当時は視野が狭かったと思います。

職場と自宅の往復が全てでした。


心療内科に行く以前は、

自分のご飯の用意すら出来ず、

もちろん食べることもせず、

寝てばかりでした。


誰もいない自宅で、

ひたすら寝ていました。


「仕事だけはなんとかいかねば」

「みんなに迷惑を掛けられない」


毎日そんなことを思っていました。



26話へ続きます