わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:精神疾患

↑前回の記事はこちら。もう1年以上前の話です。子どもたちと同じ時を多く過ごしている分、何かあると「またか…」という気持ちになってしまいます。そしてついつい、「もぅ!」とイライラしてしまうのですが…夫のこの言葉を聞いて、反省しました。「こんなことで何イライ
↑前回の記事はこちら。



もう1年以上前の話です。
image
image
image

子どもたちと同じ時を多く過ごしている分、
何かあると「またか…」という気持ちに
なってしまいます。


そしてついつい、「もぅ!」と
イライラしてしまうのですが…

夫のこの言葉を聞いて、反省しました。



「こんなことで何イライラしてるんだろ。
私って色々グダグダ考え過ぎだなぁ。
夫の前向きな思考、良いなぁ。」って
思いました^_^




【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!紙に書き出して頭の中を整理しないと忘れてしまいそうなくらい、最近は色々やらなければならないことがありました。(現在進行形です。)大した用事ではないのですが、地味に労力も時間もかかります。そして外見では大変さが分からないものが多いです
↑前回の記事はこちら!


image
image


紙に書き出して頭の中を整理しないと
忘れてしまいそうなくらい、
最近は色々やらなければならないことが
ありました。(現在進行形です。)


大した用事ではないのですが、
地味に労力も時間もかかります。


そして外見では
大変さが分からないものが多いです。


『主婦業(母親業)って、
そういうものが多いよなぁ』って
ふと思いました。


感謝されたいわけではないけれど…。

ふと、そう思いました。




皆様も毎日お疲れ様です^_^



【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら




↑前回の記事はこちら!ギリギリ描きあげました↓子どもが帰宅してからは、習い事の送迎とか宿題見たりとか…なんとか動きましたー!晩ご飯は本当は作りたくなかったけれど…適当に食卓に並べてなんとかなりました(^^;(全体的に茶色でした(笑))「こんなに動けてない人も
↑前回の記事はこちら!


ギリギリ描きあげました↓
image
image
image

子どもが帰宅してからは、
習い事の送迎とか
宿題見たりとか…

なんとか動きましたー!


晩ご飯は
本当は作りたくなかったけれど…

適当に食卓に並べて
なんとかなりました(^^;

(全体的に茶色でした(笑))


「こんなに動けてない人もいるんだなぁ…」
と思って安心してもらえればなぁと思います!(笑)

(うつ病の人は、出来てない自分を
責めてしまいがちなので。)








【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



↑前回の記事はこちら。私が見聞きして「不思議だなぁ…」と思ったことは①主治医の言うことを信用しない。だけど非医療者である友人知人のことは信用する。②精神科の薬に依存したくない。だけどタバコやアルコールには依存している。という状況です。色々悩み過ぎて、考え
↑前回の記事はこちら。



image
image
image
image

私が見聞きして「不思議だなぁ…」と
思ったことは


①主治医の言うことを信用しない。
だけど非医療者である友人知人のことは信用する。

②精神科の薬に依存したくない。
だけどタバコやアルコールには依存している。


という状況です。



色々悩み過ぎて、考え過ぎて、
何をどう信用したらいいのか
判断が出来ない状態になっているのか…

うつ病が悪化していて
認知能力が低下してしまっているのかなぁ
と思いました。



心身の不調を感じたら、
シンプルに考えると、


①体調が優れないなどの異変を感じたら
病院を受診。

②診断を受け、処方薬を飲む。

③定期受診。

④快方に向かったら減薬。

⑤回復。通院終了。


という流れになると思います。



私のように2回以上うつ病を繰り返している
反復性だと
何十年単位の通院になってしまいますが、
単一性ならば、回復して通院卒業出来ることも
あるそうですよ。


うつ病は『心の風邪』『心の病』と
例えられますが、【脳の病気】です。


ハーブやサプリなどは
リラックス効果などあると言われていますが、
病気そのものを治す効果はないと思います。


ご自分の心身の不調に目を逸らさず、
民間療法でなく、【認められた医療】を
きちんと受けて欲しいなと思います。





【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら。仕事に行きたくないなぁって思うこと、誰にでもありますよね?私も現役の頃はしょっちゅう思ってました。あまりにも忙し過ぎて。でもいざ出勤したら、目の前にある仕事をキッチリ手早くやることに集中してました。そして仕事の後に楽しみがあると、そ
↑前回の記事はこちら。



image
image
image


仕事に行きたくないなぁって思うこと、
誰にでもありますよね?


私も現役の頃はしょっちゅう
思ってました。

あまりにも忙し過ぎて。


でもいざ出勤したら、
目の前にある仕事をキッチリ
手早くやることに集中してました。


そして仕事の後に楽しみがあると、
それを目指して頑張ることが出来ました。


仕事後に同僚とご飯に行ったりとかも
楽しかったなぁ…(^ ^)



皆さんは、仕事に行きたくない時
どんな風に対処していますか?




【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!自分以外の誰か(他人)に期待するのは、『自分の思うように動いてほしい』ということであって、押し付けになっている場合があります。どんなに伝えてもわかり合えない人も世の中にはいると思います…。もちろん家族だとしても…。(悲しいことですが

↑前回の記事はこちら!


image
image
image
image


自分以外の誰か(他人)に期待するのは、

『自分の思うように動いてほしい』という
ことであって、

押し付けになっている場合があります。


どんなに伝えてもわかり合えない人も世の中にはいると思います…。
もちろん家族だとしても…。(悲しいことですが。)


期待をし続けることは辛いことだと思います。


なので、その『期待』を手放してみると、
辛い気持ちが軽減されるかもしれません。


ただ、『期待を手放す』といっても、
相手に「もうアナタには期待しない」
「失望した」ということは言わないで下さい。


以前、私自身言われた経験があるのですが、
「そっちが勝手に期待しといてなんなんだ」
という不快な気持ちになりました。


『期待』は、静かに自分の中で切り離して下さい。



そして、家族じゃなくても、
自分を理解してくれる人は世の中に
きっと沢山いると思います。


そんな人が見つかると良いですね(*^-^*)


(診察時、同席してもらったことの
無い私からしたら、
年2回も同席してくれるんだ!という
感覚ですが…(o^^o))



【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の記事はこちら!フォロワーさんから頂いたメッセージの中に…私も、他人の言葉や素振りで感情を感じ取って、「避けられてる?嫌われてるかも…」「使えない奴だと思われてるかも…」と、脳内が負のループに陥ることがあります。しかし、いつからか私は、『言われてな
↑前回の記事はこちら!


フォロワーさんから頂いたメッセージの中に…
image
image
image
image




私も、他人の言葉や素振りで感情を感じ取って、

「避けられてる?嫌われてるかも…」
「使えない奴だと思われてるかも…」と、

脳内が負のループに陥ることがあります。



しかし、いつからか私は、

『言われてないなら気のせい!』

『言われてないことは気にしない!』

と考えるようにしました。



確証のないことで悩む時間が
もったいないです。



自分の感じ方や受け止め方が
間違っている場合もあります。

相手に確認したら、
「そんなつもりじゃなかった」
ということもあります。





脳内で考え込んじゃうのは
元々の性格もあると思うので
なかなか直せないと思いますが…


ふと、
『ハッ!言われてもないことで
また負のループに入ってる!』と
気付けるようになった分、私は
良い方向に少しだけ変われたかなと思います。



せっかくだから、脳内は

楽しいこと、幸せなこと、
ホッと落ち着けることでいっぱいに
していたいですね(^ ^)




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちらです!色々見えたり感じちゃったりするので、頭の中でグルグル考え過ぎちゃう傾向にあると思います。そして『周囲の人の為に自分がどう立ち回れば良いのか』を考えがちだと思います。でも、『周囲の人の為』ではなく、『自分の為』に正直になりましょう
↑前回の漫画はこちらです!


image
image

色々見えたり感じちゃったりするので、
頭の中でグルグル考え過ぎちゃう傾向に
あると思います。


そして『周囲の人の為に自分が
どう立ち回れば良いのか』を
考えがちだと思います。


でも、
『周囲の人の為』ではなく、
『自分の為』に正直になりましょう!
image
image
仕事はチームワークや
報(告)連(絡)相(談)が大事ですし。

1人で悩まずに、その悩みを
周囲に投げてみるのも良いかと思います。

(協力してくれるかもしれません。)


仕事以外にも、
恋人や配偶者(パートナー)に対して
遠慮して言いたいことを言えなかったり、
自分が我慢すれば良いと思って
なにも伝えなかったら…

きっとそのうち、
体調を崩してしまうと思います。


相手を傷つけないように言葉を選びながら…
『私はこう思っている』ということくらいは
伝えて良いのではないかと思います。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちらです。今日はフォロワーさん(読者さん)にお礼です。…というようなメッセージを頂いております!「いま辛い人に届くように…」「頑張り過ぎている人へ…」「少しでも楽になれるように…」と思いながら描いているので、漫画が皆様が良い方向に向かえる
↑前回の漫画はこちらです。



今日はフォロワーさん(読者さん)にお礼です。
image
image
…というようなメッセージを頂いております!


「いま辛い人に届くように…」
「頑張り過ぎている人へ…」
「少しでも楽になれるように…」
と思いながら描いているので、

漫画が
皆様が良い方向に向かえるキッカケに
なっているのなら、
これ以上に嬉しいことはありません。

image


うつ病になって10数年。


今までの経験から

「この考え方をこう変えたら良いかも?」

「こんな時はこんな風に行動したら良かった!」

という気付きをこれからも
発信していきたいと思います。



楽しいと思える日々が、
皆様に溢れますように。






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



↑前回の記事はこちら。今回もアンサー漫画です。この仕事が好きだとか、この職場が良いからとか、このままキャリアを積みたいとか、出来れば何も言わずに解決したいとか、上司に言いづらいから…など色々ご事情はあると思いますが…自分の殻を破って、前進して頂きたいです
↑前回の記事はこちら。



今回もアンサー漫画です。
image
image
image
image


この仕事が好きだとか、
この職場が良いからとか、
このままキャリアを積みたいとか、
出来れば何も言わずに解決したいとか、
上司に言いづらいから…など

色々ご事情はあると思いますが…

自分の殻を破って、前進して頂きたいです。


自分がどうしたいのかを最優先に。

どうかどうか、ご無理なさらないように…。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!↓アンサー漫画です!うつ病闘病中の人からメッセージを頂きますが、うつ病パートナーさんからも「どうしてあげたら良いでしょうか?」というご相談を頂くことがあります。しかし、うつ病だからといって、みんながみんな同じ対応で正解…というわけで
↑前回の記事はこちら!


↓アンサー漫画です!
image
image


うつ病闘病中の人から
メッセージを頂きますが、

うつ病パートナーさんからも
「どうしてあげたら良いでしょうか?」
というご相談を頂くことがあります。


しかし、うつ病だからといって、
みんながみんな同じ対応で正解
…というわけでは無いと思うんです。


どの食べ物が好きなのかが人それぞれなように、
求める対応も人それぞれだと思います。


大きくくくるとすれば…

うつ病の人は『頑張って頑張って疲れ果てて
動けなくなった人』と思ってもらえたら
イメージしやすいでしょうか?


『疲れている人への対応』なら、
頭の中に描きやすいでしょうか?





私が看護学生の頃、精神科実習で
印象に残った先生の言葉があります。


『病気ばかりを見ないでその人自身を見て』と。



同じようにうつ病になった知人から
話を聞いたことがあるのですが、

私は休職した方が楽だったのですが、

知人は「完全に休んでしまうと申し訳ない
気持ちになるから、午前中だけでも出勤
している。」と言っていました。


同じうつ病だからと言って、
みんな全く同じではないんだなと思いました。


なので、うつ病パートナーさんは、
闘病中のご本人に、どうして欲しいか
聞いてみてはいかがでしょうか…?


可能であれば、支えて頂けると
助かると思います。




しかし、

うつ病のせいなのか
元々の性格からなのか分からないけど、

罵倒されたり、感情の起伏が激しくて
自分の心身が脅かされるようであれば、
離れても良いと思います…。
彼氏彼女の段階ならば、
自分がボロボロになるまでサポート
する必要はないと思いますし、
別れた後うつ病が治ってなかったとしても、
それはパートナーさんのせいではないと思います。

(うつ病のせいならば、薬が合えば
元のご本人に戻ると思います。)



うつ病パートナーさんは悩みますよね…T_T

うつ病パートナーさんも、ご無理なさらないよう
お大事にして下さい。

はじめましての方は→コチラ。昨日まで続いていた『犬、飼い始めましたシリーズ』の第1話はこちら!台風が過ぎましたね…去年辺りから、気圧の変化に弱くて弱くて…冬〜春先も調子が悪かったので、先生に相談してみました。そしたら『家事でもかなりの運動量ですが、それとは
はじめましての方は→コチラ

昨日まで続いていた
『犬、飼い始めましたシリーズ』
の第1話はこちら


台風が過ぎましたね…

IMG_1089
IMG_1090

去年辺りから、
気圧の変化に弱くて弱くて…

冬〜春先も調子が悪かったので、
先生に相談してみました。


そしたら

『家事でもかなりの運動量ですが、
それとは別に運動すると良いです』

というアドバイスを頂きました。


やりたいと思ったことは、
準備が整ってなくても
やり始めるタイプなのですが、



運動に関しては…


運動、そうだよね、大事だよね…

年々基礎代謝が落ちてるのわかるし

筋肉も落ちちゃって冷えが半端ないし…

運動しなきゃ…運動…運動…

自宅にバランスボールあるから
それでも良いかもしれないけど、

気分を変えて
ジムに行きたいな…

ジム…
入会金や月々の支払い大丈夫かな…
いや、そんなお金、無いよね…

あぁ…腰が重い…
重い…


って考えが堂々巡りして
一つも進んでいません(^_^;)



『…夏休みは子どもたちがいるし、
夏休みが終わってからにしよう!』

と思ったりしてますが…

生まれたての子鹿状態を
更新してしまいそうな気配です(笑)



◆お知らせ◆

grape編集部さんが、
当ブログの記事を紹介して下さいました!

【この漫画で伝えたかったこと】を
汲んで下さって、
とても嬉しく思いました!

grape編集部様、ありがとうございました!


↓記事はこちら!

FullSizeRender



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!




はじめましての方は→コチラ。『犬、飼い始めましたシリーズ』の第1話はこちら!前回の27話はこちら!【犬、飼い始めましたシリーズ】は今回でとりあえず締め括ろうと思います。病状自体は何も変わらずです。過去の嫌な事を思い出しては気持ちが沈んだり、(忘れて切り替えれ
はじめましての方は→コチラ

『犬、飼い始めましたシリーズ』
の第1話はこちら
前回の27話はこちら



【犬、飼い始めましたシリーズ】は
今回でとりあえず締め括ろうと思います。
IMG_1076
IMG_1077

病状自体は何も変わらずです。


過去の嫌な事を思い出しては
気持ちが沈んだり、
(忘れて切り替えれば楽なのに
それが出来ない性格…)

朝に弱いし、
天気が悪いと体も重いです。



でも、チーが家に来てくれて、
嫌なことを思い出す時間が
減ったかなぁとは思います



嫌な思い出やストレスが
減ったわけじゃないけれど、

【幸せ】が増えたように思います。


これからもたくさん、
楽しくて幸せな思い出を
チーと作っていけたらと思います。


次回からは【愛犬編】として
描いていきたいと思います!


◆お知らせ◆

grape編集部さんが、
当ブログの記事を紹介して下さいました!

【この漫画で伝えたかったこと】を
汲んで下さって、
とても嬉しく思いました!

grape編集部様、ありがとうございました!


↓記事はこちら!

FullSizeRender



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)「1人目出産後うつになり、そろそろ2人目をと思うけど、不安でいっぱいです…。」というメッセージをたくさん頂いていたので、私の体験を漫画にし
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)

「1人目出産後うつになり、
そろそろ2人目をと思うけど、
不安でいっぱいです…。」
というメッセージを
たくさん頂いていたので、

私の体験を漫画にして、
その辺りを掘り下げてみたいと思います。



1人目育児に奮闘していた頃…
FullSizeRender

遠い土地に嫁ぐと決めたのは自分。

分かっていたものの、
想定外の悩みや不安は出てくるものですね。


夫はいるけど、仕事でいない。

どうしても1人で育児することになります。

2人目が生まれれば、
1人で、子ども2人を見なくてはいけない。


この時は、
1人で2人以上のお子さんを
連れているお母さんが、

【凄い人】に見えました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。じつは最近、スランプ中です。頭の中が散乱していて、絵に描き起こせません…(T-T)描きたいことが頭にたくさん溢れてくる時があるのですが、その時にメモしておけばいいのにいつもしないので、こういう時「あ〜何を描きたかったんだっけ…」って
はじめましての方は→コチラ


じつは最近、スランプ中です。
FullSizeRender
頭の中が散乱していて、
絵に描き起こせません…(T-T)


描きたいことが頭にたくさん
溢れてくる時があるのですが、

その時にメモしておけばいいのに
いつもしないので、こういう時
「あ〜何を描きたかったんだっけ…」
ってなります(^^;)




『うつ病であっても、
きっとまた元気になって過ごせる』
ということ伝えたくて
うつ病編を描いてきたのですが、

まだ伝えきれてない部分が
あると思うので

そこを掘り下げていけたらなぁと
ボンヤリ考えています。



あと、人間関係のこととか…

私が色々言える立場ではないのですが、

似たタイプの人(内向型)の
ヒントになるような事が書ければと
思っています。




どうやったらこのスランプを
抜け出せるのか…

いっぱい悩んで
出口をみつけたいと思います。





【お知らせ(PR)】

 

2019/3/13/14ダニエルウェリントン2019

ホワイトデーキャンペーンが期間限定で
実施されるそうです! 


FullSizeRender
(画像は公式サイトからお借りしました。)

当ブログの読者様のために、
15%offクーポンを発行してもらいました!


▶15%OFFクーポンコード:moco19

(全商品使用可)

こちらのコードの有効期限は2019年3月15日までです。



キャンペーン中は…

<ホワイトアイテム&ホワイトデーギフトセット10OFF

<ギフトラッピング無料>

<クーポンコード併用可>


だそうです!


この機会にぜひ、大事な方へ
腕時計のプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。










113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。113話【番外編】もあります。(中傷被害に遭った話の後日談です。)今まで、うつ病になった時のことを漫画化して描いてきました。現在も内服治療を続けていますが、怠
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)




今まで、うつ病になった時のことを
漫画化して描いてきました。

現在も内服治療を続けていますが、
怠い日はあるものの
困ることなく生活しています。


以前、うつ病には

『自分ではどうしようも出来ない部分』と、
『自分で予防・改善出来る部分』がある

…と書きました。

コチラの記事参照。)


その、『自分で出来る部分』について
今回は書いていきたいと思います。

まず、『その部分』というのは…

IMG_9552
IMG_9554

過ぎたことをずーっとずーっと考えると、
非常にストレスになります。

そして、考え過ぎて、
起こってもない未来のことを想像し、
不安になったりもします。


「みんな同じように悩んだり
考えたりするんじゃないの?」
って思っていたんですが、
程度は人によって本当に様々で、
すぐに頭の切り替えが出来る人は
うつ病になりにくいのではないかと思います。


まずこうやって自分を客観視して、
性格(性質)を知ることから始めます。


それを踏まえた上で、
IMG_9553
自分はこれに当てはまらないか、
考えてみました。

(これに当てはまると、完璧主義な
性格だと思われます。)



昔の私は当てはまっていました。

仕事は100でやっていたし、
やりたかった。

「子どもは母乳だけで育てたい。
母乳で育てなければ。」
と強く強く思っていました。


色々経験を重ね、
「ここはこれくらい出来てれば良いんだ。」
と、力を抜くことを覚えました。

IMG_9556

細かくお話すると、

「体がだるいなー。私疲れてる?
なんでだろ?
…また何か頑張り過ぎてる?
……………あ、仕事か!」

って気付くような感じです。


(「気付くの鈍い(笑)」と
思う人もいるかもしれませんが、
気付けるだけでも進歩しました(^_^;))


IMG_9557

IMG_9555

自分を追い詰めてしまう思考の人に、
少しでも楽になって欲しいです。


この記事が、少しでも
助けになれれば幸いです。



(因みにこの記事に書いてあることや、
ネットの情報やSNS、本でもそうですが、
『100』鵜呑みにするのではなくて、
ご自分にとって有益そうな情報だけを
取捨選択して頂ければと思います。)




▼その他のエピソードはこちら。


【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。【子どものケンカ編・第1話】はこちら。仲さんはじめまして。今あることでとても辛く、自然に涙が出てどうしようもないのです。4年ほど前に、娘の学校でのトラブルで心療内科にかかったことがあるのですが、最初の一回のみとても親身に話を聞い
はじめましての方は→コチラ

【子どものケンカ編・第1話】はこちら


IMG_7847
仲さんはじめまして。
今あることでとても辛く、自然に涙が出てどうしようもないのです。
4年ほど前に、娘の学校でのトラブルで心療内科にかかったことがあるのですが、
最初の一回のみとても親身に話を聞いてくれましたが、
その後は1分くらいで終わるのです。
どう?変わらない?じゃあまた薬だすから二週間後ね。と…。
一応ネットでは評判が良さそうなところを選んで行ったのですが少し遠く、
それも負担だったのと、私は毎回ではなくても話を聞いて欲しかったので、
そのことを言ったら急に態度が豹変して、
じゃあ来なければいいじゃない他に行きなさいよ。
次来るの予約取るの?と…。
なんでそんな物言いするんですか?て聞いたら、
あなたが先に色々言ってきたからでしょう!と。

文句を言った私が悪いみたいで、本当にしにたくなりました。
でもその時は軽めだったのか、その先生への怒りと病院裏サイトのようなもので、
その病院は最低なんだと言う口コミがたくさんみつかり、
やっぱりな、という思いで薬も飲まずに逆に元気に過ごせるようになりました。

この心療内科にかかるきっかけは、頭痛持ちのため、
娘のことで悩むうちに頭痛が酷くなり頭痛外来を探していたらでてきました。
悩みも聞いてもらえたらいいな、ということと、
いきなり総合病院へ行くのは抵抗があったからです。
結局人間ドックのような検査になるのだろうな、という気持ちがあったからです。

鬱になる前に、もうなっているかもですが心療内科にまたかかりたい、
という気持ちがあるのに、もう怖くて行けません。
口コミも信じられないし、どうやって探したらいいですか?
夜中に電話しても話を聞いてくれたりおいで、と言ってくれる先生に出会いたいです。
仲さんにお聞きしたいのが、名古屋という事で、
私も名古屋なので仲さんのクリニックを教えていただけたらと思いました。
突然不躾にすみません。読んでいただけたら嬉しいです。
長文失礼致しました。





『夜中に電話しても話を聞いてくれたり
おいで、と言ってくれる先生』ということであれば、
入院施設のある大きな精神科病院が良いのではないでしょうか。

概ね当直の先生がいると思うので、
夜中に症状が出てすぐにかかりたい時に
対応してくれると思います。

個人病院は、病院とドクターの自宅が別々だと、
電話をしても誰もスタッフがいないので
診療時間外は対応してもらえないと思います。


検索すると病院のホームページに
「救急・時間外対応可」と書いてあると思いますので、
そう表記されている病院を選んではいかがでしょうか。



ただ、メッセージを拝読して引っかかったことは、
「ドクターに期待し過ぎている」ということです。


私の感覚でお話させて頂くと、どの先生も初診は丁寧に話を聞いてくれます。
初めてなので、どういう症状で辛いのか、
それによって日常生活にどんな支障があるのかを知りたいからです。

再診では、前回の診察で得た情報をふまえて、
変わった症状があるかないかを確認して、
薬を変更するか、そのまま継続して様子を見るか判断します。


「変わったことがある。」と言われれば
どんな変化があったのかドクターから質問があって、
その質問に返事をしていたら
診察時間が5分~15分だったってこともあるだろうし、

「変わりない。」ということであれば、
「じゃあ引き続き同じ薬で様子をみましょう。」
とだけで、3~5分程度でアッサリ終わることもあります。

相談者さんがドクターに聞いてほしい話の内容はどんなものですか?

相談者さんの診察の現場にいたわけではないのでわかりませんが、
「病状に変化があったという話」や「症状で日常生活に支障がある」
というような内容の話なら、
どんなドクターもちゃんと耳を傾けてくれると思います。

(病状に関わる話なのに聞いてくれない・自分には合わない
ということでしたら、病院を変えて正解だったと思います。)


ただ、『話』といっても、
世間話や愚痴を聞いてくれるドクターは希少だと思います。


ドクターは相談者さんの症状を聞いて、
それに合わせて薬を処方したり、
経過をみていってくれますが、
『元気になれるように手伝ってくれるだけ』です。



夜中に電話しても話を聞いてくれたり
「おいで」と言ってくれる先生に出会いたいとのことですが、

そこまでしてくれるのは、ドクターと患者の関係ではなく、
もはや「友人」「家族」レベルではないかと思います。



メンタル領域だからそこまで求めてしまうのかもしれませんが、
どの診療科でも、ドクターと患者の壁はあるものだと思いますよ。


お近くに良い病院が見つかるといいですね。

お大事になさってください。




▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

▶︎113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!