わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

どこかで、【日中は微熱に下がるけど夜になると高熱になるのが5日以上続いている。大人の自分でも死ぬかと思うほどキツい。どうして入院させてもらえないのか。】というのをお見かけしました。多くの人は39度や40度が出るととても驚きますし、『こんなに症状が重いのに!』と

どこかで、

【日中は微熱に下がるけど
夜になると高熱になるのが5日以上
続いている。
大人の自分でも死ぬかと思うほどキツい。
どうして入院させてもらえないのか。】

というのをお見かけしました。


多くの人は39度や40度が出ると
とても驚きますし、
『こんなに症状が重いのに!』と
思うかと思います。


しかし熱は、自分の体が
ウイルスや菌と闘っている証拠なので、
水分や食事が摂れていたり、
気分や体力があれば無理に下げる必要は
ありません。


それよりも全身状態を見ることが
大切です。


端的に言ってしまえば

食べること
寝ること
歩くこと
排便排尿

が自力で出来れば
入院の必要はありません。

IMG_1427

ゆっくり静養していただくことで
ご自身の免疫力で回復することができれば、
熱は必ず下がりますし、
全身状態も良くなっていきます。



ただ、下のイラストの場合は
入院が必要になります。

IMG_1429

ご飯が食べれない
水分が摂れない
摂れていても、吐いたり下痢を繰り返すことで吸収されていない(脱水)
尿が少なすぎる(脱水)
咳がひどいし呼吸も苦しい


採血の結果(血液データ)の良し悪し
CTやレントゲン、酸素飽和度の良し悪し

以上を総合的にみて、
医療の介入が必要と判断されれば
高熱じゃなかろうと入院が必要です。


肺炎であっても
歩けてご飯も水分も摂れるならば
入院にはなりません。

(高熱やひどい咳、頭痛などで
お辛いとは思いますが、
食べる、飲む、歩く、トイレ行く
が出来ていれば自力で回復出来ます。)



簡単にいうと、

高熱かは関係なく、
酸素と点滴が必要なら入院

というところでしょうか。



しかし医療崩壊が起こって
ベッドも医療資源も医療従事者も
足りなくなってしまうと、

必要な酸素も点滴も
出来なくなってしまいます。



医療・看護の介入が必要な
中等度、重症度の高い人々の
病院のベッドが足りなくなることが
1番恐ろしいことだと私は思っています。


助かる命が助からなくなってしまいます。



もし、なかなか回復せず疲弊し、
息苦しさも軽減せず、
飲食が段々困難になってきたら
迷わずすぐ再受診なさって下さい。

(採血、レントゲンなど検査を経て、
所見次第で判断されると思います。)



『入院は必要ありません』と
判断された場合は、
どうかご自宅でゆっくり
静養なさって下さい。



現場の医療従事者の方々が
一生懸命対応してくれているので、

どうかご理解とご協力を
よろしくお願いします。

第一話はこちら↓↓前回はこちら 『断ると噂がたつ』とか『仲間外れにされる』とか、大人の世界でもあるので悲しいですね…続きます。【↓読者登録してね】▼その他のエピソードはこちら。初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。113話【
第一話はこちら↓
↓前回はこちら



IMG_1380
IMG_1381
IMG_1382
IMG_1383

『断ると噂がたつ』とか
『仲間外れにされる』とか、
大人の世界でもあるので
悲しいですね…





続きます。



【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

第一話はこちら↓↓前回はこちら 蜜柑さんの話に戻ります。自分の幸せの尺度で他人の幸せや不幸せを決めつけてはいけないなと思います。『可哀想』という言葉も、人を傷つけることがあるから使う時は気をつけたいです。続きます↓ 【↓読者登録してね】▼その他のエピソード
第一話はこちら↓
↓前回はこちら



蜜柑さんの話に戻ります。

IMG_1354
IMG_1355
IMG_1356
IMG_1357

自分の幸せの尺度で

他人の幸せや不幸せを
決めつけてはいけないな

と思います。



『可哀想』という言葉も、

人を傷つけることがあるから
使う時は気をつけたいです。


続きます↓




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

第一話はこちら↓↓前回はこちら 林檎さんの話をもう一つ。カップルって、依存度や束縛度の度合いで相性の良し悪しってあるんじゃないかなぁと思います。かまってちゃんなら、相手が構いたがりだったらきっと相性がいいんじゃないかなぁ。そこが合わないと、多分どちらかが息
第一話はこちら↓
↓前回はこちら




林檎さんの話をもう一つ。
IMG_1326
IMG_1328
IMG_1329
IMG_1330


カップルって、
依存度や束縛度の度合いで
相性の良し悪しってある
んじゃないかなぁと思います。


かまってちゃんなら、
相手が構いたがりだったら
きっと相性がいいんじゃないかなぁ。


そこが合わないと、
多分どちらかが息苦しく
なっちゃうんだと思います。


続きます↓





【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

第一話はこちら↓↓前回はこちら 今回は林檎さんのお話。本人は面白話のつもりでも、話のタネにされた方は笑えないこともありますよね。自分も気をつけたいなと思います。(自戒)あと、「家族だから」「血縁だから」「配偶者だから」という理由で自分との境界線を曖昧にして
第一話はこちら↓
↓前回はこちら


今回は林檎さんのお話。

IMG_1302
IMG_1303
IMG_1304
IMG_1305

本人は面白話のつもりでも、
話のタネにされた方は笑えないことも
ありますよね。

自分も気をつけたいなと思います。(自戒)


あと、「家族だから」「血縁だから」
「配偶者だから」という理由で
自分との境界線を曖昧にしては
いけないなと思います。


『親しき中にも礼儀あり』


『自分とは違う他人』だということを
忘れないようにしたいと思います。




続きます↓




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

第一話はこちら↓↓前回はこちら 蜜柑の親友は…『いじめられるまで、あと○日?』繊細な人ほど、会話の中の言い回しや言葉に込められた感情や隠された気持ちを汲み取りやすいので、トークアプリで多人数とやりとりするのは疲れるんじゃないかなと思います。続きます↓ 【↓
第一話はこちら↓
↓前回はこちら


蜜柑の親友は…

IMG_1279
IMG_1280
IMG_1281
IMG_1282

『いじめられるまで、あと○日?』




繊細な人ほど、

会話の中の言い回しや
言葉に込められた感情や
隠された気持ちを汲み取りやすいので、

トークアプリで多人数とやりとりするのは
疲れるんじゃないかなと思います。


続きます↓






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

第一話はこちら↓↓前回はこちら 運営委員会が終わって…『いじめられるまで、あと○日?』長文を送る人、必要最低限のやりとりをする人、雑談をたくさんする人、絵文字をいっぱい使う人、スタンプをたくさん使う人、なかなか既読にならない人、すぐ既読になる人、返事が遅い
第一話はこちら↓
↓前回はこちら


運営委員会が終わって…
IMG_1244
IMG_1245
IMG_1246
IMG_1247

『いじめられるまで、あと○日?』



長文を送る人、
必要最低限のやりとりをする人、
雑談をたくさんする人、
絵文字をいっぱい使う人、
スタンプをたくさん使う人、
なかなか既読にならない人、
すぐ既読になる人、
返事が遅い人・早い人、


トークアプリの使い方って、
人それぞれだなぁと思います。



私はあまりマメじゃない方です(笑)


続きます↓





【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

第一話はこちら↓ ↓前回はこちら 運営委員会で2人1組になってアイデアを出すことに…『いじめられるまで、あと○日?』‪他の人には愛称なのに、ある人に対しては名前呼びも愛称も呼ばないってどういう心理なのかな?‬って不思議に思います。(名前を知っているハズなのに
第一話はこちら↓
↓前回はこちら



運営委員会で2人1組になって
アイデアを出すことに…
IMG_1234
IMG_1235
IMG_1236
IMG_1237

『いじめられるまで、あと○日?』



‪他の人には愛称なのに、
ある人に対しては
名前呼びも愛称も呼ばないって
どういう心理なのかな?‬
って不思議に思います。

(名前を知っているハズなのに。)


カップルとか夫婦だったら、
『照れくさいのかなぁ?』
と、推測出来るのですが…。


因みに私は、
じっくり相手との関係を
つめていくタイプなので、
愛称で呼ぶのに時間がかかります。

(どうでもいい情報(笑))


愛称で呼んでみたいけれど、
『私なんぞが気軽に愛称で
呼びかけちゃっていいの…⁈
まだ早いかな…⁈』
といつまでも考えてしまい、
自分にGoサインが出せません(笑)





続きます↓





【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

前回の話はこちら↑運営委員会が始まり…『いじめられるまで、あと○日?』『2人1組になって』『○人グループ作って』というのが苦手なタイプと別に気にならないタイプがいると思いますが、皆さんはどちらですか?仲良しグループの人数ピッタリだったら良いかもしれませんが
前回の話はこちら↑


運営委員会が始まり…
IMG_1225
IMG_1226
IMG_1227
IMG_1228
『いじめられるまで、あと○日?』



『2人1組になって』
『○人グループ作って』
というのが苦手なタイプと
別に気にならないタイプがいると思いますが、
皆さんはどちらですか?



仲良しグループの人数ピッタリだったら
良いかもしれませんが、
多かったり少なかったりすると、
誰かが抜けたり、
あまり交流のないグループの中に
入らないといけなかったりするので、

こういう場面では気まずい空気が
流れる気がします。



続きます↓




↓最初からはこちら。【第一話】


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


前回はこちら↑同じクラスで同じ運営委員になったメンバーは…『いじめられるまで、あと○日…?』ノリが良い人って魅力的だなぁと思います。ただ、『ノリ』とか『冗談』って、互いの距離感を見誤っていたら相手を傷つけかねないので、難しいなと思います。↓続きはこちら!
前回はこちら↑



同じクラスで同じ運営委員になったメンバーは

IMG_1212
IMG_1213
IMG_1214
IMG_1215
『いじめられるまで、あと○日…?』




ノリが良い人って魅力的だなぁと思います。


ただ、『ノリ』とか『冗談』って、

互いの距離感を見誤っていたら
相手を傷つけかねないので、
難しいなと思います。



↓続きはこちら!






【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら





人間関係について色々思ってることを表現出来たらと思って…創作漫画シリーズを始めたいと思います。上手く描きあげられるか不安ですが…コツコツ描いて行きたいと思います。『いじめられるまで、あと○日…?』基本、人は良い人ばかりだと思います。でも、信じ切ることは怖
人間関係について色々思ってることを
表現出来たらと思って…
創作漫画シリーズを始めたいと思います。

上手く描きあげられるか不安ですが…
コツコツ描いて行きたいと思います。



IMG_1182
IMG_1183
IMG_1184
IMG_1185
『いじめられるまで、あと○日…?』






基本、人は良い人ばかりだと思います。



でも、信じ切ることは怖いなと思います。



『いい人のふりして攻撃してくる人』もいるから。



↓続きはこちら。




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

カミソリで自己処理をし続けてもどんどん生えてくるし終わりがない…という悩みを抱えていませんか?かつて私も同じように悩んでいましたが、脱毛始めてからどんどん薄くなり、生えるペースもどんどん開いてきて、今では年に4回くらいしか自己処理してません。『こんなに楽に
IMG_0997
IMG_0998
IMG_0999
IMG_1001
IMG_1002
IMG_1003
IMG_1004


カミソリで自己処理をし続けても
どんどん生えてくるし終わりがない
…という悩みを抱えていませんか?

かつて私も同じように悩んでいましたが、
脱毛始めてからどんどん薄くなり、
生えるペースもどんどん開いてきて、
今では年に4回くらいしか自己処理してません。

『こんなに楽になるなら、
もっと若いうちから
やっとけば良かった…!』と思っています!


ミュゼのキャンペーンは
とってもお得なので、
是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか?


3月14日〜3月23日までに
下のURLからのご予約で、

両脇、Vライン5年間通い放題+全身初めてコース1回

がフォロワーさん限定にて
100円→50円になります!


カウンセリングも無料ですので、
是非お気軽に予約してみてください✨


↓御予約はこちらから!




↑前回の記事はこちら。今回はウイルスについて。医療従事者ならば知っている基本的な部分です。(細菌性が合併してることもあります。その時は抗生剤が出ます。)(抗ウイルス剤はヘルペス治療薬のゾビラックスとかHIV治療薬とかがありますが、本当に少ないです。)「じゃ
↑前回の記事はこちら。


今回はウイルスについて。
医療従事者ならば知っている
基本的な部分です。

IMG_0937
(細菌性が合併してることもあります。
その時は抗生剤が出ます。)
IMG_0938
IMG_0939
(抗ウイルス剤はヘルペス治療薬のゾビラックスとか
HIV治療薬とかがありますが、本当に少ないです。)
IMG_0940


「じゃあなぜ恐れている医療従事者もいるの?」
と疑問に思う人もいると思います。


その理由は、

『新型』である為にデータが少ない為、
みくびってもいなければ侮ってもいない
…ということかなと思います。

医療従事者は常に『最悪の事態』を
想定しながら慎重に行動するものなので。




あと、
コロナ自体を恐れているというより、

パニックになった人々が病院に
押し掛けてきて
医療崩壊が起きてしまうことを
危惧しています。


コロナ以外の重症な患者さんは、
変わらず病院を必要とし、
入院していらっしゃいます。


その患者さんたちに
感染してしまわないよう、

自分たちが感染して医療の手が
患者さんに十分に届かない事態に
ならないよう、

慎重になっているのだと思います。



色々分からないなーと思っている方はまず、

『指定感染症』のことや、
『PCR検査』の感度と特異度のことを
調べてみてはいかがでしょうか。



(説明が恐ろしく下手なので
もうここまでで…(^^;;)



↓この動画がわかりやすいかも…?


(この動画は12月10日時点のものだそうです。)


【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

↑前回の記事はこちら。たくさん検査をしている国がある中、どうして日本は…?と思っている方にわかりやすくお伝え出来ないかな…?と思って簡単に漫画にしてみました。当てはまらない部分もあるかもしれませんが、「何もおかしなことじゃないんだよ」ということが、大まか
↑前回の記事はこちら。


たくさん検査をしている国がある中、
どうして日本は…?

と思っている方に
わかりやすくお伝え出来ないかな…?

と思って簡単に漫画にしてみました。


当てはまらない部分もあるかもしれませんが、
「何もおかしなことじゃないんだよ」
ということが、
大まかに伝われば良いなぁと思います。

IMG_0924
IMG_0925

ドクターは診察時、
時期や流行を考慮しつつ、
体の症状などを診て診断出来ます。



そして新型コロナに限らず、

呼吸器感染症と思われる患者さんが
受診した場合…

IMG_0920

普通の人は、感染した細菌やウイルスを
気にする方が多いですが、

医療従事者は
【全身状態】を診ています。


『検査したか・してないか』は関係なく、

どの患者さんに対しても
『もしかしたら感染してるかもしれない』
『感染させないようにしなくてはならない』

と常に考えながら
診察、治療、看護にあたっています。


もし入院したら…
IMG_0921

『出来ないこと』とは…↓

食事・水分摂れない…補液
薬飲めない…点滴治療
呼吸困難…酸素吸入、薬液吸入

これらをさせて頂きます。



なかなか改善が見られない場合は…

IMG_0926
それまでの治療から
別の治療を選択する為に
検査をしたりします。

(最初から強力な薬を
使うわけにはいきませんから。)



これは体験談ですが、
娘が2歳の頃に肺炎で
入院したことがあります。

高熱続きで脱水になっていたのが
入院の主な理由です。


入院してからも
なかなか熱が下がらなかったので
ドクターが検査指示を出しましたが、

結果が出る前に熱が下がり、
入院のストレスも酷かったので
退院しました。


検査結果を知ったのは
退院後最初の通院で、

結果は【2つの菌に感染していた】
ということでした。


『2つも同時に感染してたのか!だから
治るのに少し時間がかかったのかな?』
というのが当時の私の感想です。


IMG_0922
↑内科、消化器科、小児科勤務経験あり。
(外科もちょこっと)

IMG_0923


検査が必要ならば、
ドクターがそう判断してしてくれます。


『心配だから検査して下さい!』と
検査してもらうことに躍起にならず、
現場の指示に従ってください。


よろしくお願いします。





(説明下手なので、わかりにくかったら
すみません。解釈の違いとかもあるかも(T-T))




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら

前回の記事はこちら↑罹ってしまうのは誰のせいでもないと思います。(予防接種出来るものは受けといた方が良いと思いますが。)そしてコロナ以外にも肺炎になるウイルスはいますし、他のウイルスでも髄膜炎になることもあります。『もしコロナだったら家族にうつしてしまう
前回の記事はこちら↑



IMG_0870
IMG_0871
罹ってしまうのは
誰のせいでもないと思います。

(予防接種出来るものは受けといた方が
良いと思いますが。)


そしてコロナ以外にも
肺炎になるウイルスはいますし、
他のウイルスでも
髄膜炎になることもあります。



『もしコロナだったら
家族にうつしてしまうのは
嫌だから検査して欲しい!』

という声をTwitter上で見掛けたのですが…

IMG_0872
IMG_0873

感染させないように気配りするのは、

『コロナだけじゃなく
普通の風邪も同様ではないかな?』

と思います。


だからコロナかどうかハッキリしてなくても
このように行動します。



ウイルス性の感染症に対して
出来る治療は対症療法なので、
コロナかどうか分かったところで
治療法は何も変わりません。


『コロナかどうか』を気にしすぎず、
まずはいつもの風邪のようにゆっくり休んで、
体を大事にして欲しいと思います。

(もちろん、呼吸困難や、高熱続き、
水分や食事が摂れないといった場合は
医療機関に相談した方が良いと思います!)



これだけテレビで騒がれてるので
気にしないでっていうのも無理かなー
とは思いますが…


入院加療が必要なほど重症で、
なかなか改善しないようならばドクターが
「検査が必要」と判断するかもしれません。

検査が必要か否かは、
ドクターの判断に任せるべきだと思います。



そんなこと考えてる私は…

IMG_0874

長女を出産してからの9年間、
発熱したのはたったの2回だけです。

(しかも何の発熱か分からないまま
元気になりました。)


特別丈夫な身体をしてる
わけではないので…不思議(笑)



↓次はこちら。




【↓読者登録してね】



▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら