↑前回の記事はこちら。




申し送り後の業務の前に、
ひとつ言いたいことが…
IMG_6218

でも実際は…
IMG_6219
こんな感じの患者さんが多いです。

肺炎や消化器系の疾患で入院したとしても、
既往歴に脳卒中などがあって、
意思疎通の出来ない患者さんも多いです。

(もっと付け加えると心電図のモニターとか
酸素飽和度を測る機械とかあるし、
外科だとドレーンがあることもあるし
消化器系だと鼻からマーゲンチューブが
入ってたりします。管が多いのです。)


黒髪だった患者さんも
次第に白髪が目立つようになったり、
お髭が生えてきたり、
皮脂で汚れてしまったりと、

入院が長引くにつれて
身なりが乱れてきてしまいます。


しかし重症で動けなかったり、
そもそも寝たきりだと自力で
お風呂に入れないので、
体拭き(清拭)や陰部洗浄になります。

(軽快すればストレッチャーに寝たまま
シャワー浴が出来る。)



前日のうちに、誰かがケアする患者さんを
こんな風にリストアップしておいて…
IMG_6220


部屋持ち看護師全員でオムツ交換と
陰部洗浄(または清拭)に回ります


IMG_6221
(病院施設により業務のながれは異なります。)



『保清』も看護師の
大事な仕事の一つなので、
看護師は患者さんと繋がっている
たくさんの管に注意を払いつつ
ベッド上でそれを行います。




看護師不足が話題になっていた時、
「看護助手さんや介護士さんに介護を
任せれば良いじゃないか」
とのご意見を
テレビで拝見しましたが、
医療機器が繋がっている患者さんに対して、
看護助手さんたちは看護師不在では
ケアに入れません。


何かの大事な『管』が、
ケア中に外れてしまう可能性があるからです。
その時対応するのは、
看護師でなければいけません。


そして部屋持ち看護師は、
清拭、陰部洗浄、オムツ交換などの後は
『検温』『点滴交換』に回らなくてはいけません。


果たして10時の点滴交換に間に合うのか?!

次は清潔ケアの模様を具体的に漫画化
してみたいと思います。


時間に追い込まれる看護師の毎日…
続きます↓






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。



初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ


113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)


【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ



看護学生時代の話↓
本当にあった病院での心霊現象

子どものケンカ編の1話目はこちら

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村