わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:心療内科

↑前回の記事はこちら。『うつは甘え』『怒鳴りつけて躾ける』がパワーワード過ぎて、その後のツイートが頭に入ってきませんでした…。語彙力ないのでうまく言えませんが…とても残念な気持ちになりました。わかり合えない人もいるよね…と頭でわかっているのですが…。逆に
↑前回の記事はこちら。



image

『うつは甘え』
『怒鳴りつけて躾ける』
がパワーワード過ぎて、
その後のツイートが頭に入って
きませんでした…。


語彙力ないのでうまく言えませんが…
とても残念な気持ちになりました。

わかり合えない人もいるよね…
と頭でわかっているのですが…。




逆にこちらは励みになったツイートです↓


皆様の励みになりますように。



↑前回の漫画はこちら!今回はうつ病と食事について。「…なんか味がしないな」と思うくらいで、当時の私(22歳)はアッサリしていました。この時は、国試が終わった後実家に戻ったので徐々に体調は回復していきました。 ↑体重減った辺り。しかし、『味がしない』と感じる
↑前回の漫画はこちら!


今回はうつ病と食事について。
image
image
image

「…なんか味がしないな」と思うくらいで、
当時の私(22歳)はアッサリしていました。


この時は、
国試が終わった後実家に戻ったので
徐々に体調は回復していきました。

↑体重減った辺り。


しかし、『味がしない』と感じることは
続いていました。


そして数年後にうつ病と診断され↓

『味がしないのは
うつ病の症状だったんだ』と知りました。


image
ちゃんと診断を受けて
内服治療をして回復したからこそ、

こうやってまた
『食事が美味しい』と感じられる
ようになれました。


たまに『メンタルの薬を飲みたくない』
『依存したらどうしよう』というご相談を
頂きますが、

ドクターが処方する薬は、
『効果がある』と認められて
処方薬として世に出ているものなので、
信じて欲しいなぁと思います。


もちろん、効果や副作用の度合いは
個人差がありますので、
ドクターと相談しながら、
薬と付き合って貰いたいと思います。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちら!前回のアンサー漫画の続きです。『子育てどうしてるのか』のアンサー漫画になります。起き上がれない時はこんな感じでした…(T-T)こんなの、『子育てしてる』なんてとても言えないですよね。子どもに申し訳なくて自己嫌悪の毎日でした。(眠気がすご
↑前回の漫画はこちら!


前回のアンサー漫画の続きです。

『子育てどうしてるのか』
のアンサー漫画になります。
image
image
起き上がれない時はこんな感じでした…(T-T)

こんなの、『子育てしてる』なんて
とても言えないですよね。

子どもに申し訳なくて
自己嫌悪の毎日でした。


(眠気がすごいと主治医に伝え、
セルトラリンを減量してもらいました。
そしてしばらくして、サインバルタに
変更しました。ここまでの経緯に
2〜3年はかかってます。)



同じように動けない人には、
『こんなに出来てなかった人もいるよ。
あなただけじゃないよ』と伝えたいです。

解決にはならないかもしれませんが、
自己嫌悪が少しでも和らぐと良いなと思います。


image


夕方まで横になっている…ということは
ほとんどなくなりました。


やはり子どもが小さいと、

お母さんはエネルギー消費も激しく
疲労しやすいし、

寝不足になることもあるだろうし、

それによってうつの病状が不安定になるのは
珍しくないんじゃないかなと思います。


でも子どもが大きくなれば、

負担が軽くなって
私みたいに症状が軽くなる場合もあるので、
希望を持って頂けたらと思います(^^)

↑前回の漫画はこちら。元気なお母さんでも育児は充分大変なのに、うつ病持ちだと更に大変だと思います。一般の人が考えるうつ病の症状『気分が落ち込む』『憂鬱』で大変なのではなく(それで辛い人もいるかもしれませんが)私の場合は『体力落ちている』『身体がだるい』と
↑前回の漫画はこちら。


image
image


元気なお母さんでも育児は充分大変なのに、
うつ病持ちだと更に大変だと思います。


一般の人が考えるうつ病の症状
『気分が落ち込む』
『憂鬱』で大変なのではなく
(それで辛い人もいるかもしれませんが)

私の場合は
『体力落ちている』『身体がだるい』
という理由で辛かったです。


ただでさえ元気いっぱいな子どもたち。


そんな子どもたちの相手やお世話を
するには充分な体力が必要なのに、
私にはそれがありませんでした。


してあげたいことは沢山あるのに、
充分に動くことが出来ない。


私も相談者さんと同じように、
子どもに申し訳ないと常に思っていました。


『子育てをどうしているか』ということですが…

『出来てなかった』ことの方が多いと思います。


なんとか毎日を過ごしていたら、
子どもたちが大きくなり
昔ほど手が掛からなくなった…

といったところでしょうか。



昔に戻れるのなら、もっと娘に
手をかけてあげたかったです。

下の息子に自我が芽生えてからというもの
イヤイヤが激しくて、

なるべく自分で出来ることは
自分でやって欲しいと、
娘に頼むことが多かったです。

娘だってまだ小さかったのに…。


次回、その辺りを詳しく描こうかと思います。


続きます。

↑こちらが前回の記事です。前回の記事から派生したアンサー漫画です。『周りの人から言われてグサッときたこと』↓『甘えている』これがグサッとくる言葉かなと思います。本人(うつ病の人)だって、『このままじゃいけない』『働かないといけない』『自分が情けない』と思
↑こちらが前回の記事です。

前回の記事から派生した
アンサー漫画です。


『周りの人から言われてグサッときたこと』↓
image
image
image

『甘えている』

これがグサッとくる言葉かなと思います。


本人(うつ病の人)だって、
『このままじゃいけない』『働かないといけない』
『自分が情けない』と思っているハズなんです。

『ちゃんとしなきゃいけない!』と、
他の誰よりも本人が痛いほど分かってる。

だけど、身体がいうことをきかない。

それなのに他人には【甘えだ】と言われてしまう。


とても悔しい気持ちになると思います。


私もそれなりに苦労してきたと思うので、
『甘え』だなんて言われたら
悔しい気持ちになります。


でも、うつ病になったことない人が
そう思うのは仕方ないことなのかなぁ
なんて思ったり…。

(私もうつ病になってなかったら、
同じこと考えたかもしれない。)


そういう話をされても、
夫に対して怒りの感情は全くありません。
(直接甘いと言われたわけじゃないし。)


この時はお酒が入ってるのもあり、
自分が感じたことをそのまま話したようですが、
普段は何も言わずに支えてくれています。


私はそれだけで充分だと思っていて、
うつ病をしっかり理解して欲しいと
思っていません。


身体が辛い時は「頭が痛い。」など、
症状を伝えています。
それだけで良いかなと。


何も言わずに隣に居てくれるので、
うつ病に関してグサッとくることは
ほとんど言われたことはありません^_^



『家族に理解をどこまで求めたいか』も、
人それぞれだと思うので、
『これくらいの理解度が1番良い』という基準は
ないかなぁーと思います。


『家族がうつ病を全く理解出来ない』という
事例もあるかもしれません。


その場合は、
ご家族はせめて、
理解出来なくても本人を
【否定】しないで欲しいなと思います。


【否定される】って、
とても悲しいことなので…(T-T)

↑前回の記事です。低気圧のせいなのか…絶不調でした(^_^;)皆様はいかがでしたか?Twitterの「低気圧で不調」の呟きに『いいね!』が多かったので、やはり同志の皆様もそんな感じだったのかな?お互い無理しすぎには気をつけましょうね。私の場合は、放っておいてくれるの
↑前回の記事です。

低気圧のせいなのか…絶不調でした(^_^;)
皆様はいかがでしたか?
Twitterの「低気圧で不調」の呟きに
『いいね!』が多かったので、
やはり同志の皆様もそんな感じだったのかな?

お互い無理しすぎには気をつけましょうね。



image
私の場合は、放っておいてくれるのが嬉しいです。


image


人との会話中、すぐに反論したり
出来ないタイプなんです。

一度自分の中に落とし込んでから、
発言するタイプなので…。


だから、後になって「あれ?アレって
悪い意味で言われてたよね?」と
気付いたりします(^^;;


すぐに発言出来る瞬発力があったらなぁ…。

そしたら、ストレスを溜め込みやすいのも、
もう少しマシだったかもしれません(^◇^;)



↓両親の理解度はこんな感じ。
『早く起きなさいよ!』と言われたのは、
再発してから何年も経っていたので、
私が普通に見えたからなんだと思います。



次は、具体的な例を漫画にしようかと思います。

↑前回のアンサー漫画はこちら。一昨日、昨日と不調でした。低気圧に弱くなったのはうつ病のせいかなと思うのですが…不調の原因の大部分は、たぶん加齢(笑)だと思います。あと運動不足による筋肉量の減少…かな?看護師の時は「意外と力あるのね!」なんて言ってもらえて
↑前回のアンサー漫画はこちら。



一昨日、昨日と不調でした。
image

低気圧に弱くなったのはうつ病のせいかなと
思うのですが…

不調の原因の大部分は、
たぶん加齢(笑)だと思います。

あと運動不足による筋肉量の減少…かな?


看護師の時は「意外と力あるのね!」なんて
言ってもらえていたのですが…

その時の筋肉も、
うつ病になって寝込んだ時期に
完全に落ちてしまいました…。
(元々大して無かったけども(笑))


「寒い日、動けなくなります」と
先生に話した時、
「適度に運動した方が
調子が良くなると思います。」
と言われたのですが…。


元々インドア派なのもあり、
運動を習慣化出来ずにいます(^_^;)


でも本当に『適度な運動』は
うつ病に良いらしいので
(メンタリストDaiGoさんが
言ってました。)

そのうち習慣化出来たらと思います!

(自宅にバランスボールだけは
常備してあります(笑))

↑前回のアンサー漫画はこちら。今回はこちらです↓動けない自分が歯痒くて、自己嫌悪に陥ることはあります…。これはうつ病のせいなのか、自分が怠けているだけなのか…?と、自分で自分が分からない時もあります。インスタでこんなメッセージを頂きました↓怠くて動けない
↑前回のアンサー漫画はこちら。


今回はこちらです↓
image

動けない自分が歯痒くて、
自己嫌悪に陥ることはあります…。


これはうつ病のせいなのか、
自分が怠けているだけなのか…?

と、自分で自分が分からない時もあります。



インスタでこんなメッセージを頂きました↓
image
怠くて動けない時に、
「あなたは怠けてるだけ」と言われたら、
とてつもなく悔しくて悲しいです。



『調子が悪いんだから仕方ないじゃない!』
と強気でいられたら良いかもですが…

元々がそんな性格だったら、
多分うつ病にはなってなかったかも…(笑)




「これはうつ病のせいなのか?」
と自分で分からない時は、

元気だった過去の自分や
調子良い時の自分を思い返して
比べてみるといいかもしれません。


元々は皆さん、きっと元気に
活動出来ていたと思いますから^_^






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↓前回の記事はこちら。 うつ病だということを多くの人は内緒にしてると思うので、なかなか出会えない分、期待してしまいますよね。以前耳にしたお話から、そう思ったことがありました。分からなくても「そうなんだね」って受け止めてあげられる人でありたいなと思います。
↓前回の記事はこちら。


image
image
うつ病だということを
多くの人は内緒にしてると思うので、
なかなか出会えない分、
期待してしまいますよね。

image
以前耳にしたお話から、
そう思ったことがありました。


image

分からなくても「そうなんだね」って
受け止めてあげられる人でありたいな
と思います。






↑前回のアンサー漫画はこちら。↓この辺りで「あれ?」と思ってすぐに受診しました。(思い立ったその日に) 「疲れてるだけかな?」で済ませるにはあまりにも異常でした。仕事以外に何もしませんでした。(旦那さんは出張で不在でした。)ご飯を食べる気力もなく、体の怠
↑前回のアンサー漫画はこちら。


IMG_2874
IMG_2871
IMG_2872
IMG_2873


↓この辺りで「あれ?」と思ってすぐに
受診しました。(思い立ったその日に)

「疲れてるだけかな?」で済ませるには
あまりにも異常でした。

仕事以外に何もしませんでした。
(旦那さんは出張で不在でした。)


ご飯を食べる気力もなく、
体の怠さに身をまかせて
ひたすら寝ていました。


あとは、
悲しいことが起こったわけでもないのに
涙が勝手に流れたこと。


それが「自分はおかしい」と思った
きっかけだったと思います。


『確証』じゃなくても良いので、
「いつもの自分じゃないかも」と
思ったら、受診して頂きたいなと
思います。


仕事をどうするかはその後
考えれば良いと思います。


(私は受診したその日から休職
するように先生に言われました。)


仕事を大事にしたいお気持ちも
わかりますが、
優先すべきは『心身の健康』
だと、
経験して思いました。




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



↑前回のアンサー漫画はこちら!朝からネットで買おうとスマホにかじりついてましたが、アクセス過多のせいなのか、勝手にログアウトになったり、画面が動かなかったり落ちたり…。ヤキモキしていたので実店舗に行くことにしました。開店30分前くらいに行って、30番目くらい
↑前回のアンサー漫画はこちら!


IMG_2824
IMG_2827

朝からネットで買おうとスマホに
かじりついてましたが、
アクセス過多のせいなのか、
勝手にログアウトになったり、
画面が動かなかったり落ちたり…。

ヤキモキしていたので実店舗に
行くことにしました。

開店30分前くらいに行って、
30番目くらいでした。

それでもGUの鬼滅コラボポーチとか
禰豆子、しのぶのTシャツは
手に入れられませんでした…^_^;

相変わらずの人気ぶりにビックリしました。

(でも何着か買えて良かったです。
子どもたちも喜んでくれました!)




…さて、今回お答えさせて頂くご質問は
こちらです!
IMG_2820
最近の私の場合は…

IMG_2828
って感じですが…
IMG_2829
しんどい時は無理せず横になってます。

役員とかに支障が出ないように、
他のことを手抜きして
しんどくならないようにしてます。


どうしても無理…という時は、
体調が悪いことを伝えて
途中から参加したり、休んでは
いかがでしょうか…?


(私は過去にどうしても体が怠くて、
途中から授業参観に行ったこともありました。
子どもには申し訳なかったけれど。)



とても真面目な人は、
1回も休みたくないと思いがちですよね。

私もそういうタイプなのでわかります。

『休みたい』とか、
『出来ない』とか、
他人に言えないです。


でもこの病気になってからは、
「どこかで休まなきゃ自分が
倒れてしまう!」と思って、
罪悪感を抱えつつも
手を抜いたりしています。

(出来ないと言えずに無理することも
まだまだありますが…。)


うつ病の人は、
『手を抜くことを知らない』
『手抜きの仕方が分からない』
人が多い気がするので、

ぜひぜひ皆様には頑張り過ぎないで
欲しいなあと思います。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



↓前回のアンサー漫画はこちら。 ↓この辺りから読むと分かると思います。 読み進めていくと、夫、お義母さん、お義父さん、実母、姉、実父が登場します。そして次は…人によっては、『診察についてきてくれると助かる』というタイプの方もいるだろうし、様々だと思うので『

↓前回のアンサー漫画はこちら。


IMG_2776

↓この辺りから読むと分かると思います。
読み進めていくと、
夫、お義母さん、お義父さん、実母、姉、実父が
登場します。


そして次は…
IMG_2777
IMG_2778

人によっては、
『診察についてきてくれると助かる』
というタイプの方もいるだろうし、
様々だと思うので『これです!』と
ハッキリ言えませんが、

基本的には【怠くて動けない】
【身の回りのことすらやる気が出ない】
という状態だと思うので、

衣食住を助けてあげて、
横になって休ませてあげれば
本人は助かるんじゃないかなぁと
思います…。(多分…。)





こんなことしか言えなくてすみません(>_<)


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


前回のアンサー漫画はこちら↓ この辺を読んで頂くと、ご質問のお返事になるかなと思います。↓【産後にうつ再発編】より ↓【うつ持ちの私が2人目を産んだ話】より ↓【2人目を妊娠出産する為に大切な4つのこと】がこちらの記事に書いてあります。↓この記事のテキストを一
前回のアンサー漫画はこちら↓


IMG_2745



この辺を読んで頂くと、
ご質問のお返事になるかなと思います。


↓【産後にうつ再発編】より


↓【うつ持ちの私が2人目を産んだ話】より


↓【2人目を妊娠出産する為に大切な4つのこと】
がこちらの記事に書いてあります。
↓この記事のテキストを一部
こちらにペーストしておきますね。



【以下、2018年11月27日の記事より抜粋】


今まで何人かのフォロワーさんから

【1人目の時にうつになってしまい、
2人目の出産・育児が不安です。】

というご相談を頂いておりました。


一人一人にお返事することが出来ず
申し訳ありません。

私も同じ気持ちだったのでわかります



2人目のことを考えた時に大切なことは

①病状が安定していること。
②飲んでいる薬が、妊娠・出産が可能なものであること。
パートナーも2人目を望んでいること。
④1人目の時の妊娠・出産で得た経験を
糧に出来ていること。

…かなと思います。


【①について】
これが1番の大前提です。
自分なりに『普通に生活出来ていること』が
ベースに必要です。

私の時は、
「抗うつ薬飲まなくてもいいんじゃない?」
ってくらい病状が何ヶ月も安定していました。

再発予防の為に最低量の抗うつ薬を
飲んでいる…という感じでした。


『薬や通院を卒業してから
妊娠出産をしたい』と強く望んでいましたが、
心身の安定を優先して、
再発予防の内服を続けました。


【②について】
薬の催奇性が気になっていましたが、
母体が心身共に健康であることが大切なので、
最低量の抗うつ薬だけは続けていました。

(上の子の育児をしながらの妊婦生活に
なるので、薬の力を借りてでも
母親が元気で過ごせることが
優先とされるようです。)


私が内服していた抗うつ薬は、
催奇性はなく、妊娠・出産が
可能なものでした。
(ただ、授乳はだめでした。)

※薬のことは、主治医と要ご相談下さい。


【③について】
パートナーが望んでいることも大切だと思います。

きっとパートナーも、1人目育児の時よりも
育児スキルがアップしているのではと思います^_^


【④について】
1人目の時の育児経験を
『辛かったこと』どまりにするのではなく、
【大きな経験をした】と糧に出来ていることが
大切かなと思います。

「またあんな風に失敗したらどうしよう」
という不安がなかなか拭えないのなら、
病状が安定していないのかもしれません。

まずは主治医とよくご相談下さい。



ひとまとめに簡単にお話させて頂くと…

『2人目に会いたい!』
という気持ちが、
不安よりも楽しみの方が
勝っているのなら
大丈夫なんじゃないかな…
と個人的には思います^_^


(※また病状が悪化してしまうか
そうでないかは別として。)




※以上は私が経験して感じたことです。
全ての人に当てはまることはないと思いますが、
誰かのお役に立てれば幸いです。




ブログのテーマやジャンル分けが
ゴチャゴチャしているので、
読者さんが検索しやすいように、
今後整理していきますね^ ^



次回もまたアンサー漫画を描こうと思います。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回のアンサー漫画はこちら!今回は、『周囲にカミングアウトはしたのか?』『診察の内容は?』というメッセージのアンサー漫画です!↓倒れる辺りの話はここから。どんな症状があったか?症状が出たのはどんな時だったか?薬をどうするか?…みたいな内容を話して、次回
↑前回のアンサー漫画はこちら!


今回は、
『周囲にカミングアウトはしたのか?』
『診察の内容は?』というメッセージの
アンサー漫画です!
IMG_2705
↓倒れる辺りの話はここから。


IMG_2706
IMG_2707
IMG_2708
IMG_2709
IMG_2711
IMG_2712

どんな症状があったか?
症状が出たのはどんな時だったか?
薬をどうするか?

…みたいな内容を話して、
次回の受診日まで処方してもらって
終わりです!


前の先生もこんな感じだったので、
こんな流れが一般的なのかな?



また次回もメッセージのアンサー漫画を
描きたいなと思います^_^

【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の続きです!悲しいけれど、精神科に行く人を『異常』だと思う人もいるんだろうなぁと思います。例えばこちらのグラハム子さんの漫画↓https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1583464735275/pid_2.html(過食・嘔吐を繰り返してしまうので精神科に行きたいと

↑前回の続きです!


IMG_2682
IMG_2683

悲しいけれど、精神科に行く人を『異常』だと
思う人もいるんだろうなぁと思います。

例えばこちらのグラハム子さんの漫画↓
(過食・嘔吐を繰り返してしまうので
精神科に行きたいとお母さんに話した所
「うちから異常者を出すつもり⁈」と
言われたというエピソードです。)


IMG_2684
IMG_2685
こんな返答ですみません(T_T)



↓こちらも併せて見て頂くと、
より伝わるかなと思います。



次もまたアンサー漫画の予定です。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回のアンサー漫画はこちら!「精神科が怖い」「精神科に行ったら変人扱いされる」という理由で踏み出せないかたもいらっしゃると思います。次回はその辺のことを書きたいと思います。【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話
↑前回のアンサー漫画はこちら!


IMG_2648
IMG_2649
IMG_2651
IMG_2652

「精神科が怖い」
「精神科に行ったら変人扱いされる」
という理由で踏み出せないかたも
いらっしゃると思います。

次回はその辺のことを
書きたいと思います。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

不調な時、身の回りのことが出来なくなることがあります。こんな風に↑🧠メンタルドクター👨‍⚕️Sidow@精神科YouTuber@dr_sidowうつ病の患者さんが大変に感じるものテレビ≦ネット≦読書≦食事≦掃除≦洗濯≦外出≦料理≦通院≦人とのコミュニケーション<<<<<<<<入
不調な時、身の回りのことが
出来なくなることがあります。

IMG_1652
こんな風に↑

twitterでこんなツイートを見つけて、
「自分はどうかな?」と考えてみました。


…ということで

IMG_1664
勝手にランキング付けしてみましたー!



【不調な時出来ないこと
(大変なこと)
ランキングー!】


以下、あくまで私の場合のランキングです↓
IMG_1666
IMG_1667

1番大変じゃないのは『トイレ』!
(当たり前かもしれませんが(笑))


不調だと横になってばかりなのですが、
そんな時は、寝るかスマホをいじるかです。

食事は『食べる行為のみ』限定です。

そして掃除→洗濯の順番。

洗濯は、外に出て干す行為が憂鬱に
なりやすいです。
(部屋干しの方が楽。)


次に『身なりを整える』
『通院』『外出』の順番。


でも場合によってこの辺りは前後します。

(ノーメイクで通院したり、
外出したりもするので。)


そして不調な時、最大に大変なのは…

IMG_1665

私の場合は【料理】!


自分の為だけならまだ良いのですが…。

あと、子どもたちと自分だけなら
まだ良いのですが…

主人の食事に気を遣います。


食べる量が多いし、品数がないと
満足してもらえてないみたいなので…。

(言われたわけではないけど、感じる(笑))


私の場合【料理】をするには、
かなりのエネルギーが必要で、
かなりのエネルギーを
消費するみたいです。


以上の理由で【料理】が重荷で、
大変だと感じます!


皆さんなら、
どんなランキングになりますか?


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!