わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:妊娠

※主にInstagramのDMで頂いたご質問やご相談にお返事するコーナーです。突然のDMですみません。投稿いつもと拝見しています!質問なんですけど、私自身結婚して一年経ったのでそろそろ子供と考えてるんです。ですが、今も良かったり悪かったりを繰り返してるんで、薬も飲んで

※主にInstagramのDMで頂いた
ご質問やご相談にお返事するコーナーです。

FullSizeRender


突然のDMですみません。
投稿いつもと拝見しています!

質問なんですけど、私自身結婚して一年経ったのでそろそろ子供と考えてるんです。ですが、今も良かったり悪かったりを繰り返してるんで、薬も飲んでるしどうしようかと悩んで、いろんな方にDMで聞いてまわってるんです^_^;

なかさんだったら、どうされますか?





以前描いたこちらの記事を読んで頂くと
良いかと思います↓

大切な人との赤ちゃん欲しいですよね、

わかります^ ^

私が担当医から言われたことは
「妊娠したら睡眠薬は飲まないで下さい。」
ということでした。

催奇性が心配だったようです。


お医者さんによって、患者さん個人によって
治療法や薬内容は異なるので、
主治医とよくご相談下さいね。







【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。



初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ


113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)


【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ



看護学生時代の話↓
本当にあった病院での心霊現象

子どものケンカ編の1話目はこちら

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

こんにちはインスタよく見させて貰っています!実は私も鬱で治療中の○歳です。先生から薬の副作用を聞いて怖くて今は漢方治療をしています。具体的には妊娠した時に胎児に影響が出るかもしれないと言われました。それが永久的なものなのか薬服用期間の間の話なのかはよく説
IMG_6931


こんにちは
インスタよく見させて貰っています!
実は私も鬱で治療中の○歳です。
先生から薬の副作用を聞いて怖くて
今は漢方治療をしています。
具体的には妊娠した時に胎児に影響が出るかもしれないと言われました。
それが永久的なものなのか薬服用期間の間の話なのかはよく説明を受けていなくて分かりません、、、
最近は自分でも驚くほど彼氏に対しても攻撃的になっていて、自分が保てなくなってきて薬を使わざるおえないかな、とじわじわ感じています。
エマさんは薬を使うことに対して不安はありませんでしたか??
長くなってすみません


————————————


こんにちは。
お薬の副作用など、不安になりますよね。
特に精神科のお薬は、依存性など心配になる人が多いような気がします。


『薬を使うことに対して不安はありませんでしたか?』ということですが、

私の場合、仕事中に勝手に涙が流れてしまう程日常生活に支障が出ていたので
そこまで考える余裕がなかったというのが実情です。

先生が処方してくれた通りに飲み、1年かけて回復出来たので、それで良かったのだと思います。
(1年で薬も通院も卒業しました。)

薬を飲まなくても良くなってから、第一子は妊娠出産しました。

しかし、産後に再発してしまったので
第二子は服薬しながらの妊娠出産をしました。


薬の胎児への影響は、妊娠中に服用した場合の話だと思います。
妊娠の予定がない場合はしっかり避妊をし、結婚してから子どもが欲しいとなった場合、
先生と相談して減薬したり、漢方に切り替えるとよいのではないかと思います。


担当の先生から私が聞いたことは、

「妊娠中は出来れば薬の量は
少ない方が良いし飲まない方が良いが、
うつ病が悪化するリスクを考えると
飲んだ方が良いと思う。」

という感じでした。


簡単に言うと、
【リスク】【確率】の問題だと思います。


『副作用のないワクチン』はないし、
『副作用のない薬』もこの世にはありません。

100%安全な医療はありません。

そして副作用は必ず出るものでもありません。


私の場合ですが、
胎児に影響が出る確率よりも
私のうつ病が悪化する確率とリスクが高かった
から、
先生は内服を続けた方が良いと判断したのだと思います。


そして、私はリスクがあることも理解した上で
自分は飲んだ方が良いと判断した為
飲み続ける事を選択しました。


相談者さんも、先生とよく相談して
【リスク】【確率】を踏まえた上で
自分に合った治療を選択出来ると良いですね^ - ^


お身体お大事になさって下さい。



↓薬を飲みながらの妊娠出産話はこちら。

はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!陣痛中の体に異変が…!結局。静かに出来ませんでした(笑)お腹の赤ちゃんが急激に下に降りてきたのを感じました。擬音で表すならば、ギュン!というかお腹がボコっと
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


陣痛中の体に異変が…!
IMG_3873
IMG_3874
IMG_3875
IMG_3876
結局。


静かに出来ませんでした(笑)


お腹の赤ちゃんが
急激に下に降りてきたのを
感じました。


擬音で表すならば、

ギュン!というか
お腹がボコっと動いたというか
ズルっと下にいったと言うか…

娘の時は味わったことなかったので、
初めての感覚でした。

娘は頭が股に挟まって
やっと実感したので。
(その時の話はコチラ。)





【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!娘の時は『イキみたい感覚』がないまま、助産師さんに言われたタイミングで踏ん張って出産しました。(その時の漫画はコチラ。)なので、「いきみたい!」という感覚が
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


IMG_3849
IMG_3850
IMG_3851
IMG_3852

娘の時は『イキみたい感覚』がないまま、
助産師さんに言われたタイミングで
踏ん張って出産しました。

(その時の漫画はコチラ。)


なので、「いきみたい!」という
感覚が私には分かりませんでした。


しかし、
この後ついに経験することに…⁈







【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!フッと姉の言葉を思い出し、「今回は落ち着いて出産してやる!」と思いました(笑)前回は「落ち着いちゃうと、この陣痛が遠退いてしまう気がする」というわけの分から
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


IMG_3829
IMG_3830
IMG_3831
IMG_3832
フッと姉の言葉を思い出し、
「今回は落ち着いて出産してやる!」
と思いました(笑)


前回は「落ち着いちゃうと、
この陣痛が遠退いてしまう気がする」
というわけの分からない予感があって、
騒ぎ続けてしまいました…(笑)

あと、次々と波が来るので
休む暇がなくてパニックでした(^^;;
(その辺りの漫画はコチラ。)



以前働いていた病院の先輩が
この産婦人科にいるということもあり、

顔見知りに醜態を晒すまいという
気持ちもあって、

取り乱さないようにしようと
自分でも思っていました。



「今回こそは落ち着いて出産するぞ!」
と思ったけれど…?!



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら







はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!陣痛が始まって、妹の運転で病院へ!助産師さんは私の前回のカルテを見て今回も早いと判断したのか、すぐに分娩台に横になりました。(前回の来院時の状況はコチラ。)
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ



陣痛が始まって、妹の運転で病院へ!
IMG_3804
IMG_3805
IMG_3806
IMG_3807

助産師さんは
私の前回のカルテを見て
今回も早いと判断したのか、
すぐに分娩台に横になりました。

(前回の来院時の状況はコチラ。)




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら






はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!病院に連絡し、妹に車をお願いして…他に頼める人がいなかったので、妹が免許取っててくれて良かった…!(最終手段はタクシーかな?)陣痛中の妊婦の輸送は荷が重かっ
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


病院に連絡し、妹に車をお願いして…
IMG_3780
IMG_3781
IMG_3782
IMG_3783

他に頼める人がいなかったので、
妹が免許取っててくれて良かった…!

(最終手段はタクシーかな?)


陣痛中の妊婦の輸送は
荷が重かったかもしれないけど(笑)




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら






はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!陣痛が始まっていたので、病院に連絡…!皆さんはどんな手段で病院に向かいましたか…?連れてってくれる家族がいるってありがたいですね…!続きます。【↓読者登録し
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


陣痛が始まっていたので、
病院に連絡…!
IMG_3740
IMG_3741
IMG_3742
IMG_3743

皆さんはどんな手段で
病院に向かいましたか…?

連れてってくれる家族がいるって
ありがたいですね…!




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!助産師さんの言葉を思い出す…アプリは、痛みが始まった時と痛みが治った時にボタンを押すだけでとても便利でした。陣痛間隔の記録が残り、一覧で確認出来ました。30分
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


助産師さんの言葉を思い出す…
IMG_3640
IMG_3641
IMG_3642
FullSizeRender


アプリは、痛みが始まった時と
痛みが治った時にボタンを押すだけで
とても便利でした。

陣痛間隔の記録が残り、
一覧で確認出来ました。


30分くらい計り続けたのですが、
平均すると既に3分間隔でした。


前回も気付いた時は
それくらいだったので、

『私って、なんでここまでにならないと
陣痛だと気付かないんだろう?』と
我ながら驚きました(笑)

(→前回の陣痛はこんな感じだった。)


車で病院に行かなきゃと思った頃には、
すでに早朝5時になっていました。


父に車で連れて行って
欲しかったけれど、
父は仕事で朝が早く、
5時までには家を出るので
もう居ませんでした。


母は運転出来ないし、
隣には2歳の娘が寝ていました。


私が頼ったのは…⁈






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ!夜中、トイレから戻ったらなぜかお腹がキツい…。「寝てたい」と思って横になったけど、お腹がキツくて寝付けませんでした。(前回みたいに四つん這いになる程ではなか

はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ
第2子出産編の第1話はコチラ

前回はコチラ


夜中、トイレから戻ったら
なぜかお腹がキツい…。
IMG_3618
IMG_3619
IMG_3620
IMG_3621


「寝てたい」と思って横になったけど、
お腹がキツくて寝付けませんでした。
(前回みたいに四つん這いになる程では
なかったけども。前回のお産はコチラ。)



「これはただお腹が張ってるだけ?
……まさか、陣痛?」と思って、

スマホに入れていた

『陣痛間隔をはかって記録出来るアプリ』

を使うことにしました。



娘の時はまだガラケーで、

ストップウォッチ機能で
間隔をはかっていたので

便利になったなぁと思いました。



果たしてこれは陣痛なのか…?




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。前回はコチラ。夜3時頃、『う○こがしたい』と目が覚めて…⁈前回の出産の時も、娘が生まれる数時間前は快便で、「なんでだろ?珍しいな」くらいに思ってました。そして第2子の時もこ

はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ

第2子出産編の第1話はコチラ
前回はコチラ


夜3時頃、
『う○こがしたい』と目が覚めて…⁈
IMG_3596
IMG_3597
IMG_3598
IMG_3599

前回の出産の時も、
娘が生まれる数時間前は快便で、
「なんでだろ?珍しいな」くらいに
思ってました。


そして第2子の時もこんな風に
お通じがあったので、

私の場合、お産が近付くと
便通が必ずあるようです。


「こんな時間に便通があるなんて
珍しいな?変だな?」と思いつつも、
トイレから戻り横になりました。

しかし、ギューッと
お腹がキツくて寝付けませんでした。






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産編の第1話はコチラ。切実。第三者からしたら、「え、それ、う○こじゃなくて赤ちゃんじゃないの⁈」って思いますよね…。(笑)この時の私はどうだったのか…?続きます。【↓読者登録してね】▼その他の
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ

第2子出産編の第1話はコチラ


IMG_3562
IMG_3563
IMG_3564
IMG_3565

切実。


第三者からしたら、
「え、それ、う○こじゃなくて
赤ちゃんじゃないの⁈」って
思いますよね…。(笑)


この時の私はどうだったのか…?





【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


はじめましての方は→コチラ。第1子出産編の第1話はコチラ。第2子出産話はうちの子の場合! 子育てが10倍楽しくなる!出産&育児コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)カフカヤマモト2017-04-28こちらの書籍にも描いたのですが、別の角度から描きたいと思
はじめましての方は→コチラ

第1子出産編の第1話はコチラ


第2子出産話は

こちらの書籍にも描いたのですが、
別の角度から描きたいと思い、
ブログにも描くことにしました!




では【第2子出産編】スタートです!


30歳の頃、
念願の2人目がお腹に来てくれました。

妊娠がわかったのは6月の初旬で、
娘が2歳の頃でした。

IMG_3532
IMG_3533
IMG_3534
IMG_3538


里帰り出産の為、
32週頃には実家に行きました。


「娘は37週3日で生まれたけど、
この子は何週何日で
生まれるんだろう?」
楽しみに思っていました。



そして37週2日目の夜、
特に大きな異変はありませんでした。

「娘の時はもう陣痛始まってたけど…
今回はなんともないな。
この子は37週3日には
生まれないのだろうな。
…っていうか同じ週数で生まれたら
逆にすごいし!(笑)」

なんて考えながら、布団に入りました。


何事もなく朝を迎えると
思っていたけれど…?!






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

はじめましての方は→コチラ。ある日の出かけ先でのこと。在宅ワークなので運動不足だと感じていたのもあり…下腹を引っ込める為健康の為にもジムに通おうかなと考え中です。続きの②はコチラ。▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後に
はじめましての方は→コチラ


ある日の出かけ先でのこと。
IMG_0165
IMG_0166
IMG_0167
IMG_0168
IMG_0169
IMG_0170
IMG_0171

在宅ワークなので運動不足だと
感じていたのもあり…

下腹を引っ込める為
健康の為にもジムに通おうかなと
考え中です。


続きの②はコチラ




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第6話はコチラ。何という名前の薬だったか忘れてしまいました…。産婦人科の先生には、自分が心
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9734
IMG_9735

何という名前の薬だったか
忘れてしまいました…。


産婦人科の先生には、

自分が心療内科に通っていることや

心療内科の先生に
「母乳はあげないで下さい」
と言われたことを

きちんとお話しました。



心療内科に通っていて
もし2人目をお考えでしたら、

心療内科の先生と、
産婦人科の先生両方に

きちんと相談すれば、
不安は軽減出来ると思います。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の5話はコチラ。『妊娠出産可能』と言われてから、普通に楽しく過ごしていました。(産後にうつ再
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の5話はコチラ



『妊娠出産可能』と言われてから、
普通に楽しく過ごしていました。
IMG_9699
IMG_9700
産後にうつ再発編と重複しますが、
こんな時系列でした。)


これまで、
「自分は妊娠したらダメなんだ…。
まだ2人目は持てないんだ…。」
という気持ちが胸の奥にあり、
つっかえていたのですが、

『妊娠出産可能』と聞いてから、
気持ちが軽くなりました。


そして、
毎日を楽しく過ごしていたある日、
身体に妊娠初期症状が出始めたのでした。


帰国後というのもあり、
「時差ボケかな…?」
と思っていたのですが、
妊娠による眠気だったようです。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の4話目はコチラ。親になると決めたからには、『どんな我が子も受け入れる』という気持ちが必要か
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9694
IMG_9695


親になると決めたからには、
『どんな我が子も受け入れる』
という気持ちが必要かなと思います。

綺麗事かもしれないけど…。


胎児への影響を心配しなかった
わけではありませんが、
私は先生の『妊娠出産が可能』
という言葉を信じました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!