わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

タグ:いじめ

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!蜜柑さんのターンです↓トークアプリが当たり前になった今、こういうことって多いんじゃないかなぁと思います。↓日常漫画。 【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!誰かの悪口を言うと、やる気や快楽に関与するホルモン「ドーパミン」が放出されるそうです。ドーパミンは一度放出されると「より大きな刺激」を求めるようになるので、悪口の回数を増やしたり、より過激な悪口を言わないと、楽しい気

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!林檎さんのターン↓『いつも中心にいる。』『その人が言うことはみんなが納得しちゃう。』…みたいな人っていますよね。その中心人物によっては、良くない方向に進んじゃう時もあるけれど、良い方向へ引っ張ってくれる人を見ると、す

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!随分前に描いた創作漫画の続きをかなり久々に描きました。間が空いてしまって『???』な方が多い中、創作をこんなところでぶち込んですみません(笑)自分が仲良くしてた人が他の人と仲良くしてたら、ちょっとヤキモチやいちゃう気

初めまして。いつも投稿見させて貰ってます。相談させて下さい。今 私は学生で少人数の教室に通っていて毎日登校しています。ですがよく自分の限界が分からず 体調を崩して保健室に行ってしまったり、学校を休んだりしてしまいます。そこで相談なのですが、心の休憩を入れた

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!噂とか、「あの人は○○だから気をつけた方が良いよ」という言葉を鵜呑みにしてしまったことが私にもあります。それを言ってきたひとが、信頼している友人だったから。でも今は、『自分で見たものを信じよう』『見て、自分で考えて判

↑第1話はこちら! ↑前回の話はこちら!続きます↓【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。113話【番外編】もあります。(中傷被害に遭った話の後日談です。)【娘(第一子)出産話

シリーズ第1話はこちら↓ ↓前回までのお話はこちら ある日…新キャラ・柿崎さん初登場です。『あの人変わってるらしいから気をつけた方が良いよ』とか、噂が広まることありますよね。「自衛の為」「危険を回避する為」と言われれば聞こえは良いですが…。噂された当事者のこ

シリーズ第1話はこちら↑前回の話はこちら↓ 他人に色々言われても、堂々と振る舞っていれば良いんじゃないかなと思います。どう思うかはその人の自由だし、人の考えは簡単に変わらないものだろうから、『それは違う!』と押し潰すのもどうかな…と思うし。堂々と振る舞うこ

第一話はこちら↓↓前回はこちら 二重に整形した梨田さんの過去。周囲からの「似てない」「本当にうちの子?」という言葉は、言われた本人からしてみれば、胸に突き刺さるものだと思います。なんなら『自分だって好きでこの顔に生まれたわけじゃないよ。そんなの知らないよ。

第一話はこちら↓↓前回はこちら 苺さんは、整形している梨田さんが男子にモテモテなのが気に入らないらしい…。黙っているから攻撃されてしまうことってあるのかもしれません。思い切って打ち明けて「隠してるつもりないよ。平気だよ。」という凛とした態度でいれば攻撃して

第一話はこちら↓↓前回はこちら 梨田さんは二重術をした設定です。他人が気づかれたくないと思っていることを気づいてないフリして話題を振るのは、白状させたいのか反応を見て面白がっているのか…。何にしても、『良い行い』ではないなぁと思います。続きます↓ 【↓読者

第一話はこちら↓↓前回はこちら 遠回しに、周囲を巻き込んでジワジワと攻撃してくる人っていますよね。直接的ではないから、攻撃されてる本人は気付きにくいそうです。そして、攻撃の仕方も側から見れば『気のせいかな?』というレベルなので、たちが悪いそうです。こういう

第一話はこちら↓↓前回はこちら 『断ると噂がたつ』とか『仲間外れにされる』とか、大人の世界でもあるので悲しいですね…続きます↓ 【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。113話【

第一話はこちら↓↓前回はこちら 蜜柑さんの話に戻ります。自分の幸せの尺度で他人の幸せや不幸せを決めつけてはいけないなと思います。『可哀想』という言葉も、人を傷つけることがあるから使う時は気をつけたいです。続きます↓ 【↓読者登録してね】▼その他のエピソード

第一話はこちら↓↓前回はこちら 林檎さんの話をもう一つ。カップルって、依存度や束縛度の度合いで相性の良し悪しってあるんじゃないかなぁと思います。かまってちゃんなら、相手が構いたがりだったらきっと相性がいいんじゃないかなぁ。そこが合わないと、多分どちらかが息

第一話はこちら↓↓前回はこちら 今回は林檎さんのお話。本人は面白話のつもりでも、話のタネにされた方は笑えないこともありますよね。自分も気をつけたいなと思います。(自戒)あと、「家族だから」「血縁だから」「配偶者だから」という理由で自分との境界線を曖昧にして