わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:思春期

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!蜜柑さんのターンです↓トークアプリが当たり前になった今、こういうことって多いんじゃないかなぁと思います。↓日常漫画。 【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!誰かの悪口を言うと、やる気や快楽に関与するホルモン「ドーパミン」が放出されるそうです。ドーパミンは一度放出されると「より大きな刺激」を求めるようになるので、悪口の回数を増やしたり、より過激な悪口を言わないと、楽しい気

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!林檎さんのターン↓『いつも中心にいる。』『その人が言うことはみんなが納得しちゃう。』…みたいな人っていますよね。その中心人物によっては、良くない方向に進んじゃう時もあるけれど、良い方向へ引っ張ってくれる人を見ると、す

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!随分前に描いた創作漫画の続きをかなり久々に描きました。間が空いてしまって『???』な方が多い中、創作をこんなところでぶち込んですみません(笑)自分が仲良くしてた人が他の人と仲良くしてたら、ちょっとヤキモチやいちゃう気

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!噂とか、「あの人は○○だから気をつけた方が良いよ」という言葉を鵜呑みにしてしまったことが私にもあります。それを言ってきたひとが、信頼している友人だったから。でも今は、『自分で見たものを信じよう』『見て、自分で考えて判

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!続きます↓【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。113話【番外編】もあります。(中傷被害に遭った話の後日談です。)【娘(第一子)出産話

シリーズ第1話はこちら↓ ↓前回までのお話はこちら ある日…新キャラ・柿崎さん初登場です。『あの人変わってるらしいから気をつけた方が良いよ』とか、噂が広まることありますよね。「自衛の為」「危険を回避する為」と言われれば聞こえは良いですが…。噂された当事者のこ

シリーズ第1話はこちら↑前回の話はこちら↓ 他人に色々言われても、堂々と振る舞っていれば良いんじゃないかなと思います。どう思うかはその人の自由だし、人の考えは簡単に変わらないものだろうから、『それは違う!』と押し潰すのもどうかな…と思うし。堂々と振る舞うこ

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第9話はこちら。私の中学時代回想話から、もとの場面に戻ります。お友だちが、どんぐりを返してくれました。子どもたちにはきっと、「これから色々あるんだろうなぁ…」とは思いますが、過保護・過干渉

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第8話はこちら。話の舞台は私の中学時代に遡ります。仲良くしてる友達にペンケースを取られ、「取り返してごらん?」とでも言うような表情。その時、私がとった行動は?相手にしませんでした。私は、人

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第7話はこちら。話は私の中学時代。私のペンケースを取り上げて、友だちがニヤニヤしていました。「取り返してみてごらん?」とでも言うように。当時の私はこんな風に思ってました。でも、これを『いじ

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第6話はコチラ。話は私の中学時代に移ります。幼稚園や保育園の時もそうですが、 小学生、中学生の頃も「取った・取られた」というような場面、ありませんでしたか? 未就園児なら、わざとじゃない場

はじめましての方は→コチラ。【子どものケンカ編・第1話はコチラ】前回の第5話はコチラ。お友だちにドングリを奪われ、取り合い中に噛もうとして先生に叱られた息子。それを見ていた私は、「自分で返してって言いなさい」と息子の背中を押します。そしたらお友だちが…​お

ルックスにも自信がなかった④の続きです。高校生の頃、部活中にプリントが配られて…友だちが急に押してきて、目標を書いて提出する紙が汚くなってしまい…(普段怒ったりしないので、友だちはドン引きしていました)以前から、友だちが冗談を言う度に、「面白く言い返せな

今までのと、また違った角度からの過去話です↓小さな頃から、姉妹の中で『誰にも似てない』と言われていました。父にも母にも似てないと言われるので、『橋の下で拾った』というわかりやすい冗談すら真に受けて、泣いてしまったこともありました(8歳くらいの時)「鼻がこん