わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:うつ病

はじめましての方は→コチラ。前回の32話はコチラ。初めての育児、睡眠不足は当たり前。初めての事故、初めての骨折、一体いつになれば楽になれるのか…。自分のことを振り返る余裕もなく、いつも通りに家の中を回していかないといけない日々…『あの時』とは、うつ病編のこ
はじめましての方は→コチラ

前回の32話はコチラ



初めての育児、
睡眠不足は当たり前。

初めての事故、
初めての骨折、

一体いつになれば
楽になれるのか…。


自分のことを振り返る余裕もなく、

いつも通りに家の中を
回していかないといけない日々…

IMG_5630
IMG_5631

『あの時』とは、
うつ病編のこの話のことです。


人によって症状や
感覚は違うと思いますが、

私の場合は、
頭から電流が流れるような
感じが起こります。

そのビリビリという感覚が
指先にまで届いて、
手の震え(振戦)が起こります。


この時、
「あ、ヤバイ。またこの感覚だ。」と、

鬱が再発してしまった
かもしれないと直感しました。


34話に続きます。



↓その他のエピソードはこちら。
【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

はじめましての方は→コチラ。出産前は周期が安定しなくて【3ヶ月もない】なんてザラだったのに、出産を経験してからは毎月ちゃんと来る『月よりの使者』。実は数日前から日中眠かったり怠かったり食欲が増えてたりしてて、「…ん?どうしたんだろ?」って思ってたんですが、
はじめましての方は→コチラ


出産前は周期が安定しなくて
【3ヶ月もない】なんてザラだったのに、
出産を経験してからは
毎月ちゃんと来る『月よりの使者』。


IMG_5279

実は数日前から

日中眠かったり怠かったり
食欲が増えてたりしてて、

「…ん?どうしたんだろ?」
って思ってたんですが、

その原因がやっとわかりました。
(来た。)


(眠かったり怠いのは
元々の持病【うつ】のせいも
あるかなと思うのですが)


今回は腰痛腹痛は無いものの、
夜5〜6時間ちゃんと寝たのに
すごく眠くて午前中潰れてしまいました


朝からちゃんと動きたかったのに…

PMSって本当にこまりますよね_:(´ཀ`」 ∠):


【生理休暇】が取りやすい世の中に
なるといいなー


…ということで
本日はお休みを頂きたいと思います。


【産後にうつ再発編】の続きを待っていて
下さった方々、申し訳ありません

引き続きよろしくお願い致します。

はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。前回の話はこちら↓【産後にうつ再発編】片手での育児が始まる・26話25話の続きを再開しました…!(この話はこれまで
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

前回の話はこちら↓


25話の続きを再開しました…!
(この話はこれまで通り
人間デザインで描き上げます。)



時間が経過したら、右手が…
IMG_0763
IMG_0764

寝返り出来るようになると
オムツ替えの難易度って上がりますよね



毎日何気なく使って生活している両手。

それが突然、事故に遭って
利き手が使えなくなりました。

とてもとても不自由に思いました。


手首から上が腫れてパンパンになり、
指を曲げることすら出来ませんでした。


自分のことも片手じゃ満足に出来ないのに、
9ヶ月の娘のお世話や家事に追われる日々。

それに右手の診察やリハビリ通院が
加わって、さらに忙しくなりました。


第27話へ続きます!

はじめましての方はコチラ!『以前のが好き!』というご意見を頂きました。ありがとうございます好いてもらえてたなんて、感激です以前の絵柄だと、「こんなに自分のことを可愛く描いて…。自分のこと可愛いとでも思ってるの?」と言われたことがありました。少女漫画を読ん
はじめましての方はコチラ

IMG_0729

『以前のが好き!』というご意見を
頂きました。

ありがとうございます

好いてもらえてたなんて、感激です



以前の絵柄だと、
「こんなに自分のことを可愛く描いて…。
自分のこと可愛いとでも思ってるの?」
と言われたことがありました。

少女漫画を読んで育ったので
単純に可愛い絵柄が好きなだけで、
自分を良く見せたいわけではないのですが

「そんな風に言われるんだったら、
動物デザインにすれば良かったかな?」
と後悔したことがありました。


全ての人に文句を言われない絵柄なんて、
ないのかもしれない。


動物にしたら動物にしたで、
「前のが良かった」って
思われるかもしれない。


でも、

人間の姿で漫画を描くと、
【漫画的表現・演出】を過剰に
受け止められてしまい、
現実問題困ることがわかりました。


以前にも書きましたが、
ブログの漫画は
現実を元に描いてますが、
あくまで【漫画】です。


直接会ってお話しないと、
【ブログに描かれているエピソードの実際】
を知ることは出来ないと思います。

(話をしても、実際を知ることは
難しいと思います。当事者でないと。)


実際に、他のブロガーさんにお会いして、
わかるんです。

ブログの漫画を読んで
そのブロガーさんを全部知った気になって
会うと、

『自分が思っていた人物像と違った。』
『色々と思い違いをしていたな。』と
恥ずかしくなります。


やっぱり、
【ブログはその人の
ほんの一部で、
全てでは無い】んです。


これは、漫画を実際に描いたことのある人
(それもエッセイ漫画)でないと
わからない感覚かもしれません


なのに私は、

生身の私や家族と接している
身近な人なら、
【本人と漫画は違う】ということを
わかってくれてるだろう
と思っていたんです。


しかし、悲しいことに、
それは過信だったとわかる
出来事がありました。



なので、
『これは、事実を
元にしてるけど
漫画だからね』
絵柄で感じ取ってもらえるように、
今回、動物デザインに変えました。


だけど
『それを描いてる私』
は変わらないので。

描く内容も多分変わりないと思うので、
そこを楽しみにして頂けたら嬉しいです。


FullSizeRender
IMG_5103
IMG_5101

回復したと言えど波はありますが、
なんとかやっています。


過去記事を少しずつ整理し、
たくさん削除してしまいましたが、

反響を頂いていた『うつ病編』は、
とりあえず残すことにしました。


同じ病気で悩んでいる方の
参考になれば…と思います。


そして…

IMG_0730

描きたいことがたくさんあります。

たくさんあるのに
筆の進みが遅いですが(笑)

のんびりお付き合いして頂けると嬉しいです。

はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。24.事故後の怪我の状態の続きです。この時は、右手が使えない不便さをまだそこまで実感していませんでした。昼寝から
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ



IMG_0606
IMG_0607

この時は、右手が使えない不便さを
まだそこまで実感していませんでした。


昼寝から目覚めた後…

いつも通りに過ごそうとした時、
些細な行動も「片手じゃ難しい」と
実感することになりました。


この日から、家事や育児が
何倍にも、何十倍にも大変に
なってしまうのでした。


続きます→26話へ!





はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。23.廃車になったの続きです。事故に遭って、診察を終えて、1時間以上経った頃でしょうか。「え?そんな風に?嘘でしょ
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

23.廃車になったの続きです。
877D3AF4-807F-4EDA-B4E2-2A326CBB2B80
8E249B68-1989-42BC-9C82-6AFD1A708B8B

事故に遭って、診察を終えて、
1時間以上経った頃でしょうか。


「え?そんな風に?嘘でしょ?」
と思うかもしれませんが、

絵に描いた通り、右手が
プクプクと膨れ上がってきました。


怪我って、見た目に直ぐあらわれる
ものだけじゃないんだなと思いました。


絵の様な丸い膨らみが、
最初の膨らみを中心に
プクプクと増え続け、

最終的には、
右手全体が膨れ上がりました。


ジワジワと膨らむ自分の手を見て、

これからどうなってしまうのか…
という不安が湧き上がったのを
今でも覚えています。



当時のリアルな右手写真↓
IMG_3993
(当日はパンパンに膨らみました。
数日後は当日よりも少し萎みましたが、
まだちょっと浮腫んでいました。)

第25話へ続きます。





はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。22、事故の全貌が明らかにの続きです。前方の車に追突していたことが分かって、とても驚きました。その車の所有者の男
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ


IMG_0600

IMG_0598

前方の車に追突していたことが分かって、
とても驚きました。

その車の所有者の男性は、
「ブレーキを力強く踏んで無かったから
そんな風に飛ばされるんだ」とばかりに
私に言い放ってきました。


もっと力強く
ブレーキを踏んでいれば…
前方の車への追突は防げたのだろうか?


収納ボックスの中にあった
CDケースが粉々に割れているのを見て、

それだけでは防げなかっただろうと
私は思いました。


(むしろ前方の車は、
私の車が板挟みになったことで
衝撃を吸収出来たのではないかと思う。)



それまでの人生で1番
高い買い物だったマイカー。


追突の衝撃で車体は潰れ、
エアバッグも開き、
無残な姿でお別れとなりました…。


第24話へ続きます。




はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。21.事故後、0歳児は無傷の続きです。レントゲンを撮ったものの、骨折しているという所見はなく、湿布と鎮痛剤を処方さ
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ


IMG_0594
IMG_0595
レントゲンを撮ったものの、
骨折しているという所見はなく、
湿布と鎮痛剤を処方されて終わりました。

(この時は、右手の痛みしか
症状がなかったのですが、
のちに複数ヶ所、
異常が出てくるのでした。)


診察が終わった後、
主人の車で事故現場に戻りました。


事故のせいで渋滞が起こっている中、
事故現場前の交番へ行きました。


交番に着いて、
私はその時初めて知りました。


被害者は私の車だけでなく、
【私の前方に停まっていた車も】
ということに。


追突の勢いで前方に飛ばされ、
追突してしまっていたのです。

(ビリヤードの玉の様に
弾かれていたようですσ^_^;)


通りでスゴイ衝撃だった筈だ…(T_T)


第23話へ続きます。




はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。20.救急車で搬送されるの続きです。事故現場からかなり近い病院に搬送されたのですが、主人がすでに到着していて驚き
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ


IMG_3839
IMG_3838

事故現場からかなり近い病院に
搬送されたのですが、
主人がすでに到着していて驚きました。


でもそのおかげで、
手続きなどを代わりにしてもらえて
すごく助かりました。


この時、私の右手はもう、
鉛筆を握れない状態でした。



娘と2人で診察を受けるつもりでしたが、
「チャイルドシートに乗っていたし、
今はもうご機嫌だから大丈夫ですよ」
と言われ、私だけ診察を受けました。


私自身も、

「娘に怪我は見当たらないし、
機嫌も良いし、大丈夫だろう」

と思ってはいたのですが…。

(小児は「機嫌の良し悪し」や
「意識レベル」などで判断出来るので。)



やはり我が子となると、

「でも、本当に…?
本当にどこも怪我してない?
本当に、大丈夫なの…?
もしもの事があったら…?」

と心配で心配でたまりませんでした。


第22話へ続きます。



はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。19.事故当時0歳だった娘の続きです。事故に遭った場所が(運良く?)交番の前だったので、すぐに警察や消防の方々が駆
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

B2D00F77-52F3-4A59-931E-BA615F52B694
87853FB8-46AB-4B29-8C07-614EBE0C172B

事故に遭った場所が
(運良く?)交番の前だったので、

すぐに警察や消防の方々が
駆けつけてくれました。


冷静に考えれば、
救急車に乗るほどじゃ
なかったかもしれませんが、

この時はパニックで、
誘導されるがままに救急車で
搬送してもらいました。


救急車の中で既往歴など問診を受けた後、
家族に連絡しても良いと言われたので、
痛みのある右手で娘を支えながら
左手を使って連絡しました。


事故に遭ったという突拍子も無い出来事を
主人はスッと受け止めてくれて、
すぐに搬送先へ向かうと言ってくれました。


この時はまだ、
右手に見た目の変化は
ありませんでしたが…。


次第に怪我の全貌が
明らかになっていくのでした。


第21話へ続きます。



はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。18話『追突事故後に119番』の続きです。まだ0歳だった娘。こんな小さな時に、事故に遭遇してしまうなんて。どこが痛い
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ



448F992A-9D4E-4A38-BE58-138353CDAEF4
A0FED77B-16E8-4DD0-B984-AC0DEEBCD1F0
まだ0歳だった娘。

こんな小さな時に、
事故に遭遇してしまうなんて。


どこが痛いのかも
どう辛いのかもわからない。


もしも、

時間が経つにつれ、頭部から
ジワジワと出血していたら…?


色んな怪我の可能性を考えて、
怖くなりました。



今日は絵のタッチを変えてみました^_^夜は一応、5時間は寝てました。(ベッドに0時には入って、午前2時には寝れるかな…という感じ。)実は4〜5月くらいからずっとこんな感じでした。日中の活動時間が短い!単純に、『季節の変わり目(気温差が激しい)だからかな?』『イベ
今日は絵のタッチを変えてみました^_^

IMG_0580
夜は一応、5時間は寝てました。

(ベッドに0時には入って、
午前2時には寝れるかな…という感じ。)

IMG_0575
実は4〜5月くらいから
ずっとこんな感じでした。

日中の活動時間が短い!


単純に、
『季節の変わり目(気温差が激しい)だからかな?』
『イベントが多くて疲れてるのかな?』と思っていました。


だから、忙しい時期が過ぎて落ち着けば、
このまま良くなっていくだろうと思っていました。


無理して動くよりも、
眠気に従って寝る方を選択しました。


頭がスッキリするまで寝ると、
3時間くらいかかりました。


頭がスッキリしないまま起きると、
夕方以降の家事がスムーズにいかない気がして…。

夕方以降の家事が進まないと家族に迷惑をかけてしまうので、
それは絶対に嫌だから、

『寝すぎだよね…』と思いつつも、そうし続けていました。


(5月に入ってからは
喉風邪を引いては治り…の繰り返し。
 
風邪を引いてるせいもあるのかな?
と思っていました。)



過眠気味=動けない=うつ悪化?


それを先日、心療内科の先生に相談したら、
『睡眠導入剤を追加しましょう』と言われました。(頓服処方)
『ベッドに入ってから寝付くまでの時間が長いから』と…。


一度飲んでみたのですが…


眠剤使っても、日中変わらず
寝てしまう!∑(゚Д゚)

これには自分でもびっくり(笑)


睡眠がどうとかじゃなくて、
やっぱり何か、
頑張り過ぎてること
(エネルギーを注ぎ過ぎてること)
があるんだ…!

と思いました。


そしてまた考える…

IMG_0576
…で、
春頃から何を頑張ってるか考えてみたら、
ある答えに辿り着きました。
続きを読む

はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。15.追突された後の現実の続きです。追突事故に遭ったからといって車が火災するわけではないのですが、一瞬で色んな事
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ


の続きです。

IMG_3457
IMG_3458
追突事故に遭ったからといって
車が火災するわけではないのですが、

一瞬で色んな事態を考えて、
頭がパニック状態でした。


とにかく娘を抱き上げて、
119番や主人に連絡しなくては
と思いました。


まだ、たった9ヶ月の娘。


目に見えない怪我を負っていたら
と思うと、冷静でいられませんでした。




はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。14.タクシーから追突された瞬間の続きです。後部座席のチャイルドシートから娘の泣き声が聞こえてきました。後ろから
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ


の続きです。

IMG_3424
IMG_3425

後部座席のチャイルドシートから
娘の泣き声が聞こえてきました。


後ろから追突されたので、
後部座席にいた娘への衝撃は
計り知れません。


当時、たった生後9ヶ月だった娘。
(ちょうど9ヶ月0日だった。)


静かに眠っていたのに、
突然強い衝撃に襲われ、
どんなに怖かっただろうと思います。



バックドアは追突の衝撃で
ベコベコになり、
後ろのラゲッジスペースに食い込んで、
スペースが無くなっていました。



娘の乗ったチャイルドシートと、
食い込んできたバックドアの間を
後部座席の背もたれだけが隔てている

…という状況でした。




この時はもう、娘が心配で、
早く抱っこしてあげたくて。


でも頭の中はパニックで、
自分が怪我していることに
気づいていませんでした。





はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。13.運命の日がやってきたの続きです。『グシャっ』と効果音を描いてますが、【コレジャナイ感】があります。漫画でど
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

の続きです。


8500B5B6-E706-4349-B14C-DC93702F08C0
4959217F-8F11-430D-9839-0ADA87FF21A9

『グシャっ』と効果音を描いてますが、
【コレジャナイ感】があります。


漫画でどう表現すればいいんだろう…
あの瞬間…。

後ろからタクシーに追突されて、
すごい衝撃でした。

乾いた音がしましたが、

一瞬、音が消えたんです。一瞬。
大きな音を立てて追突されたハズなのに。



車内の小さなチリや
ホコリが舞い上がったのか、
車内はモヤがかかったように白くなりました。


エアバッグが開いていたのに、
私には開いたこともわかりませんでした。


衝突時の記憶が殆どありません。


事故って、こんな刹那に
起こるんだと思いました。





はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。12.離乳食は7ヶ月で始めた。の続きです。運命の日がやってきました。この出来事さえなければ、私はうつ病を再発せず
はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

の続きです。


運命の日がやってきました。

この出来事さえなければ、
私はうつ病を再発せずに
済んだかもしれませんでした。

6DF9BADF-9BEB-4689-B741-8C466C16E38C
FullSizeRender

皆さんのお子さんは、
チャイルドシートを嫌がらず
座っていてくれますか?

車内で泣いたりしませんか?


私が運転する時、娘は
後部座席のチャイルドシートに
座らせていたのですが、

当時はよくギャンギャン泣かれて
辛かったのを覚えています。


しかし、この日の娘は
チャイルドシートで静かに寝ていて、

落ち着いて運転出来ていました。


でもまさか、

税務署に向かう途中に
あんな目に遭うとは、

全く思ってもみませんでした…。


続きます。



関係ないけど、

今、これ狙ってます…。(笑)

はじめましての方は→コチラ。【初めてうつになった話】の第1話はコチラ。【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ。【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ。11、父親の育児負担の割合の続きです。【離乳食はだいたい5ヶ月頃から】と育児書には書いてますが、娘は心臓のことも

はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【娘(第一子)出産話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ

の続きです。

F25052B8-6243-4EEA-8212-17B1E50AB2F9
9DF42450-4713-4518-8C88-31AA3ADEF299

【離乳食はだいたい5ヶ月頃から】と
育児書には書いてますが、

娘は心臓のこともあってか体が小さく、
ベビーチェアにも座れない様子だったので、

生後6〜7ヶ月頃から始めました。


最初の1ヶ月は全くと言って良いほど
飲み込んでくれませんでした


離乳食を始めて2ヶ月目に入り、

ある日突然「パクっ。ゴクっ。」と
食べるようになり、
急な変化に驚いたのを覚えています。


娘は「食べさせて!あーん!」
というタイプではなく、

「そのスプーン渡しなさい!
自分で食べるわ!
っていうかスプーン面倒だわ!
手で鷲掴みよ!」
というタイプでした(笑)

私がスプーンで食べさせようとすると、
反り返って泣き喚くので、

新聞紙などを下に敷いて、
エプロンを着せて
好きに食べさせていたのですが、

毎回汚れ具合が酷かったです(笑)

(敷いている新聞紙を
はみ出すほどだった。)

頭にキャベツが乗っかっていた時は
笑いました(笑)



離乳食を始めて1ヶ月間は、

離乳食作りに慣れてなかったし、
作っても食べて貰えないし、

たくさん悩みました。


離乳食後の片付けは大変だったけど、

段々食べてくれるようになって、
授乳も間隔があくようになってきて、

小さめだけど、
ゆっくり成長してる娘を見て

「生後1〜2ヶ月の育児が
ずっと続いてるような感じだったけど…。
やっと…。やっと落ち着いてきたかも。」

と思えるくらいになりました。



こうしてやっと落ち着いてきたのに…

やっと育児が上手くいきだしたと
思ったのに…

娘がちょうど9ヶ月になったその日、
ついに、決定的な出来事が起こりました。