わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:人生の転機

うつ病編に永らくお付き合い下さいまして本当にありがとうございました現実問題として、経済的な理由、家庭的な理由で他の選択肢が少ない場合もあると思います。私の場合は結婚していたからパートナーに助けて貰えましたが、独身だったら…。独身だったら、休職して、傷病手


うつ病編に

永らくお付き合い下さいまして

本当にありがとうございました


現実問題として、

経済的な理由、家庭的な理由で

他の選択肢が少ない場合もあると思います。


私の場合は結婚していたから

パートナーに助けて貰えましたが、

独身だったら…。


独身だったら、休職して、

傷病手当を貰って食い繋いでいたかも…。

もしくは退職して、

実家に身を寄せていたかもしれません。


これも、

戻れる実家があるからこそ出来ることで、

実家がなければ他にどんな選択肢が

あったのだろうか…と思います。


こういう時

「他人に迷惑をかけたくない」

という思いで

自分の殻に閉じこもって

しまいがちなのですが…


1人で考えても

選択肢(道)を見つけられないのなら、

周りの人と一緒に道を探すこと

(人を頼ること)も必要だなと思いました。



産後にうつ再発編へ続く…。





ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image
 
 
 
 

↓ポチッとして頂けると嬉しいです音譜
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

薬を自己判断でやめる方がいますが、薬は処方された通りにきちんと飲んだ方が良いと思います。もし「やっぱり薬合わない」「効いてない」ということであれば、すぐにまた受診して、その事をドクターに伝えれば良いと思います。そうすれば、なんらかの対処をしてくれると思い


薬を自己判断でやめる方がいますが、

薬は処方された通りにきちんと

飲んだ方が良いと思います。


もし「やっぱり薬合わない」

「効いてない」ということであれば、

すぐにまた受診して、

その事をドクターに伝えれば

良いと思います。


そうすれば、なんらかの

対処をしてくれると思います。


消化器などの疾患でもそうですが、

ドクターは、患者さんが

「ちゃんと服薬していること」を

前提に治療を進めます。


「薬を自己判断で辞めた」となれば、

ドクターの考えていた治療計画の

進行具合が変わってしまいます。


今後の回復に関わることなので、

処方通りに服薬して欲しいと思います


 私も飲み忘れないよう気を付けます

(最近調子良いから忘れがち



27話へ続きます






ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image

 その職場に入って初めてわかることもあるんだと思いました。 (保育園の方々には本当に申し訳なかったのですが) デイサービスでも派遣看護師として働いたこともありますが、私はやはり点滴・注射・採血・検査の介助診察の介助などをやっている方が充実感がありました。


 

その職場に入って初めて

わかることもあるんだと思いました。

 

(保育園の方々には

本当に申し訳なかったのですが

 

デイサービスでも

派遣看護師として

働いたこともありますが、

私はやはり

点滴・注射・採血・検査の介助

診察の介助などをやっている方が

充実感がありました。

 

 

職場を選り好みするなんて、

「働けるだけ良いじゃないか。贅沢だ。」

と思う部分もあるのですが…

 

「仕事内容が自分にしっくりくる」

「仕事で充実感を得られる」

ということは、私の中で重要でした。

 

 

 うつ病から卒業したものの、

家事は全部私だったので、

負担にならないように

週5日出勤の

 

午前診+上部消化管内視鏡検査

もしくは

午前診+美容(ピーリング)

 

だけのパートでした。

 

 これくらいの仕事量が

結婚後の自分には

合っているとわかりました。



25話へ続きます

 




ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image
 
 
 
 

↓ポチッとして頂けると嬉しいです音譜
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

激務から離れ、療養を始めてから、 最初は毎日ほとんど寝て過ごしていました。 晩御飯作りしかしてなかった気がします。 少しずつ動けるようになり、主人の仕事について行ったり、式の準備に取り掛かれるようになりました。 仕事を辞めて主婦になったことで、主人の要望


激務から離れ、

療養を始めてから、

 

最初は毎日ほとんど

寝て過ごしていました。

 

晩御飯作りしか

してなかった気がします。

 

少しずつ動けるようになり、

主人の仕事について行ったり、

式の準備に取り掛かれるようになりました。

 

仕事を辞めて主婦になったことで、

主人の要望も面倒に感じなくなったので

希望に沿えるようになりました。

 

(しかし出産後、

また面倒に感じるように…

その話はまた「産後うつ編」として

描けたらなと思います。)

 

 

コノビーさんで、

この2年後にうつ病を再発して

しまった話を書いてます↓

 

なんで1人でがんばっちゃったんだろう。私が産後うつとパニック障害を発症するまで | Conobie[コノビー]

/article/7023

 

 

新婚生活にも慣れ、

薬の量も少しずつ減り、

 

職場を退職してから約1年で

内服も通院も卒業できました。

 

内服がなくなってから、

離脱症状に少し悩まされましたが

(少しフラフラしたという程度)

1~2週間で元に戻りました。

 

この時、うつ病が一度治ったのは、

単純に「最大のストレスだった仕事」を

除いたからだったと思います。

 

「本当の意味では

克服出来ていなかった」と、

産後うつになって気付きました。

 

ここから、

看護職に復帰するか

色々悩みました…。



24話へ続きます






ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image
 
 

たくさんのコメントをありがとうございます。一部のコメントだけ、こちらで返信させて頂こうと思います。コメント欄の方で返信したものもいくつかありますので、宜しければご確認下さい大勢の前で、そのように言われてさぞお辛かったですよね私も同じように自分の欠点を言わ

たくさんのコメントを

ありがとうございます


一部のコメントだけ、

こちらで返信させて

頂こうと思います。


コメント欄の方で返信したものも

いくつかありますので、

宜しければご確認下さい


{2EDB9409-363A-4105-BC44-2CF524955AA8}

大勢の前で、そのように言われて
さぞお辛かったですよね

私も同じように
自分の欠点を言われて、
腹立たしかったり、
悔しい思いをしたことがあります。

しかし、一呼吸おいて、
相手の立場に立って考えて、

「確かに自分はそういう所が
ダメなのかもしれない。」と
認めることが出来れば、

「そしたら今度から
こうすれば良いのかも
と思い直せて、
前に進める気がします。

それは、自己否定ではなく、
自分を認めるということ
ではないでしょうか



{C62560A7-A8BE-4104-BC16-011F5AD4D520}

認めるには時間がかかりますよね

のんびりしようかと思いつつ
葛藤することも、
お気持ちわかります

「うつ病になったら休むべき」と聞きますが、
休むと落ち着かないとか、
休むことが苦痛な方もいるので、
そういう場合は、ちょっと行動しても
良いのではないかと思います。

「自分のやりたいようにやる。」
「自分が過ごしたいように過ごす。」
が1番かと思います

お身体お大事になさって下さい


{40A09391-D20D-4BFF-815D-6B1536824342}
職場的に仕方ないことかもしれませんが、
「いつから復帰出来ますか」
と問い詰められると…辛いですね


{952C8784-D76C-4D9A-8FD2-9FF39086BBD0}
復帰、辛いですよね
周囲の理解がないと、特に…

{4B158C0D-E94C-4B7A-9617-4912104F26BC}
病気が死を考えさせる…
そうなんですね、
私も勉強になりました。
ありがとうございます

うちの主人も、
調べたりはしたようですが、
ほぼ触れない人です。

我関せず?みたいな(^^;;





ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 

 
 
 

↓ポチッとして頂けると嬉しいです音譜
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

この瞬間はこの時の感覚は今でも忘れません。 手が震えて止まりませんでした。 点滴に、注射器で薬を詰めるのも危ういくらい震えていました。 この時の体の不調は… 疲労感(疲れがとれない)倦怠感(体が重い)何を食べてもおいしく感じない体重減少生理不順肌荒れ …

この瞬間は

この時の感覚は
今でも忘れません。

 

手が震えて止まりませんでした。

 

点滴に、注射器で薬を詰めるのも

危ういくらい震えていました。

 

この時の体の不調は…

 

疲労感(疲れがとれない)

倦怠感(体が重い)

何を食べてもおいしく感じない

体重減少

生理不順

肌荒れ

 

…という状態でした。

 

しかしずっと不規則勤務なので、

自分の体は「こんなものだ」と思っていました。

 

この4コマの後、

うつ病編第1話の状況になります。

 

 

ついに発症してしまって、

それからどういう過程をたどって

心療内科を受診するに至ったか

…をまだ数話描きたいと思っています。



14話へ続きます

 





ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image
 
 
 
 

↓ポチッとして頂けると嬉しいです音譜
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村