↑前回の記事はこちら。




看護師は『白衣の天使』というイメージが
あると思いますが…
実際どんな風にお仕事をしているのか
知らない人は多いと思います。


現実には『3K』な仕事だと言われてます。
(きつい、汚い、危険。昨今は『9K』とも
言われているらしい…。)
↑頷きが止まらなかった記事(笑)



多くの方に、看護師のことを
知ってもらえたらなぁと思い、
その為に看護師漫画を描くことにしました。


「『看護師不足』って聞くけど、
どうして不足してるの?」という
疑問の答えがわかるかも…?


(看護師業務は病院・施設により異なる為、
この漫画はあくまで「ある事例の1つ」と
思って参考程度にご覧下さい。)


では日勤(8時30分〜)のはじまりです。
IMG_6176
病棟についたらボードを見て、
今日の担当業務をチェック。

(部屋持ち、点滴当番、フリー番等がある。)


この日は『部屋持ち』。
IMG_6177
『部屋持ち』は、
担当する部屋(病室)の患者さんを
その日全員受け持つ。
IMG_6178
まだ始業前だけど、ここは重要なので
全集中でカルテを見ます。

ドクターの指示に追加・変更がないのか、
隈なくチェックします。

IMG_6179

点滴が24時間繋がっている患者さんは
どのくらい点滴が入って、
どのくらい出たのか(尿)を記録します。
(その事をIN/OUTと言ってました。)


IN/OUTをチェックして
点滴のパックを交換する時間、
排尿パックの尿を廃棄する時間、
痛み止めのパッチを交換する時間、
抗生剤の時間、
胃ろう栄養の時間、
…などなど色々と決まっています。


当たり前かもしれませんが、
受け持つ人数が多ければ多い程
時間通りにやる事は困難になります。


IMG_6181

IMG_6182

夜勤看護師から日勤看護師へ
バトンタッチ!


情報収集の時から
「見落としてはいけない!」という
緊張感は始まってましたが、

ここから更に「業務を滞りなく
やらなくては!」という緊張感が
加わります。

それが『やりがい』でもあるけれど⁈



次回へ続きます↓








【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。



初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ


113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)


【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ



看護学生時代の話↓
本当にあった病院での心霊現象

子どものケンカ編の1話目はこちら

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村