わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:妊娠

はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の107話はこちら。そろそろ『まとめ』に入ります!109話ヘ続きます。↓その他のエピソードはこちら。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。看護学生時代の話↓
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の107話はこちら

IMG_8197
IMG_8198




そろそろ『まとめ』に入ります!

109話ヘ続きます。



↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の106話はこちら。本当だったけど、その時にちゃんと対応すれば大丈夫です。不安に思う必要はありません。当時はジェイゾロフトを飲んでいて、先生の指示通り、10
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の106話はこちら


IMG_8192
IMG_8193

本当だったけど、その時に
ちゃんと対応すれば大丈夫です。

不安に思う必要はありません。


当時はジェイゾロフトを飲んでいて、
先生の指示通り、100ミリを上限に、
25ミリずつ増やしていきました。


ミルク育児だったので、
気にせず飲めて助かりました。


(そもそも授乳しないでと
言われていたので、
母乳分泌を抑える薬を
産婦人科で1錠処方してもらい、
授乳してませんでした。)








↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の105話はこちら。無事退院!里帰り中の実家で過ごしていた時のこと。その前に何かがあったわけではないのに、涙がポロポロ流れてきました。これはもう、自分で止
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の105話はこちら



無事退院!
里帰り中の実家で過ごしていた時のこと。
IMG_8166
IMG_8167


その前に何かがあったわけではないのに、
涙がポロポロ流れてきました。


これはもう、
自分で止める事は出来ないと思いました。


そう思った私が、
次にとった行動とは…?




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の104話はこちら。意識的に自分を落ち着かせて、治る時もあります。(私の場合、気にしないようにすれば大概治ります。なので気にしすぎなんだろうなと思います。
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の104話はこちら


IMG_8140
IMG_8141


意識的に自分を落ち着かせて、
治る時もあります。

(私の場合、
気にしないようにすれば大概治ります。
なので気にしすぎなんだろうなと思います。
どうしようもない時は頓服に頼ります。)


しかしこの数日後、
自分ではどうしようもない
症状が出てしまいます…。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の103話はこちら。うつ病には、『自分の考え方や環境を変えて改善出来る部分』と『自分では改善出来ない病態的な部分』があると私は思っていて、(根拠はありませ
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の103話はこちら


IMG_8114
IMG_8115


うつ病には、

『自分の考え方や
環境を変えて改善出来る部分』

『自分では改善出来ない病態的な部分』

があると私は思っていて、

(根拠はありません。
自分の体感的にそう思う。)


この時のは、
『病態的にどうしようも出来ない部分』
だったと思っています。

(身体的な病気と同じで、
感染したら発熱するのと同じようなもの
だったと思っています。)


この時は不安や心配ごとを
考えていたわけではなくて…。

ベッドに横になっていた時に
ゾワゾワゾワっと頭から
電流が流れるような感覚が
起こりました。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の102話はこちら。実家に電話する前に、一時保育のことや、シッターさんのことなど調べました。『色々調べたけど、どれがいいのかわからない…。よし、ここは専門
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ



IMG_8094
IMG_8095

実家に電話する前に、

一時保育のことや、
シッターさんのことなど調べました。


『色々調べたけど、
どれがいいのかわからない…。
よし、ここは専門家に相談しよう!』
と思い、保健所に電話しました。


娘の健診の時、問診票の
【お母さんの健康状態】の所に
『うつ病』だと記入していたので、

事情をお話したら察してくれ、

どのような託児サービスがあって、
どの保育所が利用可能なのかをお話しに、
保健師さんが自宅まで来てくれました。



色々な方法がありましたが、
『自分の労力的なものを考えると
実家に頼るのが1番かな…』
と最終的に思い、実家に連絡しました。


地元は

自然に囲まれて空気も綺麗で、
車の交通量も少なくて、
公園も歩いていける距離にあって、
子育て広場も平日毎日やっていて、

実際、とても過ごしやすかったです。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の101話はこちら。娘、2歳3〜4ヶ月頃↓たまに『2人目を欲しいと思えたのはどうしてですか…?』『不安はありませんでしたか?』というご質問を頂きます。『欲しい
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の101話はこちら


娘、2歳3〜4ヶ月頃↓
IMG_8059
IMG_8060

たまに

『2人目を欲しいと思えたのは
どうしてですか…?』

『不安はありませんでしたか?』

というご質問を頂きます。


『欲しい』と思えたのは、多分、

【普通に元気だったから】
だと思います。


『不安』は、うつ病だからじゃなくて、
人並みにはあったと思います。


「私1人で2人も子ども連れて
スーパー行けるかなぁ〜」みたいな。


でも、『不安』よりも
『楽しみ』が勝っていました。




『先のことを考えて不安になる傾向』は、
うつ病になりやすい人に
多いなぁと感じます。


考えて不安になる人は、
『行動』が足りないそうです。


行動してみたら
案外大したことなかったな、

考え過ぎだったな、

と思うようなことってありませんか?


私はたまにあります。



人間、
分からないことや理解出来ないこと、
予測不可能なものには
『不安』や『恐怖』を抱きます。


しかし、
誰かに話したり、行動することで
『不安』は和らぎます。


不安を溜め込んでいる人は、

そのことを誰かに話したり、
思い切って行動してみては
いかがでしょうか?


「ずっと考えてたのに解決してた。
早く行動すれば良かった!」とか、

「ずっと悩んでたのに
相手はなんとも思ってなかった。
悩んで損した。」

ってこともあるかもしれません。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の100話はこちら。ずーっと無症状で普通に過ごせていたので、2人目が欲しいと思って、先生に相談しました。そうしたら、漫画のような回答でした。 出来れば、『
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の100話はこちら


IMG_8013
IMG_8014

ずーっと無症状で
普通に過ごせていたので、

2人目が欲しいと思って、
先生に相談しました。


そうしたら、
漫画のような回答でした。 


出来れば、
『最初にうつになった時みたいに、
通院や抗うつ薬とサヨナラしたかった』
と言うのが本音でした。



しかし、


【うつ病になったことない人でも、
産後はうつ病になりやすい】
ということを知っていたのもあり、

先生が「最低量でも内服していた方が良い」
と言うので、それに従いました。



薬を飲んで、お腹の赤ちゃんに
影響無いのか心配でしたが、
【催奇性はない。妊娠可能】と
言われていたので、
それを信じることにしました。



のちに、
「先生の言う通りにしていて良かった」
と思う出来事があります。


それは…


…続きます。







↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の99話はこちら。娘も2歳過ぎになり、イヤイヤ期もあったけど、意思疎通が出来るようになってきて、0〜1歳の頃よりは気持ちに余裕が出てきていました。(2〜3歳も
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の99話はこちら


IMG_8027
IMG_8028

娘も2歳過ぎになり、
イヤイヤ期もあったけど、

意思疎通が出来るようになってきて、
0〜1歳の頃よりは
気持ちに余裕が出てきていました。

(2〜3歳も十分大変なんですが、
うちの娘の場合は0歳が究極に
大変だったです…。)



私は結婚当初、
『子どもは3人』希望していました。


うつを再発してから1年3ヶ月。


症状もなく、至って『普通』なので、
『また我が子に会いたいな』と思うのは
自然なことだったかもしれません。







↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の92話はコチラ。【動かないと、『退屈!』って思う】私の場合、それが回復したとわかる兆候です。だからと言って、すぐ笑顔になれるような状態ではありませんが
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の92話はコチラ


IMG_7606
IMG_7607


【動かないと、『退屈!』って思う】

私の場合、
それが回復したとわかる兆候です。


だからと言って、
すぐ笑顔になれるような状態では
ありませんが、
体は動かせるようになります。



久々に笑うと、
頬の筋肉が落ちていたみたいで、
頬が痛みます…(笑)

うつ病になって初めて、
頬の筋肉に痛みを感じるという
経験をしました…(笑)




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の85話はコチラ。寝室で1人でゆっくりさせてもらうことに。子どもを授かることは嬉しいしとっても喜ばしいこと。妊娠中は、お腹にいる我が子を感じれて、とても幸
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の85話はコチラ


寝室で1人でゆっくりさせてもらうことに。
IMG_7422
IMG_7423


子どもを授かることは嬉しいし
とっても喜ばしいこと。

妊娠中は、お腹にいる我が子を感じれて、
とても幸せでした。


しかし、そんな綺麗事ばかりではありません。


妊娠中は辛いこともありました。


まずは『つわり』。

毎日毎日24時間半端なく気持ち悪い。
いつまで続くのか分からない不安。

上の子がいると
ゆっくり休んでもいられないので、
それも大変でした。


そしてお腹が大きくなるにつれ
酷くなる『腰痛』。


ふとした瞬間グキッとなるので、
お腹が大きい後期は
恐る恐る動いていました。


そして、
我が身ひとつの時とは違って
自由に寝返りもうてないので、
深く眠れなかったです。


そして出産してからも
添い寝しながら頻回な授乳。


『布団で一人でリラックスして寝たのは、
いつが最後だっただろうか?』

と思うくらい久々に感じました。

(実際久々だったと思います。)




こういうマイナス面を言うと、

『子どもを欲しいと思ったのは自分でしょ?』
『母親になる資格なし。』

と言う方々もいらっしゃると思います。



確かに妊娠中は
こんな辛いこともあったけど…

あぁ大変だったなって思ったけど…

数年経つと忘れちゃうんですよね。

(↑タップすると痛かった時の話に飛びます。)

(私の場合、まさに2人目分娩中の時に、
「ああそうだこんな痛みだったー!」
って思い出しました(笑))



そして何より、
『自分の子ども』という
かけがえのない存在に出会えた。



マイナス面を話したからって、
『全てを否定しているわけじゃないこと』
分かって貰えたらなぁと思います。


色々大変だったけど、
今、私の目の前には
『幸せ』があります。

それは確かな事実だから。




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



19日にホリカンさん、20日にkotetsuさんがご自身のブログで紹介して下さいました!お2人にいじってもらえて感激です!(笑)ありがとうございました!*****************************ツワリ編第5話です。リバース率0%だった食べ物は…?ツワリの時に食べれるものは人それぞれか
19日にホリカンさん、20日にkotetsuさん
ご自身のブログで紹介して下さいました!

お2人にいじってもらえて感激です!(笑)
ありがとうございました!

*****************************

ツワリ編第5話です。

リバース率0%だった食べ物は…?


ツワリの時に食べれるものは人それぞれかと思いますが、
私の場合はプチトマトとミカンの缶詰でした。

妊娠判明したのは6月で、真夏のツワリだったので
冷たくてサッパリしたものが相性良かったみたいです。

*******************************
実は一コマ目の雑誌のページに
yuzusimiさんをコッソリ描きました。
(小さくてすみません

yuzusimiさんのブログ
「ボロ母ちゃんの日々育児」

以前、応援記事を書いてくださいました!
(その時のイラストはこちら↓)


プロの漫画家さんなだけあって、
絵がとーってもお上手です!さすが!

ゆうちゃんとの日々もとても面白いです!
ぜひご覧ください

********************************

ねこおやじさんコメントありがとうございます!
まさか超有名ブロガーのねこおやじさんにも
コメントを頂けるとは…!

涙感激雨嵐…!・°・(ノД`)・°・
素敵なコメントをありがとうございます!

ホリカンさんもkotetsuさん、
最高ですよねっ!

私もいつもあのお2人のブログと、
ねこおやじさんのブログで
大笑いさせてもらってます!

私も皆さんの様に面白いブログが描けたらなぁ…。
尊敬しておりますっ!

***************************


19日にホリカンさん、20日にkotetsuさんがご自身のブログで紹介して下さいました!公式トップブロガーのお2人に紹介していただけて恐縮ですっ!ありがとうございました!一昨日も昨日も読者登録して下さる方がいつもより多かったので、「どうしてかな?アメトピにまた載せて
19日にホリカンさん、
20日にkotetsuさん
ご自身のブログで
紹介して下さいました!

公式トップブロガーのお2人に
紹介していただけて恐縮ですっ!

ありがとうございました!

一昨日も昨日も読者登録して下さる方が
いつもより多かったので、
「どうしてかな?アメトピにまた載せてもらえたのかな?」
と思ったけれども探しても出てこなかったので…

公式トップブロガーお2人の注目度の高さ、
影響力の大きさを実感しました!

お2人のブログはどこを見ても
素晴らしいセンスの塊で…尊敬してますっ

ありがとうございましたっ
*************************

私のツワリは妊娠5週
(ゲップ悪阻と食べ悪阻)
から始まりました。




大した笑いもオチもなくすみません


食べヅワリだけと思っていたら、
ラーメン食べて気持ち悪くなって吐きました。
(吐きヅワリの始まりでした。)

それ以降は、
ラーメンを食べると吐きそうな気がして
一切食べれませんでした。

カップ春雨?とかも試したのですが、
「お湯を入れて〇分!」とかいう
インスタント系はことごとくダメでした。

(手軽に出来て便利なのに…)

悪阻中の食べ物の選択は、
「何を食べたら気持ち悪くならない(吐かない)か?」
ということを基準に考えないといけなくなりました

そうやって選択していく中で、
リバース率0パーセントの食べ物が
見つかりました…!

それは…!

続きます(笑)
******************************

前回のコメント欄に関しての記事に
コメントを下さった皆様、

お優しいコメントをありがとうございました!


あ!SAKURAさん!初コメありがとうございます!(*^▽^*)
私も以前からコソコソと(笑)ブログ拝見してました!
最近は「漫画にしてみた」の方でも活躍されていて
凄いですね!これからも応援しています!о(ж>▽<)y ☆

*******************************


ドラマは、ツワリのシーンをもっとリアルに演出すべきだ…!…と思いました(笑)娘の時も息子の時も、1日中気持ち悪かったです。気持ち悪くて眠れなくて、夜中起きて吐いたり…食べヅワリで気持ち悪い時は何かつまんだりしてました。(でも食べたからってそこまで楽にならない





ドラマは、ツワリのシーンをもっとリアルに演出すべきだ…!

…と思いました(笑)


娘の時も息子の時も、1日中気持ち悪かったです。

気持ち悪くて眠れなくて、夜中起きて吐いたり…

食べヅワリで気持ち悪い時は何かつまんだりしてました。
(でも食べたからってそこまで楽にならない。)


当時は小さなクリニックの外来で
午前中だけなんとか働いていました。


仕事が終わって帰宅してから、
掃除したくても出来ず、
散らかった部屋を見て
「なんで家事出来ないんだ…。
私は怠け者なのか…?弱いのか?」と
自己嫌悪に陥ったりしました…。



約2ヶ月半苦しみましたが、
ツワリがなくなってからは
家事を普通に出来るようになった
ので
ツワリのせいで家事出来なかったんだな。
私が弱いせいじゃなかった。」と思いました



主人には何度か
「そんなの気合いだ!」と言われましたが…

ただの二日酔いと一緒にすんじゃねー!


って今なら思えます(笑)



そーいえば以前テレビで、
「オーラの泉」でおなじみの江原さんが
ツワリがあるのは、お腹の子とお母さんのオーラが違うから。
って言っていました。

オーラが同じあるいは似ている=ツワリ無い・軽い
オーラが違う=ツワリがある

ってことらしいです。


もしそうだったとしたら…

うちの場合は当てはまるかもなぁって思いました。

私は引っ込み思案で内向的な子供だったと母から言われますが、
今の娘と息子を見る限り、引っ込み思案ではなさそうです(笑)


マタニティ期のことを描いていきたいなぁと思います☆「つわり編」スタートです☆トイレにあんなにお世話になった時期は後にも先にもあのツワリの時しかないなぁ…。私は「食べ悪阻」「吐き悪阻」「ゲップ悪阻」「眠気悪阻」を経験しました。毎日1日中船酔い状態でキツかっ

マタニティ期のことを描いていきたいなぁと思います☆


「つわり編」スタートです☆


トイレにあんなにお世話になった時期は
後にも先にもあのツワリの時しかないなぁ…。


私は「食べ悪阻」「吐き悪阻」
「ゲップ悪阻」「眠気悪阻」を経験しました。

毎日1日中船酔い状態でキツかったなぁ…。

でも体重は減りませんでした(;^_^A


今後はもう少し、一つ一つの事柄を詳しく
4コマにしていきたいと思います。