わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:仕事

↑前回の記事はこちら!紙に書き出して頭の中を整理しないと忘れてしまいそうなくらい、最近は色々やらなければならないことがありました。(現在進行形です。)大した用事ではないのですが、地味に労力も時間もかかります。そして外見では大変さが分からないものが多いです
↑前回の記事はこちら!


image
image


紙に書き出して頭の中を整理しないと
忘れてしまいそうなくらい、
最近は色々やらなければならないことが
ありました。(現在進行形です。)


大した用事ではないのですが、
地味に労力も時間もかかります。


そして外見では
大変さが分からないものが多いです。


『主婦業(母親業)って、
そういうものが多いよなぁ』って
ふと思いました。


感謝されたいわけではないけれど…。

ふと、そう思いました。




皆様も毎日お疲れ様です^_^



【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら




↑前回の記事はこちら。私が見聞きして「不思議だなぁ…」と思ったことは①主治医の言うことを信用しない。だけど非医療者である友人知人のことは信用する。②精神科の薬に依存したくない。だけどタバコやアルコールには依存している。という状況です。色々悩み過ぎて、考え
↑前回の記事はこちら。



image
image
image
image

私が見聞きして「不思議だなぁ…」と
思ったことは


①主治医の言うことを信用しない。
だけど非医療者である友人知人のことは信用する。

②精神科の薬に依存したくない。
だけどタバコやアルコールには依存している。


という状況です。



色々悩み過ぎて、考え過ぎて、
何をどう信用したらいいのか
判断が出来ない状態になっているのか…

うつ病が悪化していて
認知能力が低下してしまっているのかなぁ
と思いました。



心身の不調を感じたら、
シンプルに考えると、


①体調が優れないなどの異変を感じたら
病院を受診。

②診断を受け、処方薬を飲む。

③定期受診。

④快方に向かったら減薬。

⑤回復。通院終了。


という流れになると思います。



私のように2回以上うつ病を繰り返している
反復性だと
何十年単位の通院になってしまいますが、
単一性ならば、回復して通院卒業出来ることも
あるそうですよ。


うつ病は『心の風邪』『心の病』と
例えられますが、【脳の病気】です。


ハーブやサプリなどは
リラックス効果などあると言われていますが、
病気そのものを治す効果はないと思います。


ご自分の心身の不調に目を逸らさず、
民間療法でなく、【認められた医療】を
きちんと受けて欲しいなと思います。





【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら。仕事に行きたくないなぁって思うこと、誰にでもありますよね?私も現役の頃はしょっちゅう思ってました。あまりにも忙し過ぎて。でもいざ出勤したら、目の前にある仕事をキッチリ手早くやることに集中してました。そして仕事の後に楽しみがあると、そ
↑前回の記事はこちら。



image
image
image


仕事に行きたくないなぁって思うこと、
誰にでもありますよね?


私も現役の頃はしょっちゅう
思ってました。

あまりにも忙し過ぎて。


でもいざ出勤したら、
目の前にある仕事をキッチリ
手早くやることに集中してました。


そして仕事の後に楽しみがあると、
それを目指して頑張ることが出来ました。


仕事後に同僚とご飯に行ったりとかも
楽しかったなぁ…(^ ^)



皆さんは、仕事に行きたくない時
どんな風に対処していますか?




【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↑前回の記事はこちら!自分以外の誰か(他人)に期待するのは、『自分の思うように動いてほしい』ということであって、押し付けになっている場合があります。どんなに伝えてもわかり合えない人も世の中にはいると思います…。もちろん家族だとしても…。(悲しいことですが

↑前回の記事はこちら!


image
image
image
image


自分以外の誰か(他人)に期待するのは、

『自分の思うように動いてほしい』という
ことであって、

押し付けになっている場合があります。


どんなに伝えてもわかり合えない人も世の中にはいると思います…。
もちろん家族だとしても…。(悲しいことですが。)


期待をし続けることは辛いことだと思います。


なので、その『期待』を手放してみると、
辛い気持ちが軽減されるかもしれません。


ただ、『期待を手放す』といっても、
相手に「もうアナタには期待しない」
「失望した」ということは言わないで下さい。


以前、私自身言われた経験があるのですが、
「そっちが勝手に期待しといてなんなんだ」
という不快な気持ちになりました。


『期待』は、静かに自分の中で切り離して下さい。



そして、家族じゃなくても、
自分を理解してくれる人は世の中に
きっと沢山いると思います。


そんな人が見つかると良いですね(*^-^*)


(診察時、同席してもらったことの
無い私からしたら、
年2回も同席してくれるんだ!という
感覚ですが…(o^^o))



【↓読者登録してね】


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の記事はこちら!フォロワーさんから頂いたメッセージの中に…私も、他人の言葉や素振りで感情を感じ取って、「避けられてる?嫌われてるかも…」「使えない奴だと思われてるかも…」と、脳内が負のループに陥ることがあります。しかし、いつからか私は、『言われてな
↑前回の記事はこちら!


フォロワーさんから頂いたメッセージの中に…
image
image
image
image




私も、他人の言葉や素振りで感情を感じ取って、

「避けられてる?嫌われてるかも…」
「使えない奴だと思われてるかも…」と、

脳内が負のループに陥ることがあります。



しかし、いつからか私は、

『言われてないなら気のせい!』

『言われてないことは気にしない!』

と考えるようにしました。



確証のないことで悩む時間が
もったいないです。



自分の感じ方や受け止め方が
間違っている場合もあります。

相手に確認したら、
「そんなつもりじゃなかった」
ということもあります。





脳内で考え込んじゃうのは
元々の性格もあると思うので
なかなか直せないと思いますが…


ふと、
『ハッ!言われてもないことで
また負のループに入ってる!』と
気付けるようになった分、私は
良い方向に少しだけ変われたかなと思います。



せっかくだから、脳内は

楽しいこと、幸せなこと、
ホッと落ち着けることでいっぱいに
していたいですね(^ ^)




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の漫画はこちらです!色々見えたり感じちゃったりするので、頭の中でグルグル考え過ぎちゃう傾向にあると思います。そして『周囲の人の為に自分がどう立ち回れば良いのか』を考えがちだと思います。でも、『周囲の人の為』ではなく、『自分の為』に正直になりましょう
↑前回の漫画はこちらです!


image
image

色々見えたり感じちゃったりするので、
頭の中でグルグル考え過ぎちゃう傾向に
あると思います。


そして『周囲の人の為に自分が
どう立ち回れば良いのか』を
考えがちだと思います。


でも、
『周囲の人の為』ではなく、
『自分の為』に正直になりましょう!
image
image
仕事はチームワークや
報(告)連(絡)相(談)が大事ですし。

1人で悩まずに、その悩みを
周囲に投げてみるのも良いかと思います。

(協力してくれるかもしれません。)


仕事以外にも、
恋人や配偶者(パートナー)に対して
遠慮して言いたいことを言えなかったり、
自分が我慢すれば良いと思って
なにも伝えなかったら…

きっとそのうち、
体調を崩してしまうと思います。


相手を傷つけないように言葉を選びながら…
『私はこう思っている』ということくらいは
伝えて良いのではないかと思います。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

はじめましての方は→コチラ。春休み夏休み冬休み、どうしてもブログ更新が滞ってしまいます…なぜなら子どもたちがいるので何時間も放ったらかしには出来ないし、喧嘩されれば集中出来ないし…。(喧嘩されると頭が痛い…)ペンが進みません(T_T)辛い。(お子さんがいても更
はじめましての方は→コチラ


春休み夏休み冬休み、
どうしてもブログ更新が
滞ってしまいます…

なぜなら
FullSizeRender
子どもたちがいるので何時間も
放ったらかしには出来ないし、

喧嘩されれば集中出来ないし…。

(喧嘩されると頭が痛い…)



ペンが進みません(T_T)辛い。


(お子さんがいても更新続けている方々、
本当にすごいです…!)


なので
更新が滞っていてすみません。


2学期に入ったら
更新し続けられるよう
頑張りますので
よろしくお願いします(>_<)



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の115話はこちら。【産後にうつ再発編】も終わり…「さて次は何を描こう」と考えたところ…ここ1〜2年更新しながら、ブログの内容に関して色々悩み、考えていまし
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の115話はこちら



【産後にうつ再発編】も終わり…
「さて次は何を描こう」と考えたところ…
IMG_8542
IMG_8543
ここ1〜2年更新しながら、
ブログの内容に関して色々悩み、
考えていました。


素人ユーザーとしてブログを書き始め、
色んな方々に出会い、支えられ、
たくさんの方々に読んで頂けるようにまで
成長することが出来ました。


しかし、ネットに無知だった為、
色々な失敗もしてきました。


ネット界隈の常識や礼儀、
使い方を体当たりで覚えていく性質な為、
知らず知らずのうちに人様に不快な思いを
させた事もあったかもしれません。


失敗を積み重ね、
今自分のブログを振り返って見ると

「手直しして公開したいな」

「昔の私は公開したけれど、
今だったら非公開にするかな」

という記事がチラホラありました。


なので、そのような記事を
秋のリニューアルの時に
たくさん取り下げ(削除し)ました。



そして現在、
ブログの土台を一から組み直していこうと
思っています。


またリニューアルするかもしれません。


イメージが固まるまでブレブレな
ブログになりそうですが、
温かく見守って頂けたら嬉しいです。



仲 恵麻







▶︎113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)


↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方はコチラ!1年以上前の話です。ある日、なんとなくテレビを見ていたら…学生の頃トークアプリがなかったので、『トークアプリでそんな問題が起きるの?…そうか。時代が変われば、残念だけどそういうことも起きるよね…』と、自分の学生時代との違いを感じま
はじめましての方はコチラ


1年以上前の話です。

ある日、なんとなく
テレビを見ていたら…

IMG_0688
IMG_0689


学生の頃
トークアプリがなかったので、

『トークアプリでそんな問題が起きるの?
…そうか。
時代が変われば、
残念だけどそういうことも起きるよね…』

と、自分の学生時代との違いを
感じました。


…でも、トークアプリで
仲間外れにされてるって、

誰かが教えないと気付かないですよね。


IMG_0692
って誰かが告げ口とか忠告をしない限り、
グループトーク内で悪口言われてるなんて、
本人の知る由もないことですよね。


100歩譲って悪口を言うのはいいとして、

それを本人に「こう言われてたよ!」と
教えるのはどうなんだろう…
と個人的には思います。

(本人が尋ねてきたのならまだしも。)



本人に言う人は、
「本人が気付いてないから教えてあげた」
「その子の為を思って言った」
のかもしれませんが、

聞かされた本人にしてみれば
「知らなければ良かった」
「知りたくなかった」
ことだと思うのです。



そして、
批判的なこと・否定的なことを
相手に伝えるのであれば、
【誰がそれを相手に伝えるのか】
【トークアプリ内で話すべき事柄か】
【直接or間接的に伝える事柄か】
ということがポイントになると思うのです。


言葉は、受け取る側によっては
鋭利な刃物にもなります。

E1C0A109-0125-4F6C-8360-632B95B8A0C9

メラビアンの法則によると

・言語的情報…7パーセント
・聴覚的情報…38パーセント
・視覚的情報…55パーセント

と言われていて、

言葉(文字)だけでは
7パーセントしか伝わらないそうです。



それを元に考えると、
トークアプリ内で
否定的・批判的なことを
相手の為を思って言ったとしても、

それが伝わらない確率が
高いと思われます。


IMG_0693
逆に傷付けて、相手を再起不能に
してしまうかもしれません。

(連絡事項や報告なら
大丈夫かもしれません。

しかし文字だけのやりとりでは、
デリケートな話題だと
すれ違いが起きる可能性の方が
高いと思います。)

IMG_0690

トークアプリやスマホは、
【コミュニケーションの補助】として
使うのが望ましいと思います。



感謝やお礼、楽しかった、
嬉しかったというプラスな気持ちの
メッセージなら、基本的に
問題ないとは思うのですが…


大事なこと(デリケートなこと)は、

スマホや携帯がなかった時代と変わらず、

どんなに時代が変わったとしても、


直接会って話す
のが望ましいと私は思います。


面と向かって話せば、
身振り手振りや表情で
気持ちが伝わりやすいと思います。

(悪意があって悪口・否定・批判
をしてくる場合は除く。)


※しかしそもそも、
他人というのはその人なりの考え
(自分と違う考え)を
持っているものなので、
自分や周囲と違うからと言って、
否定や批判をすべきではないと
個人的には思います。




そういえば… 

昨今は、会社を「休む」という
連絡をLINEやメールでする
こともあるようです。

職場でそれが許されているのなら
良いと思うのですが、

そうでない場合は
「非常識だ!」となってしまうので、
確認が必要だなと思います。



トークアプリやスマホには、
なんの落ち度もありません。


とても便利なものだから、
みんなが気持ちよく使えたら
良いですよね。


トラブルにならないよう、
自分がわかる範囲で、

子供たちに使い方を
教えなくてはいけないな…
と改めて考えさせられました。