わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:思春期

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第9話はこちら。私の中学時代回想話から、もとの場面に戻ります。お友だちが、どんぐりを返してくれました。子どもたちにはきっと、「これから色々あるんだろうなぁ…」とは思いますが、過保護・過干渉
はじめましての方は→コチラ

子どものケンカ編の1話目はこちら



私の中学時代回想話から、
もとの場面に戻ります。

お友だちが、
どんぐりを返してくれました。
FullSizeRender



子どもたちにはきっと、
「これから色々あるんだろうなぁ…」
とは思いますが、

過保護・過干渉にならずに、
適度にサポートしていけたらと思います。


子育てを通して、
自分自身も学ばされることが
きっとたくさんある。


人間として、親として、
一緒に成長していけたらと思います。





次の記事はコチラ↓



▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第8話はこちら。話の舞台は私の中学時代に遡ります。仲良くしてる友達にペンケースを取られ、「取り返してごらん?」とでも言うような表情。その時、私がとった行動は?相手にしませんでした。私は、人
はじめましての方は→コチラ
子どものケンカ編の1話目はこちら




話の舞台は私の中学時代に遡ります。

仲良くしてる友達に
ペンケースを取られ、
「取り返してごらん?」
とでも言うような表情。

その時、私がとった行動は?

FullSizeRender


相手にしませんでした


私は、
人の物を奪って「取り返してみろ」
という事はしないタイプです。


お互いにやるタイプで、
やり合うのだったら
いじめにならないと思いますが、

片方がやらないタイプで、
それを一方的にやるなら
【いじめ】になると思います。


やらないタイプは面白さがわからないし、
そもそもそんなことをする意味が
分からないんだと思います。

だから、されると『嫌だな』という
感情になる人が大半だと思います。



よく、
『自分がされて(言われて)
嫌なことはしない』と聞きますが…

「自分は平気だから大丈夫だと思った」
という場合もあります。


例えば『真面目だね』
という言葉一つでも、

「真面目って言われると
面白くない奴と言われてるようで嫌だ」
と言う人がいます。


しかし、言った側は、
「自分は褒め言葉で言った。
自分は言われると嬉しいから。」
ということもあります。


もちろん、
「自分がされて嫌な事は相手にもしない」
というのも分かるのですが、


【されて嫌なこと、
言われて嫌なことは人それぞれ違う】

というのも、頭に留めておきたい
ポイントだよなぁと思います。





▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第7話はこちら。話は私の中学時代。私のペンケースを取り上げて、友だちがニヤニヤしていました。「取り返してみてごらん?」とでも言うように。当時の私はこんな風に思ってました。でも、これを『いじ
はじめましての方は→コチラ
子どものケンカ編の1話目はこちら



話は私の中学時代。

私のペンケースを取り上げて、
友だちがニヤニヤしていました。

「取り返してみてごらん?」
とでも言うように。

FullSizeRender

当時の私はこんな風に思ってました。


でも、
これを『いじめになる』とは思わず、
本当に『面白い・楽しいこと』と思って
やる人はいます。悪気なく。


そういう人が
【『本当に悪い人』というわけではない】
という事を30うん年生きてきて知りました。



『いじめ』になるかそうでないかは、

一方的であるかそうでないか

やる側とやられる側が対等であるかないか、

がポイントかなと思います。


そして、なんでも
『度が過ぎる』といけない


お互いやり返せる間柄なら
いじめにならないし、
されることが嫌で笑えないことなら、
距離を置けばいい。

無理して友だちでいる必要は
ないと思います。

距離を置いたり、
『嫌だからやめて』
と言っても辞めない人は、
その人自身に
問題があるのだと思います。





この時、友だちがしたことは
理解出来なかったけれど、
良い子たちだって知っていたから
私は「いじめ」だと思わなかったし、

ずっと友だちだと思っています。



段々、成長していくにつれ、

自分や集団と違う意見を持っていても
相手を許容して尊重して付き合える
ようになるものだと思いますが、

大人になってもみんながみんな
そんな風に思えるように
なるわけではない


だから、

きっと生きている以上、
様々なことがあるんだろうなぁ…

とは思います。







▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第6話はコチラ。話は私の中学時代に移ります。幼稚園や保育園の時もそうですが、 小学生、中学生の頃も「取った・取られた」というような場面、ありませんでしたか? 未就園児なら、わざとじゃない場
はじめましての方は→コチラ
子どものケンカ編の1話目はこちら

前回の第6話はコチラ



話は私の中学時代に移ります。
FullSizeRender


幼稚園や保育園の時もそうですが、
 
小学生、中学生の頃も
「取った・取られた」というような場面、
ありませんでしたか?
 

未就園児なら、
わざとじゃない場合がほとんどですが、

小学生・中学生ともなると、
相手の物を取り上げて
「取り返してみろ」的なことが
よくあっていた気がします。
 

私はそれをやる人の気持ちが
サッパリわからなくて。


やりたいとも思ったことないし、
それを『面白い』と思う気持ちも
理解出来ませんでした。


これを『冗談・遊び』としてやっていて、
お互いが対等な立場であれば
『遊び・冗談』になると思うのですが、

やる側が『脅威』であると、
『いじめ』になるのでは
ないかなと思います。
 





▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。【子どものケンカ編・第1話はコチラ】前回の第5話はコチラ。お友だちにドングリを奪われ、取り合い中に噛もうとして先生に叱られた息子。それを見ていた私は、「自分で返してって言いなさい」と息子の背中を押します。そしたらお友だちが…​お
はじめましての方は→コチラ

【子どものケンカ編・第1話はコチラ




お友だちにドングリを奪われ、
取り合い中に噛もうとして
先生に叱られた息子。

それを見ていた私は、
「自分で返してって言いなさい」
と息子の背中を押します。

そしたらお友だちが…
FullSizeRender



​お友だちがドングリを返してくれました。

そして、話は私の中学時代に遡ります。

きっと多くの人が、

やったこと、見たことがあると思います。






▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

ルックスにも自信がなかった④の続きです。高校生の頃、部活中にプリントが配られて…友だちが急に押してきて、目標を書いて提出する紙が汚くなってしまい…(普段怒ったりしないので、友だちはドン引きしていました)以前から、友だちが冗談を言う度に、「面白く言い返せな
ルックスにも自信がなかった④
の続きです。

高校生の頃、
部活中にプリントが配られて…
IMG_1453
友だちが急に押してきて、
目標を書いて提出する紙が
汚くなってしまい…
IMG_1454
(普段怒ったりしないので、友だちはドン引きしていました

IMG_1455

以前から、
友だちが冗談を言う度に、

「面白く言い返せないなぁ」
「どうして、場の空気を
盛り上げられないんだろ?」

と思っていました。


そして、

「私にはユーモアが足りないんだ」
「私ってつまらない人間なんだろうな」

と感じていました。



自己評価の低かった自分でしたが、
高校を卒業して3年後に
今の夫に出会いました。
(出会った時の話はコチラ


(まだ付き合う前の)夫は、会う度に
IMG_1456
IMG_1457


私が普通にしていても、
楽しそうに笑ってくれました。


FullSizeRender

頑張らなくても、
神経を使わなくても、

普通にしていて
「面白いね」
「楽しいね」
と言ってもらえて、
とても嬉しくなりました。

(「面白いね」は、
人によっては馬鹿にされたと
感じるかもしれませんが、
私はそうは感じませんでした。)



自分はつまらない人間だ」
と思って生きてきたけど、


「そんなことないんじゃない?」

「私は私のままでいいんじゃない?」

「ありのままを受け止めて
くれる人だっているんだ」



という風に、
肯定的に考えられるようになりました。


今までのと、また違った角度からの過去話です↓小さな頃から、姉妹の中で『誰にも似てない』と言われていました。父にも母にも似てないと言われるので、『橋の下で拾った』というわかりやすい冗談すら真に受けて、泣いてしまったこともありました(8歳くらいの時)「鼻がこん

今までのと、

また違った角度からの

過去話です

{17096A12-E2DE-40BC-958E-9F1A20ED5C69}
{C0AB5592-B10D-423D-AE7E-16B51C3E0C69}
{892D4D3E-D27A-4A19-B645-4E4749E0A04E}

{91F505E8-EB1A-44CE-8C7E-0C90FF508FC7}

小さな頃から、
姉妹の中で
『誰にも似てない』
と言われていました。


父にも母にも似てない
と言われるので、

『橋の下で拾った』という
わかりやすい冗談すら
真に受けて、
泣いてしまったことも
ありました
(8歳くらいの時)



「鼻がこんな形じゃ
なかったらなぁ…」

「口がこんな風じゃ
なかったらなぁ…」

「色白だったら…。」

「ニキビが出来ない
体質だったら…。」


思春期は自信が持てなくて
色々と悩みました。


そして
高校卒業後、
地元を出て
名古屋に来た。
{C7968140-49E3-4708-8317-DFAB7DB71DEA}

知らない土地、
知らない人たちの中での
生活が始まった。


それまでは

知り合いが
いっぱいの地元で、

姉妹と比べられたり
していたけれど、

名古屋では

『私個人』を
見てくれる人たち
ばかりだった。


すぐには変われなかったけど、

少しずつ、
少しずつ…

「あぁ、私は私のままでいいのかな」

って思えるように
なりました。


因みに余談ですが…

{3787B134-EAB2-4A10-B5BD-125289FC6096}

自分ではわからないのですが、

仕事先の先輩たちに、
沖縄っぽい顔してる
と言われました。


それで地黒なので、
「五島列島は沖縄の島なのか」
と勘違いされたことがありました(笑)


五島列島は長崎の離島で、
残念ながら、沖縄みたいな
気候ではありません


普通に夏は暑くて、
普通に冬は寒いです。
(冬は特に海風が
冷たくて寒い…!)


出身地・五島列島の
認知度は低かった(笑)


続きはコチラ




 

連載一覧

 

Conobie

 

すくパラ倶楽部

 

ナース専科

 

SNS

 


 

Facebook:仲 恵麻

 
フォローして頂けると励みになります

読者登録はこちら