↑第1話から読むにはこちら!

↑前回の話はこちら!

お年頃(中学生以上)になり、

人並みにおしゃれに関心が

出てきたりしましたが、

 

何をねだっても「ダメ」と

言われることが多かったので

いつしか「親にねだる」という事を

全くしなくなりました。

(諦めの域に達していました

 

 

「服が欲しい」

「美容院行きたい」

「お小遣いもうちょっと欲しい」

等々、全くねだったことがありません。


美容院、19歳になって初めていきました。

それまでは母(素人)が切ってくれていました。

 


私は三姉妹の真ん中っ子なのですが、

姉や妹は普通にねだっていたと思います。

 

真ん中っ子の気質なのでしょうか…

 

「嫌な顔されるくらいなら、親にねだらない。

いつか自分で働いたお金で好きな服を買う。

誰にも迷惑をかけない!」

 

という感じで、

自分の欲求を見て見ぬふりして

学生時代を過ごしました。

 

(遊ぶお金もあまりなかったので、

自宅でひたすら絵を描いて

休日は過ごしていました。

 

それはそれで、画力が上達するのが

楽しかったので充実はしていました。)

 

 

なので「誰かに何かを買ってもらう」

「何かをしてもらう」ということが

とても苦手です

 

申し訳ない気持ちで

いっぱいになってしまいます。

 

でもそういう時は素直に

「相手の好意を受けとる」

 

ということを経験上学んだので、

「ありがとう」と言うようにしています。

 

 

旦那さんは気前が良いので

よくこんな風に言ってくれるのですが、

私はギクシャクしてしまいます

 

素直に可愛く「ありがとう」って

サラッと言えたらいいのになぁ(笑)

 

 

最後に…

 

ふと疑問に思ったのですが、

 皆さんは『高校生のお小遣い』は

いくらぐらいが妥当だと思いますか?

(私は月3千円でやりくりしてました。

周りは5千円の子が多かったです。)

 

バイトしたかったけど、

地元には学生がバイト出来るお店が

なかったので出来ませんでした

(離島の田舎)

 

↓続きます






↓大反響を頂いた、仕事を休職した話。
【初めてうつ病になった話】はコチラ!
↓【産後にうつ病が再発した話】第1話はコチラ。

↓誹謗中傷被害に遭った話。


↓【初めての出産】第1話はコチラ。


↓【本当に遭った病院に幽霊が出た話】第1話。
↓【お友達に怪我させちゃうと思って焦った話】
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村