わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:うつ病再発

↑前回の記事はこちら。『うつは甘え』『怒鳴りつけて躾ける』がパワーワード過ぎて、その後のツイートが頭に入ってきませんでした…。語彙力ないのでうまく言えませんが…とても残念な気持ちになりました。わかり合えない人もいるよね…と頭でわかっているのですが…。逆に
↑前回の記事はこちら。



image

『うつは甘え』
『怒鳴りつけて躾ける』
がパワーワード過ぎて、
その後のツイートが頭に入って
きませんでした…。


語彙力ないのでうまく言えませんが…
とても残念な気持ちになりました。

わかり合えない人もいるよね…
と頭でわかっているのですが…。




逆にこちらは励みになったツイートです↓


皆様の励みになりますように。



皆様いかがお過ごしですか?私は夏休み前よりちょっとリズムを崩してしまっております…^^;新型コロナが出現してきてから、【コロナうつ】というワードが聞かれるようになりましたね。この度、厚労省が実態調査を行うそうです。【コロナうつ、初の厚労省実態調査】はこちら。
皆様いかがお過ごしですか?

私は夏休み前よりちょっとリズムを
崩してしまっております…^^;

新型コロナが出現してきてから、
【コロナうつ】というワードが
聞かれるようになりましたね。

この度、厚労省が実態調査を行うそうです。

IMG_2449



これは学校が長期連休になると
いつも悩むことなのですが…

IMG_2450
IMG_2451
という悩みのループに入ります(>_<)


これに今年は…
IMG_2452
という悩みが更に加わりエンドレス…っ!

どうにもこうにもなりません…。


今は【ゲームを長時間させたくない】を
断念して作業しております…。

(一応、『ゲームは1日○時間!』という
約束&制限は設けています。)


本を読んだり工作したり絵を描いたり…も
やったりするのですが、
ゲームの方が夢中になれるみたいです。



しっかり消毒、手洗い、マスクをしつつ、
心の健康の為にも適宜
気分転換をしていきたいなと思います。




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら




↑最初からはこちら! 前回はこちら↑「どうしよう〜、ラクしたい…。」と思った時、楽(ラク)な道へ行けなかったことが、症状が出てしまう要因だったと思います。今は昔よりも身軽に動けるし、自分も少しは収入があるので、楽な道へ行けるようになりました。また何か『逃
↑最初からはこちら!

前回はこちら↑


IMG_2374
IMG_2375
IMG_2376
IMG_2377

「どうしよう〜、ラクしたい…。」
と思った時、

楽(ラク)な道へ行けなかったことが、
症状が出てしまう要因だったと思います。


今は昔よりも身軽に動けるし、
自分も少しは収入があるので、
楽な道へ行けるようになりました。



また何か
『逃げ道に行けない事』があったら
また症状が出るかもしれませんが、

その時は
『出来なくても大丈夫。なんとかなるさ』
と思うようにしたいと思います。



同じ症状でお困りの方には、

完璧を目指さなくて大丈夫
出来なくても大丈夫
間に合わなくても大丈夫
お互い頑張り過ぎないようにしましょう

と声を掛けたいです。


お互い肩の力を抜いて、
楽に過ごしていけると良いですね(^^)


【パニック症状が出なくなった】は
今回でおしまいです。

次回もまた、アンサー漫画を
描いていきたいと思います。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら



初めましての方はこちら!↓こちらの続きです!パニック症状が出た時は、とにかく『自分を甘やかす』ことをしていました。元々『〜しなければならない』という完璧主義で自分を追い込んでしまうので、それをやめることにしました。出来ない自分を受け入れる。そうやって落ち
初めましての方はこちら

↓こちらの続きです!


IMG_2344
IMG_2345
IMG_2346
IMG_2347

パニック症状が出た時は、とにかく
『自分を甘やかす』ことをしていました。


元々『〜しなければならない』という
完璧主義で自分を追い込んでしまうので、
それをやめることにしました。


出来ない自分を受け入れる。

そうやって落ち着かせていました。


それで治らなければ、薬に頼りました。



これが、子どもが小さかった頃の
乗り越え方でした。


では現在はどうしているのか?


現在はまた次回に続きます。


※夏休みが始まり、日中子どもと一緒なので
なかなかペンが進みません。
亀の歩みで申し訳ありませんが、
お付き合い頂けると嬉しいです。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


初めましての方はこちら!1か月ほど前にInstagramのストーリーズで『どんな漫画を読みたいですか?』『どんなうつ病体験漫画を読みたいですか?』という質問をさせて頂きました。そしてたくさんのご回答を頂きました!ご回答くださった皆様ありがとうございました!ゆっくり
初めましての方はこちら

1か月ほど前にInstagramのストーリーズで
『どんな漫画を読みたいですか?』
『どんなうつ病体験漫画を読みたいですか?』
という質問をさせて頂きました。

そしてたくさんのご回答を頂きました!

ご回答くださった皆様
ありがとうございました!

ゆっくり少しずつですが、
アンサー漫画を描いていきたいと思います。


今回、2回目の回答はこちら↓
IMG_2324
パニックの時の対処法について
アンサー漫画を描きたいと思います。

(ご回答者様、現在体調はいかがでしょうか?
お互い無理せずいきましょうね(^^))



まずは、今のパニックの現状をお話させて下さい。

IMG_2315
過呼吸は、
産後うつ編第35話の時の1回きりです。

IMG_2316
IMG_2317

子どもたちが自分のことを
自分でやれるようになったので、
単純に私の負担が減ったことが
症状が出なくなった要因かなと思います。


過去、症状が出ていた時のことを振り返ると…

IMG_2318
IMG_2319
IMG_2320
IMG_2321
IMG_2322

夫に対して
『ちゃんとしたい』
という気持ちがあったのと、

『ごめん、出来ない』と言うことが
出来なかったことが

症状が出る要因だったかなと思います。


今思えば、
『小さな子どもを抱えているんだから
色々妥協すれば良かったのに』
とは思います。


そしてこんな時、
私はどう対処していたのか。

今現在は同じ状況の時
どうしているのか…。


次回に続きます。


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

1か月ほど前にInstagramのストーリーズで『どんな漫画を読みたいですか?』『どんなうつ病体験漫画を読みたいですか?』という質問をさせて頂きました。そしてたくさんのご回答を頂きました!ご回答くださった皆様ありがとうございました!ゆっくり少しずつですが、アンサー

1か月ほど前にInstagramのストーリーズで
『どんな漫画を読みたいですか?』
『どんなうつ病体験漫画を読みたいですか?』
という質問をさせて頂きました。

そしてたくさんのご回答を頂きました!

ご回答くださった皆様
ありがとうございました!

ゆっくり少しずつですが、
アンサー漫画を描いていきたいと思います。

今回はその中の一つ、
IMG_2289

↑こちらのアンサー漫画です!


IMG_2283
IMG_2284
うつ病の人は、
軽くでも体を動かした方が良いという
科学的研究結果が出てるそうですね。

そもそも
『体がだるくて動けない』という
病気なので、
始めることや続けること自体
難しいと思いますが…。


私は朝が1番だるくて夕方にかけて
徐々に動けるようになるタイプですが、
(うつ病の典型的な感じ。)
【愛犬との朝の散歩】をきっかけに、
ウォーキングを習慣化出来てきました。
(たまにサボるけど(笑))

愛犬に感謝です。


そして、発症して10年目にしてやっと…
IMG_2285
子どもたちの薬は『お薬カレンダー』を使って
管理しているのに、
自分の薬は面倒くさいのかやる気がなかったのか
薬局で貰った紙袋のまま管理してました。

そうすると、飲み忘れたり、
飲んだのかも忘れたり…(笑)


調子が良くて頭がクリアーになったからか、
やっと自分の薬をカレンダーで管理する気に
なりました。


普通の大きめのカレンダーに、
その日に飲む薬を一つずつ貼ってます。


ひと月分貼るのは手間ですが、
これを最初にやってしまえば
確実に飲めるので続けたいと思います。
IMG_2286

こういうのがありますよ〜。


そして…
IMG_2287
やはり頭がスッキリしているのが1番良いようで、

「やりたくないなぁ面倒くさいなぁ」
と思う事も睡眠をしっかりとれていると

普段ゴチャゴチャしてる頭の中が整理されて、
軽やかに動けるようになった気がします。



でも私の場合、
7月8月は比較的調子良いことが多くて、
寒くなる11月頃から調子が悪くなって
動けなくなることがあるので、
今後またどうなるかわかりません…。

しかし、多少の波はありつつも
これを維持できたらなぁと思っています。


私が実践してることが
皆さんに合うか分かりませんが、
参考になれば幸いです(^^)



やはり学校再開してくれたのも大きいです。
1人時間、大切。

以前は怠くて眠かったのですが、
ここ1か月くらいは、
朝から夕方までみっちり活動してます!



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑今連載中のシリーズはこちら!皆様こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?暑くなってきましたので、お互い体調には十分気を付けていきたいですね。このブログを以前からご覧の方はご存知かと思いますが、私は10年以上前にうつ病になり、一度治ったものの産後再発した人間
↑今連載中のシリーズはこちら!




皆様こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?
暑くなってきましたので、お互い
体調には十分気を付けていきたいですね。


このブログを以前からご覧の方は
ご存知かと思いますが、
私は10年以上前にうつ病になり、
一度治ったものの産後再発した人間です。

病状は安定していますが、
気圧の変化や環境の変化に
ちょっと弱くなってしまいました。


最近あった変化は『ステイホーム』
IMG_2129
子どもたちが休校の間、

1人時間が全くないからか、
家庭学習の不安からか、
自粛で自由に動けないからか、
ストレスが募り…

私自身の身体が段々だるくなり、
ヤル気が湧かなくなって
動けないことが多くなりました。


IMG_2130
(遅いと午前3時まで寝付けませんでした。)


自粛がゆるくなってからは

IMG_2131
IMG_2132
IMG_2133

いつも通りの
【日常】に戻ってからは
良い感じですー!

(漫画の中ではマスクしてませんが、
現実ではマスクして出かけております!)



日常がこんなにも尊いものだったとは…!


感染に十分に気をつけつつ、
普通に過ごせる日々が
このまま続いて欲しいなと
切に願っております…!




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら




はじめましての方は→コチラ。昨日まで続いていた『犬、飼い始めましたシリーズ』の第1話はこちら!台風が過ぎましたね…去年辺りから、気圧の変化に弱くて弱くて…冬〜春先も調子が悪かったので、先生に相談してみました。そしたら『家事でもかなりの運動量ですが、それとは
はじめましての方は→コチラ

昨日まで続いていた
『犬、飼い始めましたシリーズ』
の第1話はこちら


台風が過ぎましたね…

IMG_1089
IMG_1090

去年辺りから、
気圧の変化に弱くて弱くて…

冬〜春先も調子が悪かったので、
先生に相談してみました。


そしたら

『家事でもかなりの運動量ですが、
それとは別に運動すると良いです』

というアドバイスを頂きました。


やりたいと思ったことは、
準備が整ってなくても
やり始めるタイプなのですが、



運動に関しては…


運動、そうだよね、大事だよね…

年々基礎代謝が落ちてるのわかるし

筋肉も落ちちゃって冷えが半端ないし…

運動しなきゃ…運動…運動…

自宅にバランスボールあるから
それでも良いかもしれないけど、

気分を変えて
ジムに行きたいな…

ジム…
入会金や月々の支払い大丈夫かな…
いや、そんなお金、無いよね…

あぁ…腰が重い…
重い…


って考えが堂々巡りして
一つも進んでいません(^_^;)



『…夏休みは子どもたちがいるし、
夏休みが終わってからにしよう!』

と思ったりしてますが…

生まれたての子鹿状態を
更新してしまいそうな気配です(笑)



◆お知らせ◆

grape編集部さんが、
当ブログの記事を紹介して下さいました!

【この漫画で伝えたかったこと】を
汲んで下さって、
とても嬉しく思いました!

grape編集部様、ありがとうございました!


↓記事はこちら!

FullSizeRender



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!




はじめましての方は→コチラ。『犬、飼い始めましたシリーズ』の第1話はこちら!前回の27話はこちら!【犬、飼い始めましたシリーズ】は今回でとりあえず締め括ろうと思います。病状自体は何も変わらずです。過去の嫌な事を思い出しては気持ちが沈んだり、(忘れて切り替えれ
はじめましての方は→コチラ

『犬、飼い始めましたシリーズ』
の第1話はこちら
前回の27話はこちら



【犬、飼い始めましたシリーズ】は
今回でとりあえず締め括ろうと思います。
IMG_1076
IMG_1077

病状自体は何も変わらずです。


過去の嫌な事を思い出しては
気持ちが沈んだり、
(忘れて切り替えれば楽なのに
それが出来ない性格…)

朝に弱いし、
天気が悪いと体も重いです。



でも、チーが家に来てくれて、
嫌なことを思い出す時間が
減ったかなぁとは思います



嫌な思い出やストレスが
減ったわけじゃないけれど、

【幸せ】が増えたように思います。


これからもたくさん、
楽しくて幸せな思い出を
チーと作っていけたらと思います。


次回からは【愛犬編】として
描いていきたいと思います!


◆お知らせ◆

grape編集部さんが、
当ブログの記事を紹介して下さいました!

【この漫画で伝えたかったこと】を
汲んで下さって、
とても嬉しく思いました!

grape編集部様、ありがとうございました!


↓記事はこちら!

FullSizeRender



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の8話はコチラ。今も毎朝起きづらいです。でも、仕事や家事が最低限出来ているから、『私は大丈夫
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の8話はコチラ


IMG_9774
IMG_9775


今も毎朝起きづらいです。

でも、
仕事や家事が最低限出来ているから、
『私は大丈夫。元気です。』と言っています。



いえ、本当は

『出来てない部分』
『足りない部分 』

あると思います。



『こういうお母さんでありたい』と
思っていても、思い通りに
動けないことは沢山あります。



しかし今は、
その『出来てないこと』には
目を向けないで、
「怠いながらも、
自分はここまで出来たじゃん!」
と思うようにしています。

(OKラインを低くしています。)


そうすると、
「自分は本当にダメだなぁ」と
自分で自分を追い込むことが減りました。




人に『出来てないじゃん!』て言われると
「私なりに頑張ってるのに…!』って
気持ちになってしまうのですが、

幸い、家族は許容して、
言わないでいてくれています。

本当に本当に有り難いです。



完治はなくても、
なるべく体調が安定するように、

考え方の癖を変えたり、
薬の飲み忘れをなくしたり(←オイ(笑))
睡眠をちゃんととったりして、

自己管理していきたいと思います。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第7話はコチラ。混合育児の経験があるので、自分はミルク育児も慣れていると思っていたのですが
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9751
IMG_9752


混合育児の経験があるので、

自分はミルク育児も慣れていると
思っていたのですが、

断乳する前には
完全母乳育児に
すっかり慣れていた為、

いざ始まると、

お出掛けの時の大荷物
哺乳瓶洗浄・消毒

などの労力があり、
結構大変だなーと思いました。

(混合の時にも経験してたのですが、
改めてそう思いました。)


でも、母乳も大変なんですよね。


乳頭が切れてしまったり、
乳腺炎になってしまったり、

乳首の形によっては、上手く
飲ませられなくて苦労したり。


母乳もミルクも、

良いところと大変なところが
それぞれありますよね。


ミルク育児に慣れて、
『これは良いな』と思ったのは、

飲んだ量が目でわかること
父親も授乳出来ること
自分が病気の時に服薬出来ること
でした。



個人的には、

お母さんが辛い思いをしないで、
「これで良いんだ」と納得出来ていれば、
ミルクでも母乳でも
どちらでも良いんじゃないかなぁと思います。



産後間もないこの頃、
涙が勝手に流れるようになったのですが、
その時のお話はコチラにあります↓





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第6話はコチラ。何という名前の薬だったか忘れてしまいました…。産婦人科の先生には、自分が心
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9734
IMG_9735

何という名前の薬だったか
忘れてしまいました…。


産婦人科の先生には、

自分が心療内科に通っていることや

心療内科の先生に
「母乳はあげないで下さい」
と言われたことを

きちんとお話しました。



心療内科に通っていて
もし2人目をお考えでしたら、

心療内科の先生と、
産婦人科の先生両方に

きちんと相談すれば、
不安は軽減出来ると思います。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の109話はこちら。私は、うつ病とは一生付き合っていくものだと思っています。(私の場合は再発してるので繰り返す可能性が高いというのもあり…)でも、薬を飲ん
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ



IMG_8345
IMG_8346

私は、うつ病とは
一生付き合っていくものだと思っています。
(私の場合は再発してるので
繰り返す可能性が高いというのもあり…)


でも、
薬を飲んで自己管理を
しっかりしていくことで、結果的には
ずっと元気に過ごせると思っています。



自分がうつ病だからといって、
周りにどういう対応をして欲しいと
前以てお願いしたりしていません。



基本的には、
自分で解決しています。


症状が出ないように
日頃から気をつけて、
(疲労が溜まると
症状が出やすいから、
疲れ過ぎないようにする。)

もし症状が出たら、

症状が治まるように
原因となる考え事を辞めたり、
切り替えたりしています。


それでも良くならない場合は、

家族には「頭が重い」「体がだるい」
と症状を伝えて、休みます。


どうしても症状が
解消されなくて辛い場合は、
頓服(抗不安薬)に頼ります。
(ここまでいくことはほぼありません。)



ちゃんと服薬して、
睡眠をしっかりとって、

自分の性格や思考のクセ、
気分の切り替え法を見つければ、

うつになったとしても、
また元気に過ごせるようになると
私は思います。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の108話はこちら!私もかつては、助けてと声を掛けもせず『頼れる人が誰もいない』と思っていました。みんなが仕事をしているのを知っていたから。みんなにはみん
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の108話はこちら

IMG_8316
IMG_8317


私もかつては、
助けてと声を掛けもせず
『頼れる人が誰もいない』
と思っていました。

みんなが仕事をしているのを
知っていたから。

みんなにはみんなの生活があるから。

助けてもらうのは『無理』だと
決めつけていました。



漫画では
すんなり頼れたように描いてますが、

頼ったが為に仕事を辞めて
もらうことになってしまったり、

仕事を休んで貰ったり、

経済的に負担をかけてしまったり、

たくさんたくさん迷惑をかけてしまいました。



毎回笑顔で引き受けて
貰えるわけではなくて、
嫌な顔をされることだってあります。




だから頼る時は、

覚悟を持って
『助けて欲しい』と言葉にして
伝えないといけません。



助けてもらったら、

次は自分が助ける側になれるように
元気で居続けて、

感謝の気持ちを
言葉や何かカタチにしていったら
良いのではないかと思います。


(【困った時はお互い様】という
スタンスで自分もいたいです。)




頼るのが苦手な人はまず、

相手に『助けて』と、
言うだけ言ってみて下さい。


最初から「絶対無理に決まってる」
「きっと迷惑がる」と決めつけられると、
相手も良い気がしません。


自分がどんなことで困っているのか、
どういう助けをもとめているのか、

ちゃんと言葉にして伝えてから、
『頼れる人がいない』と判断しても
良いのではと思います。



家族と死別していて天涯孤独、
周囲に頼れる人が本当にいない

もしくは

毒親だから縁を切っている

というような人は、
公的機関(保健所や役所など)に
頼るという手段もあります。



【誰にも迷惑をかけずに生きていく】
なんて、きっと無理な話。


人に頼り、
頼られながら生きていくのが、
上手な生き方なんじゃないかなぁ
…と思います。






↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の101話はこちら。娘、2歳3〜4ヶ月頃↓たまに『2人目を欲しいと思えたのはどうしてですか…?』『不安はありませんでしたか?』というご質問を頂きます。『欲しい
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の101話はこちら


娘、2歳3〜4ヶ月頃↓
IMG_8059
IMG_8060

たまに

『2人目を欲しいと思えたのは
どうしてですか…?』

『不安はありませんでしたか?』

というご質問を頂きます。


『欲しい』と思えたのは、多分、

【普通に元気だったから】
だと思います。


『不安』は、うつ病だからじゃなくて、
人並みにはあったと思います。


「私1人で2人も子ども連れて
スーパー行けるかなぁ〜」みたいな。


でも、『不安』よりも
『楽しみ』が勝っていました。




『先のことを考えて不安になる傾向』は、
うつ病になりやすい人に
多いなぁと感じます。


考えて不安になる人は、
『行動』が足りないそうです。


行動してみたら
案外大したことなかったな、

考え過ぎだったな、

と思うようなことってありませんか?


私はたまにあります。



人間、
分からないことや理解出来ないこと、
予測不可能なものには
『不安』や『恐怖』を抱きます。


しかし、
誰かに話したり、行動することで
『不安』は和らぎます。


不安を溜め込んでいる人は、

そのことを誰かに話したり、
思い切って行動してみては
いかがでしょうか?


「ずっと考えてたのに解決してた。
早く行動すれば良かった!」とか、

「ずっと悩んでたのに
相手はなんとも思ってなかった。
悩んで損した。」

ってこともあるかもしれません。





↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。前回の100話はこちら。ずーっと無症状で普通に過ごせていたので、2人目が欲しいと思って、先生に相談しました。そうしたら、漫画のような回答でした。 出来れば、『
はじめましての方は→コチラ

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

前回の100話はこちら


IMG_8013
IMG_8014

ずーっと無症状で
普通に過ごせていたので、

2人目が欲しいと思って、
先生に相談しました。


そうしたら、
漫画のような回答でした。 


出来れば、
『最初にうつになった時みたいに、
通院や抗うつ薬とサヨナラしたかった』
と言うのが本音でした。



しかし、


【うつ病になったことない人でも、
産後はうつ病になりやすい】
ということを知っていたのもあり、

先生が「最低量でも内服していた方が良い」
と言うので、それに従いました。



薬を飲んで、お腹の赤ちゃんに
影響無いのか心配でしたが、
【催奇性はない。妊娠可能】と
言われていたので、
それを信じることにしました。



のちに、
「先生の言う通りにしていて良かった」
と思う出来事があります。


それは…


…続きます。







↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめまして。私も昨年夏ごろから鬱が再発してしまい、また心療内科へ通院しています。9〜11月まで休職し、12月から復職しましたが、子供がらみのことや交通事故に遭ったことでストレスに感じ、良くなっていた症状が少し悪化してしまいました。具体的に言うと、不眠になって
IMG_7923

はじめまして。

私も昨年夏ごろから鬱が再発してしまい、また心療内科へ通院しています。

9〜11月まで休職し、12月から復職しましたが、子供がらみのことや交通事故に遭ったことでストレスに感じ、良くなっていた症状が少し悪化してしまいました。

具体的に言うと、不眠になってしまったんですが、9月中に抗うつ剤のみの処方され、それだけでは治らず、メイラックスという抗不安薬が追加されてすごく良くなり、断薬したところで子供がらみのストレスがきてしまい、1番悪かった頃よりはマシですが、早朝覚醒がぶり返してしまいました。

全く眠れないとかでは無いし、熟睡出来てるとは無いんで時期に治ると思うと私も先生も思っているんですが、元の処方のメイラックス追加だけでなかなか思うように回復に至らず、ワイパックス も夜に追加して飲んで落ち着いて眠れるようにするのもアリだと薬が追加されてしまいました。

ごく少量だから、問題ないとは言われても薬が増えたことがショックです。

食欲もあり、人と会ったり、出掛けたいという意欲はあるからなんとかメイラックスと抗うつ剤のみで乗り切りたいんですが、エマさんは抗不安薬に対しての依存とか怖くはなかったですか?

薬をキチンと服薬していても体調崩すとは思ってもみなかったからそれもショックです。

まとまりのない文章でごめんなさい。

周囲の人々も鬱には理解がある人が多いので、治して早く社会人として復帰したくてたまりません






お薬が増えるのは、嬉しくありませんよね。

やっぱり、
薬に頼らないで健康でいられることの方が
嬉しいですもんね。


次に受診した時、
先生に『お薬を増やしたくない』と、
自分の素直な気持ちをお話してみて下さい。


症状をみて、必要なさそうなら
もう処方しないだろうし、
飲んだ方が本人が助かるんじゃないかなと
先生が思えば、その薬の必要性や、
付き合い方を教えてくれます。



【薬をキチンと服薬していても体調崩すとは思ってもみなかった】というお話ですが、

服薬していても、
調子が悪くなることってあるんです…。


毎日穏やかな日々が送れればいいのですが、
人間関係やら環境やら、誰だって変化がありますよね。


女性ならばホルモンバランスのこともあるし、
お天気(気圧の変化)でも
調子が悪くなることもありますし…。


外的ストレスの重さで、
調子を崩してしまうことは私もあります。


どうしても調子が上がらない時は、
予約日を待たずに受診なさって下さいね。

そして、薬の量を相談して下さい。


【薬の依存性】が気になるのもわかります。
心配ですよね。


先生や薬剤師さんの説明を聞き、
用法用量をちゃんと守れば、
依存性はそこまで心配しなくても
良いのではないかと思います。


先のことを心配し過ぎず、

まずは今現在の
ご自分の健康な生活を守ることを
考えてみましょう。


あまり頑張り過ぎず、
自分にちゃんと逃げ道を
作ってあげて下さいね。


お大事になさって下さい。







↓その他のエピソードはこちら。
【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!