わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:わたくしごとですが。

はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の87話はコチラ。こういう時ドラマでは『涙を流す』とか『名残おしそうに振り返る』とかそういうシーンがありそうですが、現実はありませんでした。脳のエネルギ
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の87話はコチラ


IMG_7462
IMG_7463

こういう時ドラマでは

『涙を流す』とか
『名残おしそうに振り返る』とか

そういうシーンがありそうですが、
現実はありませんでした。


脳のエネルギーが枯渇していると、
そういう感情もわかないようで…。
(私の場合。)


うつなので当然笑うことは出来ず、
感情が平坦になってしまうようです。



この時は、

お世話の出来ない自分が
傍で娘を見るよりも、

信頼出来る人に娘を見てもらう方が
良いと思いました。


当時の私には、
【信頼出来る人に娘を託すこと】
で精一杯でした。



もし、身内の誰にも頼めなかったら…

『乳児院』にお願いする
という方法もあったかもしれません。



そうでもして子育てから離れなければ、
自分は回復しないと思いました。


子育てって、
とってもエネルギーを使う
ものだと思うので。

(頭のエネルギーも体のエネルギーも。
 大切な大切な我が子を育てるのだから、
それもそうかもしれません。)



『子どもと家に一緒にいるだけだから
ラクでしょ?休めるでしょ?』
と思う人もいるかもしれませんが、

赤ちゃんだと、
家の中といえど、
予想外のケガや事故が
起こることもあります。


子育て主体者は、
そんなことが起きないように
注意を払っているので、

赤ちゃんと一緒にいると
全く休めないし、
ラクではないと私は思います。


そういう事実は、
【主体で子育てをした人】にしか
分からない事なので、

いろんな人に、その事実が
伝わればいいなと思います。




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の86話はコチラ。1歳になったばかりの娘と離れて、別々に暮らすと決めました。誰かに「そうした方が良い」と言われたわけでなく、パニックになってから、ずっと自
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の86話はコチラ


IMG_7460
IMG_7461

1歳になったばかりの娘と離れて、
別々に暮らすと決めました


誰かに「そうした方が良い」
と言われたわけでなく、

パニックになってから、
ずっと自分で考えていたことでした


そうでもしなければ、
元の元気な自分に戻れる気が
しませんでした。


周囲に迷惑をかけてしまうけど、

元気な自分に戻ってまた普通に
生活出来るように、
この道を選択しました。





時々メッセージで
「自分は、仕事を辞めた方が
いいと思いますか?」
というご相談を頂きます。


すでに、
周囲に相談しているそうなのですが、

「仕事辞めるのも一つの方法だよ。」
と周囲に言われても

「でも○○だから辞められない。」


「体の不調を上司に話して、
勤務を軽くして貰ったらどう?」
と周囲に言われても

「忙しい職場だから出来ない。」


「心療内科に行って診断して貰って、
休職すればいいんじゃない?」
と言われれば、

「心療内科に行くのが怖い。
お金がかかるから嫌。」


という色々な【理由】があって
行動出来ないというご相談を
何件か伺いました。



こういう時どう行動すれば良いのかは、

自分自身の中に【答え】があるものだと
私は思います。



『仕事を辞めたい。
でも辞めたら生活出来ない。』

というのはごもっともなのですが、

『仕事を辞めたい。』のなら、
私は辞めるべきだと思っています。


『仕事を辞めたい。』が
本音だと思うからです。


(病気の診断書が出れば、
傷病手当金が貰えます。
それで休職という手段もあります。)



周囲の人から
「じゃあこうした方が良いんじゃない?」
って言われたことに対して、
全てに『でも…』『だって…』ばかりでは、

「じゃあどうしたいの?」
って言われてしまうのは当然かなと思います。



誰にも迷惑をかけたくないから
『でも』『だって』になるのは
分かるのですが…

誰にも迷惑をかけないで生きるのは
不可能なことなので、

時には自分の本音に正直になっても
良いのではないでしょうか


きっと、
いつも周囲に気を使っているだろうから…

時にはわがままになってみても
良いのではないでしょうか。


それで何かを失っても…

それで良いのだと思います。

人間1人では、沢山のものを
抱えきれませんから。
(1人で抱えられるものなんて、
数が知れています。)


何かを失っても、生きていれば、
また得られるものがきっとあると思います。


88話に続きます。



↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の82話はコチラ。フォロワーさんから「昔の辛かったことを思い出すのはキツくないですか…?」とご質問を頂くのですが、私はまっったく辛くないので、大丈夫です^
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の82話はコチラ

IMG_7410
IMG_7411


フォロワーさんから

「昔の辛かったことを思い出すのは
キツくないですか…?」
とご質問を頂くのですが、私は

まっったく辛くないので、
大丈夫です^_^

御心配をありがとうございます。



あと、

「入院したんですか?」
「どうやって回復したんですか?」
「2人目が欲しいと思えるまでに
なったのはどうしてですか?」

というご質問もたくさん頂いております。


すぐにメッセージで
お返事出来たら良いのですが、

漫画を描く時間、
子どもたちと向き合う時間、
家事をする時間が
なくなってしまいますので、

お返事は控えさせて頂いてます。


ご質問の答えは、【漫画】で
お返事させて下さい。



それと、

「どうしたら元気になれますか?」
「仕事をやめたら良いと思いますか?」
「彼と別れた方がいいのでしょうか?」

というご相談メッセージも頂くのですが、
フォロワーさんにお会いした事もない私が
言えることは少ないですし、
期待通りの言葉をかけてあげられるのか、
わかりません…。

もし、身体に症状が出ているようなら、
迷わず心療内科を受診なさって下さい。

そこで、専門の先生に相談なさった方が
良いかと思います。


ご期待に応えられず申し訳ありませんが、
どうかよろしくお願いします。




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の81話はコチラ。セルシンは、不安や緊張をしずめたり、筋痙攣を改善したり、麻酔の前にも用いられるお薬です。パニックで、無意識に体に力が入っていたのでリラ
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の81話はコチラ

IMG_7371
IMG_7372

セルシンは、
不安や緊張をしずめたり、
筋痙攣を改善したり、
麻酔の前にも用いられるお薬です。


パニックで、
無意識に体に力が入っていたので
リラックス出来るように
注射をしてもらいました。


【精神的な病気に注射って効くの?】
と不思議に思う方もいるかもしれない
と思い、注射したことを描きました。

(Twitterに、
そのようなリプを頂きました。
伝わって嬉しいです。
ありがとうございます。)


うつ病は、
セロトニンやノルアドレナリンなど
の神経伝達物質の働きが
悪くなっている状態
と言われています。

簡単に言うと
脳のエネルギーが
欠乏している状態』です。


【精神】が関係していますが、
【脳の病気】であると私は思っています。

(『気合いでなんとかなる類』では
ないと考えています。)


だから、
『自分は心が弱い人間なんだ。情け無い』
と思わないで、

『脳の病気なんだから、ちゃんと受診して
元気になれるように薬飲まなきゃ。』

って思って欲しいです。


今でも、『あー、面倒な持病だな』
と自分で思うことはありますが、

高血圧になった人だって、
高脂血症の人だって、
毎日薬を飲みます…よね?


他の持病の方々と同じように
健康を維持する為、予防の為に、
これからも薬を飲んで
持病と付き合っていこう

…と、私はそう思っています。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の80話はコチラ。再発したくなかった。もう自分は大丈夫だと思ってた。でも、またうつ病になって、パニックにもなってしまいました。うつ病は、一度なってしまう
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の80話はコチラ

IMG_7369
IMG_7370

再発したくなかった。

もう自分は大丈夫だと思ってた。


でも、またうつ病になって、
パニックにもなってしまいました。

うつ病は、一度なってしまうと
再発しやすいと実感しました。


そして、
前回の時になかった症状が増えました。
(焦り・動悸が出やすくなりました。)


自分の体だけど、

どれる程頑張れば症状が出てしまうのか
わからなくて、

「頑張りすぎないように。
疲れすぎないように…。」と、
控えめに行動するようになりました。


でもそうすると、

「頑張りが足りない。」
「どうしてこれ以上頑張れないの?」

と思われているように感じて
肩身の狭い思いをすることもあります。

(言われたわけではないけど、
表情や声で感じることがあります)


…難しいですね。


そんな時は

「私にはこれ以上無理!」
と言い切ればいいのかな。

…うん、そうしよう(笑)



↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の79話はコチラ。【いつ休んでたっけ?】って、この時本当に、本気で考えました。そういえば…出産してからずーっと『休み』がなかった気がします。娘が寝ている
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の79話はコチラ


IMG_7334
IMG_7335

【いつ休んでたっけ?】
って、この時本当に、本気で考えました。


そういえば…

出産してからずーっと
『休み』がなかった気がします。


娘が寝ている隙に家事をしたり、
娘が寝ている隙に自分もお昼寝を
しようとしていたけれど、

「一体いつ起きるかわからない」
「いつ中断しないといけなくなるのか
分からない状況」で何かをやるのは、
私にはとても気を張ることでした。



そして、
【1人時間】や【趣味の時間】が
必要な人間の私でしたが、
余裕がないので
その時間が持てなくなりました。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!






はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の78話はコチラ。場面は精神科の救急外来に。『1人で抱え込みやすい性格』。うつにならなければ、私は一生気付かず、自覚せず生きていたかもしれません。でも自覚
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の78話はコチラ


場面は精神科の救急外来に。
IMG_7332
IMG_7333

『1人で抱え込みやすい性格』

うつにならなければ、
私は一生気付かず、自覚せず
生きていたかもしれません。


でも自覚したからといって
すぐに変われるわけではないので、
難しいところです。


自分のこれからの行動を変えなくては
何も変わりません。




『緊張状態』だったと言われ、
今までを振り返ってみると…


初めてうつになった時も、確かに
毎日毎日仕事で緊張していた気がします。

命に関わる大事な仕事だし、
少しでもモタモタすれば
処置や検査に影響が出てしまうし、
人手不足で同僚にも余裕がないし、

緊張の糸をピンと張りながら
仕事をしていた気がします


そして出産後も、毎日24時間

いつ泣いて起きるかわからない
のことを気にしていて、

どう思い返しても、
ぐっすり眠れた覚えが
全くありませんでした






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!






はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の77話はこちら!犯人は、大体の人が『ユウカさんは犯人じゃありません』という書き込みを見ただろうと踏んだのか、中傷ブログはやっと削除されました。(私への
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の77話はこちら

IMG_7227
IMG_7228

犯人は、大体の人が
『ユウカさんは犯人じゃありません』
という書き込みを見ただろう踏んだのか、

中傷ブログは
やっと削除されました
(私への謝罪はありませんでしたが…)


犯人は本当のブログが
とても大切だったようで、

特定のメンバーしか見れないように
設定変更していました。


私も、何もされなければそれで良いので、
それ以降関わることはありませんでした。



本アカ(本当のアカウント)の方で

私が「どうしてそんな酷い事を
メッセージしてくるのですか?」
と聞いたら、

ユウカさんは「私の嫉妬心でしょうね」
と認めていました。


願っても願っても
赤ちゃんが授かれなくて
他人の妊娠報告が辛い気持ちは、
全部ではないですが、分かります…。


嫉妬心は、
誰でも胸にあるものだと思います。

私の胸にもあります。

だけど、その嫉妬心をどう処理するかは
自分次第です。


嫉妬心というのは
1つのエネルギーだと思うので、

そのエネルギーを自分の為に
良い方向に使えたら良いんじゃないかな
…と思います。


犯人には、《嫉妬心で相手を攻撃しても、
自分自身は何も前に進めないこと》
早く気付いて欲しかったなと思います。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!






はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。本日2回目の更新です。(1回目はこちら!)【ライブドアブログ忘年会2018】に初参加させて頂きました…お会いしたブロガーさん何人かに「お会いできたことブログに描
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ



本日2回目の更新です。


【ライブドアブログ忘年会2018】
に初参加させて頂きました…



お会いしたブロガーさん何人かに
「お会いできたことブログに
描いても良いですか?」と尋ねて、
皆さん「いいですよー!」と
快くお返事してくれたんですが…

よくよく考えたら、
年賀状作りとか年末年始にむけて
やらなくてはならないことがあったので
写真記事にすることにしました

申し訳ありませんー



…では早速、
【ライブドアブログ忘年会】
の写真は…こちら!↓

IMG_7280
会場にステキなお食事がいっぱい
並んでいました…

IMG_7282
こうして写真で振り返ってみると、
4種類くらいしか食べれてないです…(^_^;)


IMG_7277
IMG_7278
あ、でもデザートは3種類頂きました

どれも美味しかったです^ - ^



滅多にお会い出来ないブロガーさんが
たーっっくさん参加されていたので、

「ご挨拶したいな…!
お話したいな…!」

と思って、つい、食べるより
お話に夢中になってしまいましたf^_^;


普段、あまり口数は
多くない方なんですが、

ブログで知っているブロガーさんに
会えた喜びで興奮してしまって…(笑)


なんか色々失礼なことやら
大それた事を口走ってしまった気がして、

今、思い出しては恥ずかしくなって
「あぁーッ!」と叫んで
【穴があったら入りたい状態】に
なってます…(笑)



話しかけてくれた皆様、
話を聴いてくれた皆様、
本当に本当にありがとうございました


(絵日記ブロガーさんたちの寄せ書き↓)

IMG_7283


忘年会中、
ビンゴ大会があったのですが…
IMG_7285
yogiboが当たりました

欲しいなーと思ってたので
すっっごく嬉しかったです!



そして会場内で…
IMG_7286
こんな可愛いものを頂きましたー

くららさんのイラスト可愛くて
お上手で大好きです(憧れ

ありがとうございました



イラストレーター・漫画家の
小山健先生からは…
IMG_7287
生理ちゃんステッカー
(可愛い!)頂きました

【生理ちゃん】、すっっごく面白いので
読んだことのない方は是非…!

小山先生の描く女の子、
毎回魅力的で可愛いんですよー
生理ちゃん
小山 健
2018-06-11






そして最後にプレゼント交換では…

IMG_7284

Welcome to my home!のyaikoさんの
プレゼントが当たりました! 


…CHANEL!

私にはもったいない高級コットンッッ!

贅沢な気分を味わわせて頂きます!
ありがとうございました!


また来年も参加できるよう
頑張ります…っ



現在進行中の

はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の76話はこちら。中傷ブログをすぐ消さなかったのは、犯人のアカウントはこっち【さなえ】で本当のアカウントの私【ユウカ】は犯人じゃないですよ…と、周囲に認
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の76話はこちら


IMG_7225
IMG_7226

中傷ブログをすぐ消さなかったのは、

犯人のアカウントはこっち【さなえ】で
本当のアカウントの私【ユウカ】は
犯人じゃないですよ

…と、周囲に
認知してもらう為だったようです。



犯人のアカウントで、
ユウカさんのブログに
『ユウカさんは犯人ではありません。』
とコメント欄に書き込み、


ユウカさんのアカウントで

『ほら、下のコメント欄を見てください!
私は犯人じゃありません!別の人です!』

と、その書き込みを見るように
読者さんを誘導していました。



ユウカさんは、
自分の本当のブログが荒れるのを
とても嫌がっているようでした。



リアルタイム記事↓



↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!






はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の75話はコチラ。不安になっていたけれど、ブロ友さんからのこの言葉で「やっぱり思ってた通りだった!」と確信を持つことが出来ました。犯人は【さなえ】=【ユ
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の75話はコチラ

IMG_7175
IMG_7176


不安になっていたけれど、
ブロ友さんからのこの言葉で
「やっぱり思ってた通りだった!」
と確信を持つことが出来ました。



犯人は
【さなえ】=【ユウカさん】で
間違いない…!(※仮名です。)






メッセージで「犯人の名前を変えて下さい」
というご要望を頂いております。


犯人の名前は当然、
私が適当につけた【仮名】ですし、

実在する犯人が
ブログのハンドルネームを
本名にしていたとはかぎりません。


私も『ちびまる子ちゃん』で経験があるので
良い気持ちがしないのはわかりますが、
今から名前を変えることはできません。


例えば…

雑誌に連載されている漫画の
悪役キャラが自分と同じ名前でも
その作者さんに『名前変えて下さい』
とメールや手紙を送るのでしょうか?


私はそれでさくらももこ先生に
「あのキャラの名前変えて欲しい!」
なんて伝えたことはありません。


そうしようという選択肢はなかったので、
メッセージを頂いて
正直驚いてしまいました(´⊙ω⊙`) 


感情移入して
読んでくださってる証拠なのかな…?^^;

それとも、『ブロガー』って
漫画家さんよりも身近に
感じてもらえているのかな?



でも、もしそれで作者さんが
キャラの名前を変えたところで…

途中から名前が変わったら、
おかしくありませんか…?(^_^;)



あと、今まで描いたものを
新しい名前に差し替える作業も
時間と労力がかかってしまいます。


新しい話を更新していく為に、
時間を使っていきたいので
対応出来かねます。


なので申し訳ありませんが、
ご理解下さいますようよろしくお願いします。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!






はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の74話はコチラ。ユウカさんのブログに【さなえ】が現れ『ユウカさんは関係ありません。』『エマさんは勘違いをしてます。』等々コメント欄に書き込んできました
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の74話はコチラ


IMG_7173
IMG_7174

ユウカさんのブログに【さなえ】が現れ

『ユウカさんは関係ありません。』
『エマさんは勘違いをしてます。』等々

コメント欄に書き込んできました。



ユウカさんに対して、

『お騒がせしてごめんなさい』

というような謝罪はあったものの…


私への中傷に対する謝罪は
ありませんでした。



この書き込みを見て、

『犯人はユウカさんじゃないんだ!』
『エマの勘違いだったんだ!』

と思う人も出てきました。



私自身も、

「そんなことない。
同一人物で間違いないハズ!」

「犯人がもし、別だったとして、
犯人と疑われた他人を
こうやって助けるものなの…?
なんか、不自然じゃない?」

と思いながらも、
不安になってきました。





しかし
あることをキッカケに、

やっぱり
【さなえ】と【ユウカ】は
同一人物だった

と知ることになります。


そのキッカケとは…


↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!





はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の73話はコチラ。中傷ブログはすぐに削除されず…。『さなえ』は『ユウカさん』のブログに現れ、コメント欄に『ユウカさんは無実』という書き込みをしだしました
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の73話はコチラ


IMG_7132
IMG_7135

中傷ブログはすぐに削除されず…。

『さなえ』は
『ユウカさん』のブログに現れ、
コメント欄に
『ユウカさんは無実』という
書き込みをしだしました。



ユウカさんのブロ友さんや
通りすがりの人の中には

『犯人が現れた!だから
ユウカさんが犯人なワケない!』

と信じる人もいました





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!






はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の72話はコチラ。日々穏やかに、自分の好きなことをブログに綴っていきたかった。ただそれだけでした。こんなことはしたくありませんでした。当時のブログは、0歳
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の72話はコチラ


IMG_7127
IMG_7128

日々穏やかに、
自分の好きなことをブログに
綴っていきたかった。

ただそれだけでした。

こんなことは
したくありませんでした。



当時のブログは、

0歳児育児中で孤立気味な私にとって、

自分の思ったことや感じた事を
素直にアウトプット出来る大切な場でした。



『また以前のような気持ちで
ブログを綴っていきたい。』

『中傷に怯えながら過ごしたくない。』


そう思って、
意を決して警告文を出しました。



どうなるか予想がつかなくて、
とても怖かったです。


しかし、しばらくして…


私の味方はたくさんいるんだ
ということが分かりました。



今まで交流のあった読者さんたちが
『ユウカさん』のブログにアクセスし、

ユウカさんのブログに、
『辞めてあげて下さい!』という
コメントをたくさん寄せてくれていました






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!





はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の71話はコチラ。警察に相談はしたけれど、どうにも出来なかったので自分のブログ記事に4コマ目のような『警告文』を出しました。上手くいくかどうか…賭けのよう
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の71話はコチラ

IMG_7093
IMG_7094

警察に相談はしたけれど、
どうにも出来なかったので

自分のブログ記事に
4コマ目のような『警告文』を出しました。


上手くいくかどうか…
賭けのようなものでした。


私が、高確率で
『ユウカ』=『サナエ』
だと思っていても、
そうだという証拠はない。

「もしかして本当は違う人かも…?」
という可能性も0ではない。



でも、今までの経緯から、

【ユウカとサナエは同一人物】

という確証が、
私の中から消えることは
ありませんでした。



警告文には、

ユウカさんの本当のブログリンク

『サナエ』の中傷ブログリンク

の2つを貼りました。



そして漫画には描いてませんが、

『プリントアウトした中傷ブログ』
の写真を載せていました。


ちゃんと、
『これを警察に持って行きました』
と伝わるように…。




↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!





はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の69話はコチラ。中傷ブログの記事はそれなりにたくさんあったので、プリントアウトするにもプリンターのセッティングやらインクの準備やら時間と労力が掛かりま
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の69話はコチラ


IMG_6989
IMG_6990

中傷ブログの記事は
それなりにたくさんあったので、
プリントアウトするにも

プリンターのセッティングやら
インクの準備やら
時間と労力が掛かりました。


他にも、今後の為に
誹謗中傷された時の対処法や、
弁護士さんに相談した後の流れなど、
頭が痛くなる程ネットで調べました。


そうして必死に作業していると、
娘との時間が削られてしまい…。


『なんでこんなことに
時間を費やしているんだろう。』
と思えてきました。








↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!




はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の68話はコチラ。ブログサービス内には、スパムなどを報告・通報するボタンがついていて、それをクリックして詳細を書いて送信する仕組みがありました。しかし、
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の68話はコチラ


IMG_6985
IMG_6986

ブログサービス内には、
スパムなどを報告・通報する
ボタンがついていて、

それをクリックして
詳細を書いて送信する
仕組みがありました。


しかし、何度通報しても
対応してもらえませんでした。


7年くらい前はまだ、
ネット上の誹謗中傷に対して
取り締まり…というか、

対策が確立されてなかった
気がします。


(膨大な誹謗中傷が
毎日あちこちで起こっているので、
運営側も判断が難しかったと思います。)



しかし時は経ち、今は…

【ネット上で
誹謗中傷・名誉毀損をしてしまった人が、

相手に訴えられて
多額の慰謝料を支払う事になった】

というケースが増えてきています



『ネット上で
匿名だから
バレないだろう』
という考えは、
もはや古いんです



誰もが、

ネット上であろうと
自分の発言に責任を持ち、

気持ちよくネットを
利用出来る世の中に
なって欲しいと思います



↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!