わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:みんな違ってみんな良い

はじめましての方は→コチラ。皆さんは外向的ですか?内向的ですか?私はどちらかというと【内向的】です。小さい頃は、近所のお友達と遊んだりしていたのですが、段々と、一人で趣味に没頭することが増えました。学校でも、教室で一人で過ごすことが多かったです。皆んなで
はじめましての方は→コチラ


皆さんは
外向的ですか?
内向的ですか?

IMG_9889

私はどちらかというと【内向的】です。


IMG_9890


小さい頃は、近所のお友達と遊んだり
していたのですが、
段々と、
一人で趣味に没頭することが増えました。


学校でも、教室で一人で
過ごすことが多かったです。


IMG_9891
皆んなでワイワイするのも楽しいのですが、
私には集団は刺激が強く、
疲れやすかった気がします。


なので、
仲の良い子(3人くらい)とだけ、
よく行動していました。


(でも
『全く外に出ない、人に会いたくない』
というわけではなくて、
たまには外出して楽しみたいし、
友達にも会いたいです。)



内向的な人って、外向的な人と比べて
少ないそうです。

(外向的:内向的=75%:25%)




学校で目立っていた人は、
とても明るくて元気な人ばかりで、
(おそらく外向的)

IMG_9892
【私が持っていないもの】を
持っていて、とても魅力的だなと
思っていました。


高校を卒業してからもそういう人達は、
素敵な人生を送るのだろうと思いました。


たくさんの人に囲まれていて、
外向的な人は優れた人だ
と思っていました。


それに比べて私は、

地味だし明るくないし面白くないし…
自分はダメだなぁ、人として劣ってる

と思っていました。


世間的にも、
内向的な人よりも外向的な人の方が
良い印象を持たれやすいと感じています。

『内向的』は、「内気」だとか
暗いイメージがついていますよね…。

学生の時は特に
IMG_9893
クラス内でこんな構造が
みんなの中にあった気がします。
(私は1番下だったかも。)



でも30代半ばになって、思うんです。


外向的だから優れてる
内向的だから劣ってる

ってことは絶対にない!

IMG_9894

外向的にも内向的にも
それぞれメリットデメリットはある。

そこに優劣は存在しない

…と、私は思います。



育児の話でも、
「子どもは外で元気に遊ぶのが普通」
と耳にすることがありますが、

自宅で本を読んだりお絵描きしたり、
自分の好きなことをして過ごす子が
いても良いと思うんです。

色んな子がいて、当たり前なんです。

色んな人間がいて、当たり前なんです。


だから、
内向的で自分に自信が持てなくて、
社会人になるのが不安な人たちには、

「学校時代のあんなヒエラルキーなんて、
社会に出ればなんの意味もないよ。
未来は自分次第だよ。」

と声をかけたいです。


昔から地味で内向的な私だけど、
IMG_9895
『自分に合ってる』
と思える仕事が出来て、幸せです。


『内向的でも、
自分はこれで良いんだ』

って思える人が増えたら良いな

…と思います。






↓読者登録はこちらから!


↑登録して頂くと、
LINEアプリに更新通知が届きます。

(通知のオン・オフは自由に設定できます。)


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。最近、ふと、思うことがあったので描きました。『みんながそう言ってる』とか『みんなやってるからあなたも合わせなさい』とか、相手を納得させる為、相手を言い負かす為に、『みんな』を出す人がいますよね。群れていることで安心している人(
はじめましての方は→コチラ


最近、ふと、
思うことがあったので描きました。
IMG_8823
IMG_8824


『みんながそう言ってる』とか
『みんなやってるから
あなたも合わせなさい』とか、

相手を納得させる為、
相手を言い負かす為に、

『みんな』を出す人がいますよね。



群れていることで安心している人
(その集団に依存してる人)は

『きっとみんなも同じ意見だ』

『みんなと同じ意見を
持っている自分は強い』

と、錯覚しやすいそうです。



しかし、1人1人に聞いてみたら
『実は同じじゃなかった』
ということもあります。


そうすると、

『みんな』というシールドはなくなり、

1人の人間として
向き合わないといけなくなります。



『群れているからと言って、
みんながみんな同じ意見とは限らない。』

『1人1人違うんだ。』と理解していないと、
思わぬところで丸腰になり、1人では
立てない人間になってしまうと思います。



子どもが「みんな持ってるから
自分もあのおもちゃ欲しい」
と言うのは可愛いものですが、

大人が「みんなが」と言ってると、
責任逃れに感じてしまいます。



(「私は良いんだけど、みんなが…」
っていうのは
典型的な責任逃れなセリフですよね。)




他人を批判・否定することで
立ち上がるのではなくて、

「私は私」という『芯』を持ち、
自分の足で
しっかり立てるようになれば、

自分自身が生きやすく
なるんじゃないかなと思います。



感情が揺さぶられる時もあるけれど、

自分という『芯』だけは
しっかり持ち続けたいと思います。







【お知らせ(PR)】

 

2019/1/30~2/14、
ダニエルウェリントン2019
バレンタインキャンペーン
が期間限定で
実施されるそうです! 


IMG_8619

当ブログの読者様のために、
15%offクーポンを発行してもらいました!


▶15%OFFクーポンコード:moco19

(全商品使用可)

こちらのコードの有効期限は2019年3月15日までです。


IMG_8620

キャンペーン中は…

 

・I love Uバレンタイン限定ブックスが10%OFF

・レザー腕時計の購入でハートチャームが無料

・バレンタイン限定ラッピング無料

・クーポンコード併用可


だそうです!

この機会にぜひ、大事な方へ
腕時計のプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。





▼その他のエピソードはこちら。


初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!