わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:就職

はじめましての方は→コチラ。【人生の転機編】の第1話はこちら。前回の第3話はこちら。元々、看護学校を卒業したら地元に戻って働くつもりでした。なので地元に留まりたい気持ちが強かったです。でも、彼の元へ行きたい気持ちもあり…。彼の元へ戻るとすると、名古屋で住む
はじめましての方は→コチラ


【人生の転機編】の第1話はこちら。
前回の第3話はこちら。


IMG_2606
IMG_2607
IMG_2608
IMG_2609

元々、看護学校を卒業したら
地元に戻って働くつもりでした。

なので
地元に留まりたい気持ちが強かったです。


でも、彼の元へ行きたい気持ちもあり…。


彼の元へ戻るとすると、


名古屋で住む所を探したり、
名古屋へ面接に行ったり、
当時の職場に退職届けを出したり、
上司と話し合ったり、
両親に話をしないといけないし、
引越しの手筈も取らないといけないし、
荷造りしなきゃだし、
引越す為の資金を貯めないとだし…。


これから自分が起こさないと
いけない行動が多く、
不安が膨れ上がり、ついに
別れ話を切り出してしまいました。







お知らせ】

grape編集部さんが、
少し前に完結した
取り上げてくれました!

FullSizeRender


とても読みやすく
まとめて下さっているので、
宜しければご覧下さい↓




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。【人生の転機編】の第1話はこちら。前回の第2話はこちら。無職だった期間は約3カ月でした。「やはり働かなくては」という思いが日に日に強くなり、就活をしました。自動車学校が昼間だったので、免許をとってから働くことにしました。働き出し、
はじめましての方は→コチラ


【人生の転機編】の第1話はこちら。
前回の第2話はこちら。


IMG_2602
IMG_2603
IMG_2604
IMG_2605

無職だった期間は約3カ月でした。


「やはり働かなくては」という思いが
日に日に強くなり、就活をしました。


自動車学校が昼間だったので、
免許をとってから働くことにしました。


働き出し、
地元での生活が定着していくにつれ、

「仕事を辞めて実家を出てまで、
自分は彼の元に戻るの…?
向こうにはまだ、住む所も仕事も
ないんだよ…?」

という不安が大きくなっていきました。







お知らせ】

grape編集部さんが、
少し前に完結した
取り上げてくれました!

FullSizeRender


とても読みやすく
まとめて下さっているので、
宜しければご覧下さい↓




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

3コマ目に『毎月6万貯金』と書いてますが、実際には1ヶ月6万貯金では足りなかったので、時々多めに貯金する月もありました。(学生だけど、ボーナスも頂けたのでそこから補いました。)残った2〜3万円で食費と学校までの定期券代をやりくりする日々…。遊ぶお金や好きな服を
IMG_1737
FullSizeRender

3コマ目に『毎月6万貯金』と書いてますが、
実際には1ヶ月6万貯金では足りなかったので、
時々多めに貯金する月もありました。
(学生だけど、ボーナスも頂けたので
そこから補いました。)

残った2〜3万円で食費と学校までの
定期券代をやりくりする日々…。

遊ぶお金や好きな服を買うお金は
ほとんどありませんでした。


ひたすら、学校と病院を
往復するだけの生活だったので、

それで消費が抑えられて
やっていけたのかなーと思います


毎月カツカツだったけど、
看護学生3年目の時に
入学金と教材費の借金を
返し終えた時は『やったぞ』って
達成感がありました

(払い終えた後の支払いは、
残りの授業料だけになりました。)



奨学金制度を利用していれば、
もう少しゆとりを持てたかもしれませんが、

後から返せるか不安だったので、
私はこれで良かったのだと思いました。


…そんな思いで通っていた学校。


こんなに頑張っていたのに、
学校の『偏差値』ひとつで
『判断』されることがあるのかなと思うと
胸がモヤモヤっとしました。


続きます。


激務から離れ、療養を始めてから、 最初は毎日ほとんど寝て過ごしていました。 晩御飯作りしかしてなかった気がします。 少しずつ動けるようになり、主人の仕事について行ったり、式の準備に取り掛かれるようになりました。 仕事を辞めて主婦になったことで、主人の要望


激務から離れ、

療養を始めてから、

 

最初は毎日ほとんど

寝て過ごしていました。

 

晩御飯作りしか

してなかった気がします。

 

少しずつ動けるようになり、

主人の仕事について行ったり、

式の準備に取り掛かれるようになりました。

 

仕事を辞めて主婦になったことで、

主人の要望も面倒に感じなくなったので

希望に沿えるようになりました。

 

(しかし出産後、

また面倒に感じるように…

その話はまた「産後うつ編」として

描けたらなと思います。)

 

 

コノビーさんで、

この2年後にうつ病を再発して

しまった話を書いてます↓

 

なんで1人でがんばっちゃったんだろう。私が産後うつとパニック障害を発症するまで | Conobie[コノビー]

/article/7023

 

 

新婚生活にも慣れ、

薬の量も少しずつ減り、

 

職場を退職してから約1年で

内服も通院も卒業できました。

 

内服がなくなってから、

離脱症状に少し悩まされましたが

(少しフラフラしたという程度)

1~2週間で元に戻りました。

 

この時、うつ病が一度治ったのは、

単純に「最大のストレスだった仕事」を

除いたからだったと思います。

 

「本当の意味では

克服出来ていなかった」と、

産後うつになって気付きました。

 

ここから、

看護職に復帰するか

色々悩みました…。



24話へ続きます






ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image