い人もいるかもしれませんが)私の場合は『体力落ちている』『身体がだるい』と
↑前回の漫画はこちら。


image
image


元気なお母さんでも育児は充分大変なのに、
うつ病持ちだと更に大変だと思います。


一般の人が考えるうつ病の症状
『気分が落ち込む』
『憂鬱』で大変なのではなく
(それで辛い人もいるかもしれませんが)

私の場合は
『体力落ちている』『身体がだるい』
という理由で辛かったです。


ただでさえ元気いっぱいな子どもたち。


そんな子どもたちの相手やお世話を
するには充分な体力が必要なのに、
私にはそれがありませんでした。


してあげたいことは沢山あるのに、
充分に動くことが出来ない。


私も相談者さんと同じように、
子どもに申し訳ないと常に思っていました。


『子育てをどうしているか』ということですが…

『出来てなかった』ことの方が多いと思います。


なんとか毎日を過ごしていたら、
子どもたちが大きくなり
昔ほど手が掛からなくなった…

といったところでしょうか。



昔に戻れるのなら、もっと娘に
手をかけてあげたかったです。

下の息子に自我が芽生えてからというもの
イヤイヤが激しくて、

なるべく自分で出来ることは
自分でやって欲しいと、
娘に頼むことが多かったです。

娘だってまだ小さかったのに…。


次回、その辺りを詳しく描こうかと思います。


続きます。