わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:病院の選び方

はじめましての方は→コチラ。【子どものケンカ編・第1話】はこちら。仲さんはじめまして。今あることでとても辛く、自然に涙が出てどうしようもないのです。4年ほど前に、娘の学校でのトラブルで心療内科にかかったことがあるのですが、最初の一回のみとても親身に話を聞い
はじめましての方は→コチラ

【子どものケンカ編・第1話】はこちら


IMG_7847
仲さんはじめまして。
今あることでとても辛く、自然に涙が出てどうしようもないのです。
4年ほど前に、娘の学校でのトラブルで心療内科にかかったことがあるのですが、
最初の一回のみとても親身に話を聞いてくれましたが、
その後は1分くらいで終わるのです。
どう?変わらない?じゃあまた薬だすから二週間後ね。と…。
一応ネットでは評判が良さそうなところを選んで行ったのですが少し遠く、
それも負担だったのと、私は毎回ではなくても話を聞いて欲しかったので、
そのことを言ったら急に態度が豹変して、
じゃあ来なければいいじゃない他に行きなさいよ。
次来るの予約取るの?と…。
なんでそんな物言いするんですか?て聞いたら、
あなたが先に色々言ってきたからでしょう!と。

文句を言った私が悪いみたいで、本当にしにたくなりました。
でもその時は軽めだったのか、その先生への怒りと病院裏サイトのようなもので、
その病院は最低なんだと言う口コミがたくさんみつかり、
やっぱりな、という思いで薬も飲まずに逆に元気に過ごせるようになりました。

この心療内科にかかるきっかけは、頭痛持ちのため、
娘のことで悩むうちに頭痛が酷くなり頭痛外来を探していたらでてきました。
悩みも聞いてもらえたらいいな、ということと、
いきなり総合病院へ行くのは抵抗があったからです。
結局人間ドックのような検査になるのだろうな、という気持ちがあったからです。

鬱になる前に、もうなっているかもですが心療内科にまたかかりたい、
という気持ちがあるのに、もう怖くて行けません。
口コミも信じられないし、どうやって探したらいいですか?
夜中に電話しても話を聞いてくれたりおいで、と言ってくれる先生に出会いたいです。
仲さんにお聞きしたいのが、名古屋という事で、
私も名古屋なので仲さんのクリニックを教えていただけたらと思いました。
突然不躾にすみません。読んでいただけたら嬉しいです。
長文失礼致しました。





『夜中に電話しても話を聞いてくれたり
おいで、と言ってくれる先生』ということであれば、
入院施設のある大きな精神科病院が良いのではないでしょうか。

概ね当直の先生がいると思うので、
夜中に症状が出てすぐにかかりたい時に
対応してくれると思います。

個人病院は、病院とドクターの自宅が別々だと、
電話をしても誰もスタッフがいないので
診療時間外は対応してもらえないと思います。


検索すると病院のホームページに
「救急・時間外対応可」と書いてあると思いますので、
そう表記されている病院を選んではいかがでしょうか。



ただ、メッセージを拝読して引っかかったことは、
「ドクターに期待し過ぎている」ということです。


私の感覚でお話させて頂くと、どの先生も初診は丁寧に話を聞いてくれます。
初めてなので、どういう症状で辛いのか、
それによって日常生活にどんな支障があるのかを知りたいからです。

再診では、前回の診察で得た情報をふまえて、
変わった症状があるかないかを確認して、
薬を変更するか、そのまま継続して様子を見るか判断します。


「変わったことがある。」と言われれば
どんな変化があったのかドクターから質問があって、
その質問に返事をしていたら
診察時間が5分~15分だったってこともあるだろうし、

「変わりない。」ということであれば、
「じゃあ引き続き同じ薬で様子をみましょう。」
とだけで、3~5分程度でアッサリ終わることもあります。

相談者さんがドクターに聞いてほしい話の内容はどんなものですか?

相談者さんの診察の現場にいたわけではないのでわかりませんが、
「病状に変化があったという話」や「症状で日常生活に支障がある」
というような内容の話なら、
どんなドクターもちゃんと耳を傾けてくれると思います。

(病状に関わる話なのに聞いてくれない・自分には合わない
ということでしたら、病院を変えて正解だったと思います。)


ただ、『話』といっても、
世間話や愚痴を聞いてくれるドクターは希少だと思います。


ドクターは相談者さんの症状を聞いて、
それに合わせて薬を処方したり、
経過をみていってくれますが、
『元気になれるように手伝ってくれるだけ』です。



夜中に電話しても話を聞いてくれたり
「おいで」と言ってくれる先生に出会いたいとのことですが、

そこまでしてくれるのは、ドクターと患者の関係ではなく、
もはや「友人」「家族」レベルではないかと思います。



メンタル領域だからそこまで求めてしまうのかもしれませんが、
どの診療科でも、ドクターと患者の壁はあるものだと思いますよ。


お近くに良い病院が見つかるといいですね。

お大事になさってください。




▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

▶︎113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!