わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:出産

はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の107話はこちら。そろそろ『まとめ』に入ります!109話ヘ続きます。↓その他のエピソードはこちら。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。看護学生時代の話↓
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の107話はこちら

IMG_8197
IMG_8198




そろそろ『まとめ』に入ります!

109話ヘ続きます。



↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の106話はこちら。本当だったけど、その時にちゃんと対応すれば大丈夫です。不安に思う必要はありません。当時はジェイゾロフトを飲んでいて、先生の指示通り、10
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の106話はこちら


IMG_8192
IMG_8193

本当だったけど、その時に
ちゃんと対応すれば大丈夫です。

不安に思う必要はありません。


当時はジェイゾロフトを飲んでいて、
先生の指示通り、100ミリを上限に、
25ミリずつ増やしていきました。


ミルク育児だったので、
気にせず飲めて助かりました。


(そもそも授乳しないでと
言われていたので、
母乳分泌を抑える薬を
産婦人科で1錠処方してもらい、
授乳してませんでした。)








↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の105話はこちら。無事退院!里帰り中の実家で過ごしていた時のこと。その前に何かがあったわけではないのに、涙がポロポロ流れてきました。これはもう、自分で止
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の105話はこちら



無事退院!
里帰り中の実家で過ごしていた時のこと。
IMG_8166
IMG_8167


その前に何かがあったわけではないのに、
涙がポロポロ流れてきました。


これはもう、
自分で止める事は出来ないと思いました。


そう思った私が、
次にとった行動とは…?




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の104話はこちら。意識的に自分を落ち着かせて、治る時もあります。(私の場合、気にしないようにすれば大概治ります。なので気にしすぎなんだろうなと思います。
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の104話はこちら


IMG_8140
IMG_8141


意識的に自分を落ち着かせて、
治る時もあります。

(私の場合、
気にしないようにすれば大概治ります。
なので気にしすぎなんだろうなと思います。
どうしようもない時は頓服に頼ります。)


しかしこの数日後、
自分ではどうしようもない
症状が出てしまいます…。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の103話はこちら。うつ病には、『自分の考え方や環境を変えて改善出来る部分』と『自分では改善出来ない病態的な部分』があると私は思っていて、(根拠はありませ
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の103話はこちら


IMG_8114
IMG_8115


うつ病には、

『自分の考え方や
環境を変えて改善出来る部分』

『自分では改善出来ない病態的な部分』

があると私は思っていて、

(根拠はありません。
自分の体感的にそう思う。)


この時のは、
『病態的にどうしようも出来ない部分』
だったと思っています。

(身体的な病気と同じで、
感染したら発熱するのと同じようなもの
だったと思っています。)


この時は不安や心配ごとを
考えていたわけではなくて…。

ベッドに横になっていた時に
ゾワゾワゾワっと頭から
電流が流れるような感覚が
起こりました。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の92話はコチラ。【動かないと、『退屈!』って思う】私の場合、それが回復したとわかる兆候です。だからと言って、すぐ笑顔になれるような状態ではありませんが
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の92話はコチラ


IMG_7606
IMG_7607


【動かないと、『退屈!』って思う】

私の場合、
それが回復したとわかる兆候です。


だからと言って、
すぐ笑顔になれるような状態では
ありませんが、
体は動かせるようになります。



久々に笑うと、
頬の筋肉が落ちていたみたいで、
頬が痛みます…(笑)

うつ病になって初めて、
頬の筋肉に痛みを感じるという
経験をしました…(笑)




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の85話はコチラ。寝室で1人でゆっくりさせてもらうことに。子どもを授かることは嬉しいしとっても喜ばしいこと。妊娠中は、お腹にいる我が子を感じれて、とても幸
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の85話はコチラ


寝室で1人でゆっくりさせてもらうことに。
IMG_7422
IMG_7423


子どもを授かることは嬉しいし
とっても喜ばしいこと。

妊娠中は、お腹にいる我が子を感じれて、
とても幸せでした。


しかし、そんな綺麗事ばかりではありません。


妊娠中は辛いこともありました。


まずは『つわり』。

毎日毎日24時間半端なく気持ち悪い。
いつまで続くのか分からない不安。

上の子がいると
ゆっくり休んでもいられないので、
それも大変でした。


そしてお腹が大きくなるにつれ
酷くなる『腰痛』。


ふとした瞬間グキッとなるので、
お腹が大きい後期は
恐る恐る動いていました。


そして、
我が身ひとつの時とは違って
自由に寝返りもうてないので、
深く眠れなかったです。


そして出産してからも
添い寝しながら頻回な授乳。


『布団で一人でリラックスして寝たのは、
いつが最後だっただろうか?』

と思うくらい久々に感じました。

(実際久々だったと思います。)




こういうマイナス面を言うと、

『子どもを欲しいと思ったのは自分でしょ?』
『母親になる資格なし。』

と言う方々もいらっしゃると思います。



確かに妊娠中は
こんな辛いこともあったけど…

あぁ大変だったなって思ったけど…

数年経つと忘れちゃうんですよね。

(↑タップすると痛かった時の話に飛びます。)

(私の場合、まさに2人目分娩中の時に、
「ああそうだこんな痛みだったー!」
って思い出しました(笑))



そして何より、
『自分の子ども』という
かけがえのない存在に出会えた。



マイナス面を話したからって、
『全てを否定しているわけじゃないこと』
分かって貰えたらなぁと思います。


色々大変だったけど、
今、私の目の前には
『幸せ』があります。

それは確かな事実だから。




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



娘はずっと保育器の中で、ろくに抱っこも出来ませんでした…。授乳も直母が上手くいかず…「親子として、スタートラインにも立てていない。」「このままどうなるんだろう…」という不安が募りました。私は「迷惑をかけてしまうんじゃないか」と色々考えてしまうタイプで、そ
IMG_2886
IMG_2887
娘はずっと保育器の中で、
ろくに抱っこも出来ませんでした…。


授乳も直母が上手くいかず…


「親子として、
スタートラインにも
立てていない。」

「このままどうなるんだろう…」

という不安が募りました。




私は
「迷惑をかけてしまうんじゃないか」
と色々考えてしまうタイプで、

その時は、
「病院に居続ければ入院費がかさむ…」
「退院すれば、車の都合で家族を困らせてしまう…」
「娘と早く一緒にいたい」
「娘と一緒に退院したいのに…」
という想いで、急に感情が高ぶって、

ベッドの上で1人、
涙を流していました。



今思えば、

「これから娘とはいくらでも
一緒に居られるのに」

「入院費がかさむのは仕方ないことだし、
車の都合だって、家族がつけてくれるに
決まってるじゃない!」

…と思えるのですが、

当時は色々とナイーブになっていたのか、
そんな風に思えませんでしたf^_^;



※当時の様子を別角度で描いた漫画はコチラ
(第一子出産編です)




前シリーズの【うつ病編はコチラ】序章です。産後1年はとにかく大変でした。授乳がうまくいかない。睡眠が細切れ。ワンオペ育児。娘の先天性心疾患。乳児を連れてお引越し。交通事故で骨折。リハビリ通院。その上、手を抜くということを知らなかった、人に頼ることが出来なか
前シリーズの【うつ病編はコチラ

序章です。

IMG_0495
IMG_0496

産後1年はとにかく大変でした。


授乳がうまくいかない。
睡眠が細切れ。
ワンオペ育児。
娘の先天性心疾患。
乳児を連れてお引越し。
交通事故で骨折。
リハビリ通院。


その上、
手を抜くということを知らなかった、
人に頼ることが出来なかった為に、
全部一人で背負いこんで…

ついに倒れてしまいました。


その時のうつ病体験を
詳しく描いていこうかなと思います。



今までの【うつ病体験記】も、

「この漫画に出会えて、
心療内科に行く決心がつきました」

「自分だけじゃないんだと分かって
救われました。」

「今の職場から新しい職場へ行く
決意が出来ました!」

というご感想や反響を頂いています。


頑張って描いて良かったと思えました。

こちらこそ、読んで下さりありがとうございます。



第1子出産編から産後編に突入☆産後初のトイレを終え、歩いて新生児室へ。出産してすぐ、娘は保育器収容になったので、産後7時間くらいに新生児室に会いに行きました。我が子の顔を見れば、ドラマのように「間違いない!私の子だわ…!」と感動の対面が出来ると思いきや…そ
第1子出産編から産後編に突入☆

産後初のトイレを終え、
歩いて新生児室へ。





出産してすぐ、娘は保育器収容になったので、

産後7時間くらいに新生児室に会いに行きました。


我が子の顔を見れば、

ドラマのように
「間違いない!私の子だわ…!」と
感動の対面が出来ると思いきや…

そんなことはなく(笑)


「え?この子が私のお腹にいたの?…本当?」

って感じでした。(^_^;)


ちなみに生まれたての娘は
ガッツ石松さん派なお顔でした(笑)



第1子出産編から産後編に突入☆ 産後初のトイレを終え、 歩いて新生児室へ。 日勤の看護師さんが私を見て一言… のちにこの産婦さんと 授乳・調乳室でお会いするのですが、 その時に「微弱陣痛が長くて、 お産に体力を消耗しきったから丸一日寝込んでた」 …と聞きました。

第1子出産編から産後編に突入☆


産後初のトイレを終え、
歩いて新生児室へ。

日勤の看護師さんが私を見て一言…


のちにこの産婦さんと
授乳・調乳室でお会いするのですが、

その時に「微弱陣痛が長くて、
お産に体力を消耗しきったから丸一日寝込んでた」
…と聞きました。


産後の動き出しも人それぞれですね☆



5話へ続きます



第1子出産編から産後編に突入☆ 産後初のトイレを済ませて 付き添いで待ってくれていた 助産師さんの元へ… 助産師さんに痛かったことを話したら、 「うんうん、みんな最初のトイレは痛いらしいよー」と 共感してもらえるのかなーと思ったら 「…え?そうなの?」って感じで

第1子出産編から産後編に突入☆


産後初のトイレを済ませて
付き添いで待ってくれていた
助産師さんの元へ…



助産師さんに痛かったことを話したら、

「うんうん、みんな最初のトイレは痛いらしいよー」と
共感してもらえるのかなーと思ったら

「…え?そうなの?」って感じでした(笑)


この後、産後でグラグラな骨盤に手を添えながら
ゆっくり歩いて娘に会いに行きました。


4話へ続きます





第1子出産編から産後編に突入☆ 産後初のトイレへ。 赤ちゃんを産み終わった後のお股事情…(笑) 産後初の排尿は痛かった…! 縫うほどでもないけど切れてたからそこにしみたのか? それとも産後分娩室で導尿してもらったから? その痛さは例えるならば 針のようなおしっこを

第1子出産編から産後編に突入☆


産後初のトイレへ。

赤ちゃんを産み終わった後のお股事情…(笑)



産後初の排尿は痛かった…!

縫うほどでもないけど切れてたからそこにしみたのか?
それとも産後分娩室で導尿してもらったから?

その痛さは例えるならば
針のようなおしっこを排泄する痛さ…!
(どんなんだ(;^ω^))

これ以降も排泄の度
一人トイレの中で
痛みで悶絶してました。


排泄した後、トイレットペーパーで拭いて
さらに清浄綿でキレイにしてから
産後用のナプキンをするのですが…

それを毎回、恐る恐るしてました。


でも、これから出産予定の方々、安心してください!
入院中にすっかり痛みはなくなりましたよ!
(とにかく明るい安村さん風で読んでください(笑)↑)

人間の回復力ってすごいです。

…あ、でも入院中といっても、
娘が小児科入院になっていたので
私の場合約10日間病院にいました。

(娘の体重が出生体重を超えてから
退院しようという話になっていたので。)

娘は先天性心疾患を持っていたのですが、
この時点では発覚しておりませんでした。

その話はまた後々描いていこうと思います。


 3話へ続きます。

第1子出産編から産後編に突入☆ 分娩室で2時間安静にしていたら、 助産師さんが迎えに来てくれました。頭がフラフラしてたので… お昼寝から起きてからずっと寝てないのに… 出産で大量に汗をかいて疲れて果てていたのに 娘を出産した日のお昼まで 眠れませんでした(;^_^A 興

第1子出産編から産後編に突入☆


分娩室で2時間安静にしていたら、
助産師さんが迎えに来てくれました。


頭がフラフラしてたので…


お昼寝から起きてからずっと寝てないのに…

出産で大量に汗をかいて疲れて果てていたのに

娘を出産した日のお昼まで
眠れませんでした(;^_^A


興奮状態だったのだと思います(笑)



2話へ続きます



 


↑愛用してた骨盤ベルトです。

現在は第1子出産話を思い出しながら描いています。生まれた娘は低出生体重児。胎盤が変なかたちをしていたらしい!娘の出産予定日は本当は3月6日でした。「ひな祭り辺りに生まれたりしてー♪」…なんて考えていたけれど随分早く会えました。後期母親学級に出席した時は、私よ

現在は第1子出産話を

思い出しながら
描いています。

生まれた娘は低出生体重児。
胎盤が変なかたちをしていたらしい!



娘の出産予定日は本当は3月6日でした。

「ひな祭り辺りに生まれたりしてー♪」
…なんて考えていたけれど
随分早く会えました。


後期母親学級に出席した時は、
私より予定日の早い方が多かったのですが
参加した人の中で一番早く出産し、

「もしかして同時期に入院するかも」なんて
母親学級の参加者さんと話していたけど…

誰とも入院がかぶることはありませんでした(;^_^A





↑低出生体重児の赤ちゃんにお勧めです☆

第1子出産話を思い出しながら漫画にしています。ついに赤ちゃんが生まれた!胎盤の処理をしてもらったら…妊娠初期~中期は「1週間分くらい大きめかな」と言われていたのですが、後期になり里帰り先の病院を受診すると「あれ?赤ちゃん小さめ?」と言われ始め…体重の増えが

第1子出産話を思い出しながら

漫画にしています。


ついに赤ちゃんが生まれた!

胎盤の処理をしてもらったら…



妊娠初期~中期は
「1週間分くらい大きめかな」
と言われていたのですが、

後期になり里帰り先の病院を受診すると
「あれ?赤ちゃん小さめ?」と言われ始め…

体重の増えがいまいちになったようでした。


「予定日までお腹にいて2500g超えてくれたら…!」
と思っていましたが、正産期早々に生まれてしまいました。


生まれた娘は2312gで非常に小さかったです。
(生理的体重減少で1900gまで減りました。)
授乳もかなり苦労しました(;^_^A


正産期と言っても
あと3日早ければ早産だったし、
低出生体重児ということで
黄疸や低血糖のリスクも高いので
娘はすぐ保育器管理になりました。


16話へ続きます


普通の新生児用のオムツも
ブカブカなくらい小さかったので
入院中に通販でこのオムツを買いました↓

近くのドラッグストアにも置いてなかったので複数個買いました!



第1子出産話を思い出しながら4コマ漫画にしています。前回の続きです。やっと赤ちゃんが生まれた!主人には分娩室に入る時に母に連絡してもらっていました。その電話を受けて主人は「明け方に生まれるんかなぁ」と予想して、仕事の疲れもあり、すぐ寝たそうです。私が頑張

第1子出産話を思い出しながら

4コマ漫画にしています。

前回の続きです。

やっと赤ちゃんが生まれた!


主人には分娩室に入る時に
母に連絡してもらっていました。


その電話を受けて主人は

「明け方に生まれるんかなぁ」と予想して、
仕事の疲れもあり、すぐ寝たそうです。

私が頑張ってる間、寝てたんか…(笑)

(…ま、まぁ仕方ないですよね、
お仕事でヘトヘトだったらしいし
翌日も仕事だから。)


そしたら約1時間で「生まれたよ!」と連絡が来たので、
正直「え!?もう!?」と驚いたそうです(笑)



初産で所要時間がこれくらいだと早い方だそうで、
「展開速かったねー!」と言われました。


15話へ続きます





↑妊娠中はトコちゃんベルト2のお世話になってました☆
腰痛のある妊婦さんにお勧めです☆