この瞬間は

この時の感覚は
今でも忘れません。

 

手が震えて止まりませんでした。

 

点滴に、注射器で薬を詰めるのも

危ういくらい震えていました。

 

この時の体の不調は…

 

疲労感(疲れがとれない)

倦怠感(体が重い)

何を食べてもおいしく感じない

体重減少

生理不順

肌荒れ

 

…という状態でした。

 

しかしずっと不規則勤務なので、

自分の体は「こんなものだ」と思っていました。

 

この4コマの後、

うつ病編第1話の状況になります。

 

 

ついに発症してしまって、

それからどういう過程をたどって

心療内科を受診するに至ったか

…をまだ数話描きたいと思っています。



14話へ続きます

 





ライターとしてお仕事させて頂いてます↓
 
image
 
 
 
 

↓ポチッとして頂けると嬉しいです音譜
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村