わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:アニメ

録画していた【かぐや姫の物語】を観ました。子どもの頃から、絵本で簡単な内容は知っていたのですが…私が知っている内容では、「すて丸兄ちゃん達」は登場してませんでした。お爺さん(竹取の翁)は、《都へ移り住んで、立派なお屋敷に住んで、素敵な着物を着て、行く行く
録画していた
【かぐや姫の物語】を観ました。


子どもの頃から、絵本で
簡単な内容は知っていたのですが…

IMG_0484
私が知っている内容では、
「すて丸兄ちゃん達」は
登場してませんでした。


お爺さん(竹取の翁)は、

《都へ移り住んで、
立派なお屋敷に住んで、
素敵な着物を着て、
行く行くは高貴な殿方と結婚して、
幸せになって欲しい》と、

姫のことを大切に
思っていたけれど…。


「結婚」こそ【女性の幸せ】だと
強要されているようでした。


かぐや姫自身は、
それを望んでいなかったのに。


《地位や名誉もあって
お金の心配もない殿方との結婚》より、

かぐや姫は、
生まれ育った田舎に戻りたかった。


「すて丸兄ちゃん」と、共に生きたかった。



【結婚】以外にも、
【幸せ】はたくさんあると思う。

「結婚するもしないも、その人の自由だ」
と私は思っています。


しかし、昔は今よりも、
そうではなかったのかもしれない。


自由に、本当に好きな人と
一緒になれる人は、
いなかったのかもしれない。



上手く求婚者をかわしてきたかぐや姫も、
ついに帝が求婚してきて…

結婚が避けられない状況になってしまった。



そしてついに、かぐや姫は…

IMG_0483
【月に帰りたい】と願った為に、
月からの使者が迎えに来ることに。


この「月に帰る」という意味なのですが、
色んな方の考察をTwitterで見ると…

【かぐや姫の死(自殺)】を
表しているのでは…?

と言われていました。


IMG_0485
これは、もしかして本当に、
死後の世界を表しいるのかも…?


映画の中で、
「月に帰ると、[辛い]
[悲しい]など感じる事がない。」
とかぐや姫は言っていました。


みんな、【生きている】から、
[喜び]や[悲しみ]を感じる事が出来る。

でも、それがないという事は、やはり…?



…結局、満月の夜に
月の使いが迎えに来て…

IMG_0486

【死】は待ってくれない。
【死】には誰もが逆らえない。

…という表現だったのだろうか?


一度は地球を振り返ったものの、
結局月に帰っていってしまいました。


かぐや姫は、
【自分らしく、自分の思うように
生きたかった】だけなのに。

そうさせて貰えなかった。
そうすることが叶わなかった。


色々なものに恵まれいるようで、
本当にしたかったこと、
手に入れたかったものには、
恵まれていなかったのかもしれない。


周りの常識に、
逆らって生きていくことの
難しさを感じました。


1つ、親目線で見て感じたのは、

「こうすることがこの子の幸せなんだ」と
決めつけないようにしよう。

…と、いうことでした。


娘や息子の言葉に耳を傾けて、
どうしたいのか、
どうなりたいのか、

「親の私たちが決めつけないように
しなくては」と思いました。




こんな素晴らしい作品を制作した
高畑勲監督、

声優としてご出演なさった朝丘雪路様、

ご冥福をお祈りいたします。




以前の記事にも書きましたが、私は小学生の頃から漫画を読んだりイラストを描くことが大好きです。でも、一般的に有名な作品(ONE PIECEとかセーラームーン)を知っているだけで、オタクというほどではありません。しかし、この作品に関してだけは違います。カードキャプター
以前の記事にも書きましたが、
私は小学生の頃から漫画を読んだり
イラストを描くことが大好きです。

でも、一般的に有名な作品
(ONE PIECEとかセーラームーン)
を知っているだけで、
オタクというほどではありません。

IMG_0374

しかし、この作品に関してだけは違います。

カードキャプターさくら↓
IMG_0375
この漫画だけは、結構詳しいです。

学生時代、たくさん真似して絵を描きました。


この漫画のどこがツボかというと、

主人公・木之本桜と李小狼の
可愛い恋愛模様が大好きです。

IMG_0381

他の漫画でも、男女の純粋な恋愛ものが好きです。

ボーイズラブとか百合(女性同士の恋愛)とかは全く読みませんが、それを好きな人を否定はしません。
(腐女子のつづいさんも腐女医のさーたり先生も大好き!(笑))


…で、話が逸れましたが(笑)

そのカードキャプターさくらの続編が
連載&アニメ放送ということで、

今までオタク活動(オタ活)
したことのない私ですが、

IMG_0376
もうこの作品が終わったら、
私はオタ活せずに
一生を終えるに違いない!

だったら、
思い切って踏み出してみよう!


…と思って、Twitterで早速検索しました!

(自分と同じく「桜と小狼」の
カップリングが好きな人を探しました。
『しゃおさ』とか『しゃおさく』と
言うらしいです。)


しかし、今までオタ活を
したことのない私には
馴染みのない言葉ばかりでした…!

IMG_0378
ひとつひとつ、意味をググりました(笑)


徐々に意味も分かるようになり、

毎号のなかよしの感想や
アニメ放送後の皆さんのツイートを読んで、
とても楽しくなってきました…!
IMG_0377
 アニメ放送後はいつもこんな感じです↓
IMG_0379


現在、BSプレミアムとNHKで
クリアカード編が放送されていますが、
BSの方が3ヶ月早く放送を始めていて、
今14話まで来ています。

私はBSで観てるので、ここから
ネタバレになるかもしれないので、
知りたくない方はお気をつけ下さい



カードキャプターさくらの中でも、
私は李小狼というキャラクターが
大好きで、ツボです。

IMG_0380
英語も日本語も中国語も出来て、
運動神経も良くてピアノも弾けて
料理も上手でかなりのスパダリです。
(スパダリ…スーパーダーリンて意味らしい。)

9話の水族館デートの話は最高でした…


14話では、ミラージュのカードの世界に
囚われてしまった桜の元へ
空間を切り裂いてかっこよく現れ、

不安いっぱいだった主人公・桜を
IMG_0382

抱きしめたーーー‼︎

IMG_0383
自分も高度な魔法使って
ボロボロなのに…っ

何この格好良さーーー‼︎


もう心臓がキュンとしまくりで
しんどかったです…(笑)

あまりにもステキなシーンで…
テレビに向かって
IMG_0384

無事、召されました(笑)


『続編はない』と言っていたのに、
20年の時を経て
ファン待望の続編を書いて下さり、
CLAMP先生には感謝しかありません


生きてて良かった…


観ていてこんなに
幸せになれる作品と出会えて
本当に良かったです

まだオタ活と言えるようなこと
何も出来てないのですが(笑)

そのうち
2次創作が描けたらなーと
思っています。


(…なんか今日は、かなり限定的な話題ですみません
でもとっても好きな漫画なので、またこういう記事書くかも(笑))


主に『なかよし』の漫画を読んでいました。(『りぼん』も少しだけ。)中学生からは、少年漫画を読むようになりました。『オタク』=かっこ悪い、ダサいという風に見られがちだったと思います。 そんな私が唯一、『この作品に関してだけは、オタクだ」と言える大好きな作品
IMG_0347
主に『なかよし』の漫画を読んでいました。
(『りぼん』も少しだけ。)

中学生からは、少年漫画を読むようになりました。

C5BBABEC-8538-4826-9C9E-9A87055DB631
『オタク』=かっこ悪い、ダサい

という風に見られがちだったと思います。 


そんな私が唯一、
『この作品に関してだけは、オタクだ
と言える大好きな作品があります。

…それは

IMG_0348
私の中学から高校時代を彩った作品です。

(昨日は舞浜アンフィシアターで
さくらフェスというイベントが
あってました行けなかったけど
LINE LIVEで少し観れました



この漫画のおかげで、

『歳が離れていようが、
同性だろうが異性だろうが、
誰かを好きになることは素敵なことだ』

ということを学びました。


そして、主人公・桜と
元ライバルの李小狼の
恋愛模様がとっても
可愛くて大好きです


しかし、
その『カードキャプターさくら』も、
高校卒業と同時に
アニメも漫画連載も終わってしまい、

段々と、
『漫画』自体から
私自身が離れて
生活していくうちに、

その作品を好きという気持ちも、
胸の奥に仕舞われていました


しかし、仕舞い込んで数年後の2016年…
IMG_0350
以前は離島に住んでいて、

欲しいグッズが手に入れられなかったり、
映画を観に行ったり出来なかったのが、

『今なら出来る』と気付いて、

仕舞い込んでたオタク魂が
復活してきました(笑)



そして映画を観終わって帰宅すると…
IMG_0351
夫は『漫画を読まない人』。

そんな夫に、
『カードキャプターさくら』と
言ったところで分かるはずもないし、 

アニメ映画を観に行ったと知れば、
『オタクだ』とドン引きされるのでは

と思ってドギマギしました


「いや、でも、夫はそんなことで
人を軽蔑するようなひとじゃない


そう思って正直に話すと…
A8A884A0-930C-4333-9725-D92D79AB1239
って反応でした。(普通)


『好きなものは好きなんだし、
オタクで何が悪いんだ
って私自身考えているのですが、


その考えとは裏腹に、
心拍数が上がって、
顔から火が出るくらい暑くなって、
身体が『恥ずかしい』という反応をしていました(笑)


日本の漫画は、
世界に誇れる素晴らしい文化・芸術で、
それを好きなことを恥じる必要はないのに…


どうしても、
『アニメ(漫画)好き=オタク』
『オタク=根暗、地味、ダサい』
そう思われてる気がして、
身体が勝手に『恥ずかしい』と
反応してしまいます


みんなが、

その人が好きなものを馬鹿にしないで、
『人それぞれ』なんだと
理解し合える世の中になったら嬉しいなぁ