わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:心理学

久々に【ナマケモノ母さん】シリーズです!リアルに描くと「これ、実話じゃない?」「自分の体験談じゃない?」と思われちゃいそうなので、ナマケモノ母さんで描いてみました。(架空のお話です。)ナマケモノ母さんのパート先での出来事。お昼休憩に一緒になった先輩と話を
久々に【ナマケモノ母さん】シリーズです!

リアルに描くと
「これ、実話じゃない?」
「自分の体験談じゃない?」
と思われちゃいそうなので、

ナマケモノ母さんで描いてみました。
(架空のお話です。)


ナマケモノ母さんのパート先での出来事。

お昼休憩に一緒になった先輩と
話をしていると…?
IMG_0159
IMG_0160
IMG_0161
IMG_0162

『自分がしてもらえたら嬉しいから』
と、良かれと思ってしたことが、

『余計なお世話』
だったりすることがありますね。


「自分がしてもらったら嬉しいことを
相手にしよう」
「自分がされて嫌なことは相手にはしない」
と道徳で習ったりしますが、

『自分が嬉しいこと』
=『他人も嬉しいこと』
とは限らないんですよね。



そのことに全く気づけない人は、
ついつい一方的な親切をしがちで、
「気持ちだけで結構ですよ」と
やんわり断っても、

「遠慮しなくてもいいのに。」
「もしかして私のことが嫌いなの?」

と違う方向に解釈して
こじらせる場合が多いようです。



話し合いをして、
『自分は自分、嫁は嫁、息子は息子。』
という風に、
自分と息子家族は別の人生を歩んでいる
人間だということに
気付いてくれればいいのですが…

なかなか難しいらしいです。




こんな
自分中心な親切をする人は、


受け入れ続けても疲れるし、

かと言ってハッキリ断っても
角が立つし、

「ほっといて」と断っても全然
察してくれないし…。



対策としては
物理的に距離を置くしかないようです。



↓次の記事はこちら




立派な家を建てたお給料が高額だった旅行によく行っている持ち物が良いものばかり肌がきれい仕事に恵まれている子どもに恵まれいる自由があるスタイルが良い人によって項目に違いはあると思いますが、他人のことを羨ましいなぁ〜と思うことってありますよね。例えばの話です

立派な家を建てた
お給料が高額だった
旅行によく行っている
持ち物が良いものばかり
肌がきれい
仕事に恵まれている
子どもに恵まれいる
自由がある
スタイルが良い


人によって項目に違いはあると思いますが、
他人のことを羨ましいなぁ〜と
思うことってありますよね。


例えばの話ですが、
ママ友の間でこんな話があったとします。
(架空のお話です。)
IMG_0905

IMG_0907
私も『羨ましいなぁ』
と思うことは多々あります。

そして、
IMG_0906
と心の中で思うのは自由かなと思います。



しかし、
羨ましいという気持ちに囚われた人が、
裏で…
FullSizeRender
その人を攻撃していることがあります。

FullSizeRender
言っていることは理解出来るのですが、
『その人』を攻撃(口撃)するのは
違うんじゃないかなぁと思います。




嫉妬して攻撃しても、

他人が他人のことを
調教出来るわけじゃないし、

その人が何をどうしようが、
それはその人の人生なんだから、

【自分は自分、他人は他人】

と区切ることが、
自分から嫉妬心を解放することに
つながるんじゃないかなと思います。



(人間は、『自分と同じ』と思ってる人が
『自分より上』と思うことをしてたり、
『自分より恵まれてる』と思うと、
嫉妬心を抱くことが多いそうです。
そして粘着質に嫌がらせをする人は、
『同じコミュニティの人』だったり、
『同い年の人』だったり、
『同じ職業の人』だったり、
『同じ境遇の人』が犯人だったりする
そうです。)




私は「羨ましいな」と思ったら、

お金で解決出来そうなことには
IMG_0908
と、お仕事にベクトルを合わせます。


人にベクトルを合わせることは
しません。

人にベクトルを合わせても、
何にもプラスにならないからです。


『羨ましい!』という気持ちを
自分のパワーに変えます。

『お仕事頑張って、旅行費貯めるぞ!』
ってなります。




自分がどう動けば実現出来るかな?!」
という方向にエネルギーを向ける。


それが
【嫉妬心を上手に処理する方法】じゃないかなと思います。

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第6話はコチラ。何という名前の薬だったか忘れてしまいました…。産婦人科の先生には、自分が心
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9734
IMG_9735

何という名前の薬だったか
忘れてしまいました…。


産婦人科の先生には、

自分が心療内科に通っていることや

心療内科の先生に
「母乳はあげないで下さい」
と言われたことを

きちんとお話しました。



心療内科に通っていて
もし2人目をお考えでしたら、

心療内科の先生と、
産婦人科の先生両方に

きちんと相談すれば、
不安は軽減出来ると思います。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。【うつ持ちの私が2人目を産んだ話】から外れまして、最近、勉強欲が湧いている心理学についてお話させて下さい(^^)前々から興味があった心理学。色んな本を読んだりしています。色々情報を探している時、あの有名なメンタリストdaigo さんのYouT
はじめましての方は→コチラ


から外れまして、
最近、勉強欲が湧いている心理学に
ついてお話させて下さい(^^)


前々から興味があった心理学。
色んな本を読んだりしています。


色々情報を探している時、
あの有名なメンタリストdaigo さんの
YouTubeにたどり着きました↓



現在テレビでは、
弟さんの松丸亮吾さんが
ご活躍されていますね。

FullSizeRender

メンタリストdaigo さんは、
現在はネット動画で
心理学に関する情報を
発信しているそうで、

少し観てみたら、すっかり
魅了されてしまいました。


特におすすめなのは、
『メンタリストdaigo の
心理分析してみた!』という


メンタリストdaigo さんの
豊富な知識を
動画を通して知ることが出来ます。


人間関係や自分の性格など
色々な発見があったり、
考えさせられることがあり、
とっても勉強になります!



そして、daigoさんがお勧めしていた本も
購入しちゃいました。
(すごく影響されている(笑))

FullSizeRender




↑これです。
電子版だと、横になりながら
読みやすいので探したのですが、
見つからなかったので
紙媒体のものを買いました。


昔はあまり本を読まなかったのですが、
(漫画ばかりでした(^_^;))
30半ばになって、読むようになりました。


daigoさんはこの他にも
興味深い書籍を
たくさん紹介しているので、
私も読みたいなぁと思っています。


色々知識を取り入れて、
自分の人生を豊かなものに
出来たらなと思います。


いつまでも、
『自分をアップデートしていける人』
でありたいな。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!