わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:子育て

はじめましての方は→コチラ。春休み夏休み冬休み、どうしてもブログ更新が滞ってしまいます…なぜなら子どもたちがいるので何時間も放ったらかしには出来ないし、喧嘩されれば集中出来ないし…。(喧嘩されると頭が痛い…)ペンが進みません(T_T)辛い。(お子さんがいても更
はじめましての方は→コチラ


春休み夏休み冬休み、
どうしてもブログ更新が
滞ってしまいます…

なぜなら
FullSizeRender
子どもたちがいるので何時間も
放ったらかしには出来ないし、

喧嘩されれば集中出来ないし…。

(喧嘩されると頭が痛い…)



ペンが進みません(T_T)辛い。


(お子さんがいても更新続けている方々、
本当にすごいです…!)


なので
更新が滞っていてすみません。


2学期に入ったら
更新し続けられるよう
頑張りますので
よろしくお願いします(>_<)



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。娘が2歳の頃、一緒にショッピングモールへお出かけした時のこと。娘と私は顔が似てない親子なので、もしかしたら勘違いされてるかも!と思い…周りに聞こえるくらいの大きな声で、さりげなく、「お母さん困っちゃうなぁ〜」みたいなことを娘に言
はじめましての方は→コチラ

IMG_1798

娘が2歳の頃、
一緒にショッピングモールへ
お出かけした時のこと。
IMG_1799
IMG_1800
IMG_1801
IMG_1802
IMG_1803
IMG_1804
IMG_1805
IMG_1806
IMG_1807

娘と私は顔が似てない親子なので、
もしかしたら勘違いされてるかも!と思い…

IMG_1808

周りに聞こえるくらいの大きな声で、
さりげなく、
お母さん困っちゃうなぁ〜」
みたいなことを娘に言いました(笑)



「誰か助けて〜!」だなんて、
一体いつ覚えていたんだろう?

○○パンマンかな…?(笑)




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。前回まで続いてた愛犬シリーズの第1話はこちら!久々に愛犬ネタから外れます。娘にも娘なりの良い所があって、息子には息子なりの良い所があります。そしてそれぞれ、出来ること出来ないこと得意・不得意があります。同じお腹から生まれたとはい
はじめましての方は→コチラ

前回まで続いてた
愛犬シリーズの第1話はこちら


久々に愛犬ネタから外れます。


IMG_1061
IMG_1062

娘にも娘なりの良い所があって、
息子には息子なりの良い所があります。


そしてそれぞれ、
出来ること出来ないこと
得意・不得意があります。


同じお腹から生まれたとはいえ、
姉弟とはいえ、

【生まれ持った性格】があって、
子どもって面白いなー

と思いました。


確かに、自分の姉や妹と自分を比べても
全然違うもんなぁ…。


当たり前なことだけれど
ふと、面白いなぁって思いました。






◆お知らせ◆

grape編集部さんが、
当ブログの記事を紹介して下さいました!

【この漫画で伝えたかったこと】を
汲んで下さって、
とても嬉しく思いました!

grape編集部様、ありがとうございました!


↓記事はこちら!

FullSizeRender



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。最初の話はこちら↓【①お腹に赤ちゃんいる?】前回の話はこちら↓【②お腹に赤ちゃんいる?】…なぜ?(笑)理由を聞いてみたけどよくわかりませんでした(^_^;)▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にう
はじめましての方は→コチラ

最初の話はこちら↓

前回の話はこちら↓


IMG_0244
IMG_0245
IMG_0246
IMG_0247

…なぜ?(笑)


理由を聞いてみたけど
よくわかりませんでした(^_^;)




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。前回の話はこちら↓【①お腹に赤ちゃんいる?】その後も何度か同じ事を言われました。息子とは、『妊娠・出産・赤ちゃん』について全く話したことがなかったので、どこで、『赤ちゃんはお母さんのお腹にいる』『大きくなったら病院に行って産む
はじめましての方は→コチラ

前回の話はこちら↓


その後も何度か同じ事を言われました。
IMG_0219
IMG_0220
IMG_0221
IMG_0222

息子とは、
『妊娠・出産・赤ちゃん』について
全く話したことがなかったので、

どこで、
『赤ちゃんはお母さんのお腹にいる』
『大きくなったら病院に行って産む』
ということを知ったのだろうと思いました。


周囲に妊婦さんもいないし…。



そんな時、
知人の経験談を思い出しました。


息子さんが急に
「お母さんのお腹に赤ちゃんいるよ」
と言ってきたそうです。

気になって調べてみたら、
本当に妊娠していたそうです。


「子どもには大人には見えない
何かが見えてるのかも。
感じてるのかも。…不思議だね。」

なんて話していたのですが、

今回息子がなんの脈絡もなく
同じようなことを言ってきたので、

「もしかして…⁈」と頭をよぎりました。


…もし本当にそうだったらスゴイな。



皆さんもそんな不思議な体験、
ありましたか?^ ^


続きの③へはコチラ




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。【①お腹に赤ちゃんいる?】の途中ですが、創作漫画が頭に降りてきたので描いてみました!昨秋、「自画像を【ナマケモノ】に変えてブログをリニューアルしていきます!」と言っておりましたが、自画像を人間でいくことにしました。そしてこのナ
はじめましての方は→コチラ


の途中ですが、創作漫画が
頭に降りてきたので描いてみました!


IMG_0214
IMG_0215
IMG_0216
IMG_0217

昨秋、

「自画像を【ナマケモノ】に変えて
ブログをリニューアルしていきます!」

と言っておりましたが、

自画像を人間でいくことにしました。


そしてこのナマケモノは、

『ナマケモノ母さん』という
創作漫画のキャラクターとして
今後こんな風に描いていこうと思います。
(私の分身ではありません。)


方向性がブレブレで
本当申し訳ありませんが、
多分これで定まると思うので
今後ともよろしくお願いします。


ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ


さて、漫画の内容についてですが…


『あなたの為を思って』という言葉ですが、

私もちょっと前まで

「どうでもよい人だったら言わないよね。
心配してくれてるから言うものだ。』

と思っていました。


良い意味で関心をもって
くれているからだ」と。


しかし、

【じれったい人】【気にくわない人】

【嫌いな人】に関心を持つ人がいます。


無関心でいればいいのに、


自分が気に入らないから
相手より優位に立ちたいから
周囲から賞賛を得たいから

という理由で

「あなたの為を思って」と

親切心を装って近付くのです。



個人的には、

どうしても気に入らないのなら、
気にならない程度に距離感を保つか、
自然にフェードアウトすればいいのでは
ないかと思います。




自分を対等に見てくれているなら、

そのまま見守ってくれたり、
『あなたの為』だとは
言わないはずだと思います。


自分が何か言っても、
『反論しなさそうな人間』だと
判断したから言ってくるのでしょう。



本当にあなたを思ってくれる人ならば、

「ああしなさい」「こうしなさい」

「あれはダメ」と言って、

あなたを操作しようとはしないハズです。



意向を尊重してくれたり、

「それはどうかな…」と言いながらも

見守ってくれたり…。



違う言い方でアドバイスして

くれるのではないでしょうか。






ちょっと視点がズレるのですが…


私も一度、
散らかしっぱなしの子どもに対して、

『あなたのことを思って言ってるの!』
と言ったことがあります。


しかし、違和感が半端なかったです。


「ちゃんと片付け出来る子になって欲しい」
と思うからこそ言うのですが、

でもそれって、
自分が片付けて欲しいから
『あなたのことを思って!』と
押し付けがましい言葉を使って
操作しようとしてるんじゃないかなと…。


だから、また同じ場面があれば

「片付けしてね。そうしてくれると
お母さん助かるなぁ〜。」
という風に言って、

片付けが終わったら

「ありがとうね〜」
と感謝の言葉を述べた方が
いいんじゃないかな?

と思いました。









▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の5話はコチラ。『妊娠出産可能』と言われてから、普通に楽しく過ごしていました。(産後にうつ再
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の5話はコチラ



『妊娠出産可能』と言われてから、
普通に楽しく過ごしていました。
IMG_9699
IMG_9700
産後にうつ再発編と重複しますが、
こんな時系列でした。)


これまで、
「自分は妊娠したらダメなんだ…。
まだ2人目は持てないんだ…。」
という気持ちが胸の奥にあり、
つっかえていたのですが、

『妊娠出産可能』と聞いてから、
気持ちが軽くなりました。


そして、
毎日を楽しく過ごしていたある日、
身体に妊娠初期症状が出始めたのでした。


帰国後というのもあり、
「時差ボケかな…?」
と思っていたのですが、
妊娠による眠気だったようです。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の4話目はコチラ。親になると決めたからには、『どんな我が子も受け入れる』という気持ちが必要か
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9694
IMG_9695


親になると決めたからには、
『どんな我が子も受け入れる』
という気持ちが必要かなと思います。

綺麗事かもしれないけど…。


胎児への影響を心配しなかった
わけではありませんが、
私は先生の『妊娠出産が可能』
という言葉を信じました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第3話はコチラ。聞きづらいなと思うことを聞いてみることに先生との話し合いによっては、薬を切
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


聞きづらいなと思うことを
聞いてみることに
IMG_9685
IMG_9686


先生との話し合いによっては、

薬を切る選択、
漢方に変える選択、

になる人もいるかもしれません。


これはあくまで私の事例です。


私は先生との話し合いの結果、
最低量を服薬しながら
妊活することを選びました。


うつ持ちで妊娠出産をお考えの人は、
担当の先生とよく話し合いをして、
ご自身が納得出来る道を
選んで頂きたいと思います。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第2話はコチラ。先生に、2人目妊娠の相談をすると…抗うつ薬を飲んでいるから妊娠してはいけな
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の第2話はコチラ



先生に、2人目妊娠の相談をすると…
IMG_9677
IMG_9678


抗うつ薬を飲んでいるから
妊娠してはいけないと自分で思い込み、

ピルを処方してもらうために
数ヶ月婦人科に足を運んでいました。


先生にすぐに確認していれば、
そんな労力はいらなかったのだと
思いました。




「ネットで調べればいいのに」と
思う方もいるかもしれませんが、

医療系の情報は、

誰が書いてるかもわからない
無責任な情報より、
目の前にいる先生に聞いて
確認した方が良いと私は思っています。


「こんなことを聞くのは変かな…?」
と、遠慮してしまったり、
気が引けてしまって聞きづらい
…という気持ちもあると思いますが、

分からないことをそのままにしておくのも
ストレスになると思うので、

しっかり聞いた方が良いと思いました。








▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話前回の1話はコチラ。『前回』とは、25歳頃の初めてうつ病になった話(第1話はコチラ)の時です。この時は1年で服薬
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話
前回の1話はコチラ


FullSizeRender

『前回』とは、25歳頃の
初めてうつ病になった話
第1話はコチラ)の時です。

この時は1年で
服薬・通院を卒業しました。


だから、漠然と、
今回も卒業出来ると思っていました。


『胎児への影響』が心配だったので、
2人目妊娠は
卒業してからだと思っていました。


でも、心配していても
自分が飲んでいる薬について
ネットで調べることはしてませんでした。

ネットの情報は、
正しくない場合もあるからです。

生身の先生に直接聞くのが1番良いと
私は思っています。


ある受診日、先生に
『そろそろ2人目を考えている』
という相談をすることにしました。


3話目へ続きます


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)「1人目出産後うつになり、そろそろ2人目をと思うけど、不安でいっぱいです…。」というメッセージをたくさん頂いていたので、私の体験を漫画にし
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)

「1人目出産後うつになり、
そろそろ2人目をと思うけど、
不安でいっぱいです…。」
というメッセージを
たくさん頂いていたので、

私の体験を漫画にして、
その辺りを掘り下げてみたいと思います。



1人目育児に奮闘していた頃…
FullSizeRender

遠い土地に嫁ぐと決めたのは自分。

分かっていたものの、
想定外の悩みや不安は出てくるものですね。


夫はいるけど、仕事でいない。

どうしても1人で育児することになります。

2人目が生まれれば、
1人で、子ども2人を見なくてはいけない。


この時は、
1人で2人以上のお子さんを
連れているお母さんが、

【凄い人】に見えました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第9話はこちら。私の中学時代回想話から、もとの場面に戻ります。お友だちが、どんぐりを返してくれました。子どもたちにはきっと、「これから色々あるんだろうなぁ…」とは思いますが、過保護・過干渉
はじめましての方は→コチラ

子どものケンカ編の1話目はこちら



私の中学時代回想話から、
もとの場面に戻ります。

お友だちが、
どんぐりを返してくれました。
FullSizeRender



子どもたちにはきっと、
「これから色々あるんだろうなぁ…」
とは思いますが、

過保護・過干渉にならずに、
適度にサポートしていけたらと思います。


子育てを通して、
自分自身も学ばされることが
きっとたくさんある。


人間として、親として、
一緒に成長していけたらと思います。





次の記事はコチラ↓



▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第8話はこちら。話の舞台は私の中学時代に遡ります。仲良くしてる友達にペンケースを取られ、「取り返してごらん?」とでも言うような表情。その時、私がとった行動は?相手にしませんでした。私は、人
はじめましての方は→コチラ
子どものケンカ編の1話目はこちら




話の舞台は私の中学時代に遡ります。

仲良くしてる友達に
ペンケースを取られ、
「取り返してごらん?」
とでも言うような表情。

その時、私がとった行動は?

FullSizeRender


相手にしませんでした


私は、
人の物を奪って「取り返してみろ」
という事はしないタイプです。


お互いにやるタイプで、
やり合うのだったら
いじめにならないと思いますが、

片方がやらないタイプで、
それを一方的にやるなら
【いじめ】になると思います。


やらないタイプは面白さがわからないし、
そもそもそんなことをする意味が
分からないんだと思います。

だから、されると『嫌だな』という
感情になる人が大半だと思います。



よく、
『自分がされて(言われて)
嫌なことはしない』と聞きますが…

「自分は平気だから大丈夫だと思った」
という場合もあります。


例えば『真面目だね』
という言葉一つでも、

「真面目って言われると
面白くない奴と言われてるようで嫌だ」
と言う人がいます。


しかし、言った側は、
「自分は褒め言葉で言った。
自分は言われると嬉しいから。」
ということもあります。


もちろん、
「自分がされて嫌な事は相手にもしない」
というのも分かるのですが、


【されて嫌なこと、
言われて嫌なことは人それぞれ違う】

というのも、頭に留めておきたい
ポイントだよなぁと思います。





▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第7話はこちら。話は私の中学時代。私のペンケースを取り上げて、友だちがニヤニヤしていました。「取り返してみてごらん?」とでも言うように。当時の私はこんな風に思ってました。でも、これを『いじ
はじめましての方は→コチラ
子どものケンカ編の1話目はこちら



話は私の中学時代。

私のペンケースを取り上げて、
友だちがニヤニヤしていました。

「取り返してみてごらん?」
とでも言うように。

FullSizeRender

当時の私はこんな風に思ってました。


でも、
これを『いじめになる』とは思わず、
本当に『面白い・楽しいこと』と思って
やる人はいます。悪気なく。


そういう人が
【『本当に悪い人』というわけではない】
という事を30うん年生きてきて知りました。



『いじめ』になるかそうでないかは、

一方的であるかそうでないか

やる側とやられる側が対等であるかないか、

がポイントかなと思います。


そして、なんでも
『度が過ぎる』といけない


お互いやり返せる間柄なら
いじめにならないし、
されることが嫌で笑えないことなら、
距離を置けばいい。

無理して友だちでいる必要は
ないと思います。

距離を置いたり、
『嫌だからやめて』
と言っても辞めない人は、
その人自身に
問題があるのだと思います。





この時、友だちがしたことは
理解出来なかったけれど、
良い子たちだって知っていたから
私は「いじめ」だと思わなかったし、

ずっと友だちだと思っています。



段々、成長していくにつれ、

自分や集団と違う意見を持っていても
相手を許容して尊重して付き合える
ようになるものだと思いますが、

大人になってもみんながみんな
そんな風に思えるように
なるわけではない


だから、

きっと生きている以上、
様々なことがあるんだろうなぁ…

とは思います。







▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。子どものケンカ編の1話目はこちら。前回の第6話はコチラ。話は私の中学時代に移ります。幼稚園や保育園の時もそうですが、 小学生、中学生の頃も「取った・取られた」というような場面、ありませんでしたか? 未就園児なら、わざとじゃない場
はじめましての方は→コチラ
子どものケンカ編の1話目はこちら

前回の第6話はコチラ



話は私の中学時代に移ります。
FullSizeRender


幼稚園や保育園の時もそうですが、
 
小学生、中学生の頃も
「取った・取られた」というような場面、
ありませんでしたか?
 

未就園児なら、
わざとじゃない場合がほとんどですが、

小学生・中学生ともなると、
相手の物を取り上げて
「取り返してみろ」的なことが
よくあっていた気がします。
 

私はそれをやる人の気持ちが
サッパリわからなくて。


やりたいとも思ったことないし、
それを『面白い』と思う気持ちも
理解出来ませんでした。


これを『冗談・遊び』としてやっていて、
お互いが対等な立場であれば
『遊び・冗談』になると思うのですが、

やる側が『脅威』であると、
『いじめ』になるのでは
ないかなと思います。
 





▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。【子どものケンカ編・第1話はコチラ】前回の第5話はコチラ。お友だちにドングリを奪われ、取り合い中に噛もうとして先生に叱られた息子。それを見ていた私は、「自分で返してって言いなさい」と息子の背中を押します。そしたらお友だちが…​お
はじめましての方は→コチラ

【子どものケンカ編・第1話はコチラ




お友だちにドングリを奪われ、
取り合い中に噛もうとして
先生に叱られた息子。

それを見ていた私は、
「自分で返してって言いなさい」
と息子の背中を押します。

そしたらお友だちが…
FullSizeRender



​お友だちがドングリを返してくれました。

そして、話は私の中学時代に遡ります。

きっと多くの人が、

やったこと、見たことがあると思います。






▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!