はじめましての方は→コチラ

【初めてうつになった話】の第1話はコチラ
【産後にうつ再発編】の第1話はコチラ


IMG_0544
IMG_0545

この時の主人は、
人の2倍も働いていて
(↑同職者の人の証言)
とても忙しくしていました。


それなのに、
娘をお風呂に入れる為に
時間を調整してくれたこと、

本当にすごいなぁと思うし、
感謝していました。




(おむつは「オエッ」と
吐き気がしてくるので
替えられないそうですが(笑))



主人がこんなに調整してくれても、
帰宅が遅くなったりして…

「まだかなー。まだかなー。
もう娘をお風呂に入れたいなー。
でも自分がやりたいって
言ってくれてるし…。」

と思いながら、待ちくたびれる日も
多々ありました^_^;


で、辛抱強く待っていたら、
「今日はこの後飲み会にいくから
お風呂入れてあげられん!」
と言って、自分だけシャワー浴びて
バタバタ出て行かれる時もありました^_^;


「まだかなー。まだ帰って来ないなー」
と思いながら待つのは、
私にとっては結構なストレスだったので、

今思えば、待ってないで
自分や娘のペースでやれば良かったなぁ
と思いました。


お風呂から出たら、主人は
ビールとおかず最低3品欲しい人なので、

お風呂上がりの娘を受け取ってからも
私はバタバタしてました(>_<)

(昼間に少しでも準備出来てれば
良かったんですが、出来ませんでした。)



うつ病が軽快した今も、
晩御飯の準備の時は

「早くしなきゃ。
食卓をちゃんとしなきゃ。」

という焦りが出てきて、
動悸が起こることがあります。


私はお酒を飲まないので、
お酒に合うおつまみが分からなくて…
(主人はお酒好き)

私にとって晩御飯は、
1番プレッシャーのかかること
だったようです。


家事育児の割合を数字で表すならば…


昔の我が家は

私:主人=9.5:0.5
(主人は子どものお風呂のみ。)

現在の我が家は…

私:主人=8:2

(仕上げ歯磨きをしてくれたり、
遊びに連れて行ってくれるようになった。)

かなぁ…と思います。



これ以上、主人の割合が増えることは
望んでいません。

今、子どもたちもだいぶ
大きくなってきましたし…。



むしろ、娘が小さい時に
もっと協力してもらえていたら
良かったのになぁ…とは思います。


実家が遠い私は、
主人を1番頼りにしていたので。



それか、娘が小さいうちは、
長期間実家に戻っていれば
良かったと思いました。


(同じように実家が遠くて、
旦那さんの帰りが遅い友人に聞いたら、

子どもが小さい頃は、
何ヶ月も実家に戻っていたそうです。)


…あ、でも、娘の場合は小児循環器科の
定期受診があったから無理だったかな…。
(地元には小児循環器科は無い)



…なんにしても、母親1人で
小さな子どもの面倒をみるのには
限界があります。


1人でも多くのお母さんが、
孤立しないで育児出来たらなぁ
…と思います^_^