わたくしごとですが。

とある女のライフステージを絵日記で綴ったブログ。学生、社会人、結婚・出産、子育ての中に、意外と山あり谷ありな半生が!?

はじめましての方は→コチラ。前回の記事では、【外向型と内向型に優劣は無い】ということを書きました。①人間関係内向型…狭く深く外向型…広く浅く②仕事内向型…専門領域を極めやすい外向型…マルチタスク③エネルギー内向型…自分の中に力を秘めている外向型…外から力
はじめましての方は→コチラ


前回の記事では、
ということを書きました。



①人間関係
内向型…狭く深く
外向型…広く浅く

②仕事
内向型…専門領域を極めやすい
外向型…マルチタスク

③エネルギー
内向型…自分の中に力を秘めている
外向型…外から力をもらう

④刺激
内向型…外的刺激に弱い
外向型…外的刺激に強い

⑤1人時間
内向型…多い(必要)
外向型…少ない


…という風に、
2つに分けられますが、実際は…

IMG_9926

当たり前ですが、
内向型にも様々なタイプがあると思われます。


例えば私の場合ですが、
内向型だからといって、

多くの人と、
全く交流出来ないわけではありません。

IMG_9928
みんなでワイワイして、
楽しめることもあります。


ただ、話に入る時、
その場の雰囲気や
どう相槌を打てばいいのかや、
周囲の人の表情を見て、
色々考えながら話を聞いているので
終わった後

IMG_9931

ムチャクチャ疲れます。
(頭がショートします。)



どちらかというと、
一対一で会話する方が好きです。
IMG_9927

冗談を言い合ったりとかじゃなく、
悩み事など深い話をする傾向にあります。



そして仕事の場合は…
IMG_9929
看護師時代、
一応、テキパキと動いてました。

勤務中は全神経を研ぎ澄まして、
業務にのぞみます。

テキパキと仕事をするのは、
とてもやりがいのある事でした。


…ただ
IMG_9931
仕事が終わった後、
帰宅してご飯を作ったりする
余力がありませんでした。



独身のままだったら
自分のことだけやればいいので
問題なかったのですが、

家庭を持つと、
自分のことだけでは済まないし、

特に看護師という仕事は、
マルチタスク能力が必要なので、
仕事と家庭の両立が難しかったです。




現在は、フリーランスとして、
自宅で執筆作業をしています。

これなら1つのことに集中出来るので、
どこかに勤めるよりも楽…

IMG_9930
…かと思われがちですが

IMG_9931
これもまた、
それなりに疲れます。
(一応、無い頭を使っているので(笑))


締め切りがあれば時間に追われるし、
収入は安定しないので、
それなりに大変なことはあります。


ただ、
「内向型の自分に合ってるな」
と思うところは、

マイペースに作業が出来るところ。


決まった時間に出勤しなくていいし、
子どもの行事や体調不良に対応しやすいし、

FullSizeRender
休憩もとりやすいです。

(締め切りによっては睡眠時間を削る
事もあるので一概には言えませんが。)





私はこんな感じの内向型です。


これに気付くのに、
30うん年もかかりました。


内向型は世間的に見て、
25%しかいないので
理解されにくいと思います。


周りに理解されず、時には
「あなたはおかしい」と
否定されることもあると思います。


でも、
世の中色んな人がいて当然です。


同じように内向型で、
周囲に理解されなくて
苦しんでいる人には、

理解されなくても、
『自分』というものを
持ち続けてほしいなと思います。


あと、
内向型が理解出来ない人は、せめて
否定しないでいてくれたらと思います。



③へ続きます。



↓読者登録はこちらから!


↑登録して頂くと、
LINEアプリに更新通知が届きます。

(通知のオン・オフは自由に設定できます。)


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。皆さんは外向的ですか?内向的ですか?私はどちらかというと【内向的】です。小さい頃は、近所のお友達と遊んだりしていたのですが、段々と、一人で趣味に没頭することが増えました。学校でも、教室で一人で過ごすことが多かったです。皆んなで
はじめましての方は→コチラ


皆さんは
外向的ですか?
内向的ですか?

IMG_9889

私はどちらかというと【内向的】です。


IMG_9890


小さい頃は、近所のお友達と遊んだり
していたのですが、
段々と、
一人で趣味に没頭することが増えました。


学校でも、教室で一人で
過ごすことが多かったです。


IMG_9891
皆んなでワイワイするのも楽しいのですが、
私には集団は刺激が強く、
疲れやすかった気がします。


なので、
仲の良い子(3人くらい)とだけ、
よく行動していました。


(でも
『全く外に出ない、人に会いたくない』
というわけではなくて、
たまには外出して楽しみたいし、
友達にも会いたいです。)



内向的な人って、外向的な人と比べて
少ないそうです。

(外向的:内向的=75%:25%)




学校で目立っていた人は、
とても明るくて元気な人ばかりで、
(おそらく外向的)

IMG_9892
【私が持っていないもの】を
持っていて、とても魅力的だなと
思っていました。


高校を卒業してからもそういう人達は、
素敵な人生を送るのだろうと思いました。


たくさんの人に囲まれていて、
外向的な人は優れた人だ
と思っていました。


それに比べて私は、

地味だし明るくないし面白くないし…
自分はダメだなぁ、人として劣ってる

と思っていました。


世間的にも、
内向的な人よりも外向的な人の方が
良い印象を持たれやすいと感じています。

『内向的』は、「内気」だとか
暗いイメージがついていますよね…。

学生の時は特に
IMG_9893
クラス内でこんな構造が
みんなの中にあった気がします。
(私は1番下だったかも。)



でも30代半ばになって、思うんです。


外向的だから優れてる
内向的だから劣ってる

ってことは絶対にない!

IMG_9894

外向的にも内向的にも
それぞれメリットデメリットはある。

そこに優劣は存在しない

…と、私は思います。



育児の話でも、
「子どもは外で元気に遊ぶのが普通」
と耳にすることがありますが、

自宅で本を読んだりお絵描きしたり、
自分の好きなことをして過ごす子が
いても良いと思うんです。

色んな子がいて、当たり前なんです。

色んな人間がいて、当たり前なんです。


だから、
内向的で自分に自信が持てなくて、
社会人になるのが不安な人たちには、

「学校時代のあんなヒエラルキーなんて、
社会に出ればなんの意味もないよ。
未来は自分次第だよ。」

と声をかけたいです。


昔から地味で内向的な私だけど、
IMG_9895
『自分に合ってる』
と思える仕事が出来て、幸せです。


『内向的でも、
自分はこれで良いんだ』

って思える人が増えたら良いな

…と思います。






↓読者登録はこちらから!


↑登録して頂くと、
LINEアプリに更新通知が届きます。

(通知のオン・オフは自由に設定できます。)


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。今月の15日頃から、Instagramのストーリーズやプロフィールのリンクから、当ブログにとべなくなる不具合が生じています。なぜか、livedoorブログのリンクが貼れません。他のリンクは貼れるのに…。なぜ?(T_T)15日からInstagramの方に『問題報告
はじめましての方は→コチラ


今月の15日頃から、

Instagramのストーリーズや
プロフィールのリンクから、
当ブログにとべなくなる
不具合が生じています。
IMG_9862
なぜか、
livedoorブログのリンクが貼れません。

他のリンクは貼れるのに…。
なぜ?(T_T)


15日からInstagramの方に
『問題報告』してるのですが、
まだ回復していません。

IMG_9863
現在は、更新のお知らせ用の
アメブロのリンクを貼っています。

IMG_9864
あと、プロフィールにも、
livedoorブログのリンクが貼れないので、
代わりにアメブロのリンクを貼っています。



アメブロに飛ぶと、
こんな風に特定の記事に行きます。

FullSizeRender
『続きはこちら!』の下にある、
四角の中にあるリンクをタップすると
当ブログに飛べると思います。



とても回りくどいと思うので、

これを機会に、よろしければ
ブログを読者登録を
して頂けると嬉しいです。


↓こちらから!



↑登録して頂くと、
LINEアプリに更新通知が届きます。

(通知のオン・オフは自由に設定できます。)



Instagramに思うように投稿出来なくて、
私自身も不便だなぁと思っています💦

ネットで色々原因を調べて
試してみたのですが、
何をやってもリンクが貼れません…。

これ…回復するのかな…?

このままだったらどうしよう…(T_T)


とりあえず、諦めずにまだ色々試して
みようと思います。


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第11話はコチラ。お菓子を作ったり、手の込んだ料理を作ったり、身の回りのお世話をしっかりこ
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ

IMG_9852
IMG_9853

お菓子を作ったり、
手の込んだ料理を作ったり、
身の回りのお世話をしっかりこなす、
【完璧なお母さん】。

…ではないけれど。


持病(うつ病)と向き合いながら

私なりに毎日
『お母さん』をしています。


持病があっても、
完璧なお母さんになれなくても、

子どもたちの成長に喜びを感じ、
一緒に過ごす毎日を幸せに思っています。


子ども2人の母親になれて
良かったと思っています。


この漫画を読んで、

同じ持病の方の不安が
少しでも軽くなれば良いなと思います。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第10話はコチラ。この後すぐ生理がきましたが、副作用だと気づいたのは、薬を変更して3ヶ月以上
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9822
IMG_9823

この後すぐ生理がきましたが、

副作用だと気づいたのは、
薬を変更して3ヶ月以上経った後でした。
(ニブイ!・(笑))


その頃には副作用の気持ち悪さも
なくなっていました。


常にムカムカ気持ち悪くて、
本当につわりにそっくりでした。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の9話はコチラ。1コマ目の漫画はコチラです↓『寝過ぎる原因を考えてみた』この記事を描いた時は
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の9話はコチラ


IMG_9814
IMG_9815

1コマ目の漫画はコチラです↓

この記事を描いた時は、
「仕事頑張り過ぎだったかな?」
と思っていたのですが…

その数ヶ月後、先生から
「今の薬は眠くなりやすい」と聞き、
「薬のせいでもあったのかな…?」
と思いました。



眠くなりやすいといっても、
私が飲んでいる量は
【最低量】だったので、
まさか薬の副作用だなんて
思ってもみませんでした。



頭の回転が悪いとか、
物忘れが激しい・物覚えが悪い

…というのも、
うつ病の人には起こるらしく、
料理が出来なくなることもあるそうです。
(料理は、結構頭を使うらしいです。)


因みに『頭の回転を良くする』っていうのは、
『頭が良くなる』って意味じゃなくて
脳内の神経伝達物質を最適に近付ける
という意味だと思います。

(薬1つで賢くなれたら
すごいですよね(笑))


因みに変えた薬は
『サインバルタカプセル』です。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。 皆さんはもう手にしましたか⁉︎私は発売日に手に入れておりました!それは…『くま母さんちの家族絵日記』!大事なブロ友・くま母さんの初書籍ですーっ!Instagramのフォロワー数は驚異の13万人っ!(本の帯には12万人と書いてますが…現時点
はじめましての方は→コチラ。 


皆さんはもう手にしましたか⁉︎

私は発売日に手に入れておりました!

それは…
FullSizeRender

『くま母さんちの家族絵日記』!


初書籍ですーっ!

Instagramのフォロワー数は
驚異の13万人っ!

FullSizeRender

(本の帯には12万人と書いてますが…
現時点では13万人!…すごいっ!)


たくさんの人に
フォローされているのには、
理由があるのです!

それは…

面白い!(笑)


くま母さんの絵日記は、
共感するところがいっぱいあるし、
癒されるし、子どもの細かな仕草を
よく見ているなぁと感心します!

それに…面白い!(笑)
(2度目)



くま母さんは、今月livedoorブログへ
お引越しされてきたんですよー!

嬉しーっ!



↑ブログもぜひチェックしてみて下さい!




ぜひ、お手にとってご覧下さい!


▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の8話はコチラ。今も毎朝起きづらいです。でも、仕事や家事が最低限出来ているから、『私は大丈夫
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の8話はコチラ


IMG_9774
IMG_9775


今も毎朝起きづらいです。

でも、
仕事や家事が最低限出来ているから、
『私は大丈夫。元気です。』と言っています。



いえ、本当は

『出来てない部分』
『足りない部分 』

あると思います。



『こういうお母さんでありたい』と
思っていても、思い通りに
動けないことは沢山あります。



しかし今は、
その『出来てないこと』には
目を向けないで、
「怠いながらも、
自分はここまで出来たじゃん!」
と思うようにしています。

(OKラインを低くしています。)


そうすると、
「自分は本当にダメだなぁ」と
自分で自分を追い込むことが減りました。




人に『出来てないじゃん!』て言われると
「私なりに頑張ってるのに…!』って
気持ちになってしまうのですが、

幸い、家族は許容して、
言わないでいてくれています。

本当に本当に有り難いです。



完治はなくても、
なるべく体調が安定するように、

考え方の癖を変えたり、
薬の飲み忘れをなくしたり(←オイ(笑))
睡眠をちゃんととったりして、

自己管理していきたいと思います。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第7話はコチラ。混合育児の経験があるので、自分はミルク育児も慣れていると思っていたのですが
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9751
IMG_9752


混合育児の経験があるので、

自分はミルク育児も慣れていると
思っていたのですが、

断乳する前には
完全母乳育児に
すっかり慣れていた為、

いざ始まると、

お出掛けの時の大荷物
哺乳瓶洗浄・消毒

などの労力があり、
結構大変だなーと思いました。

(混合の時にも経験してたのですが、
改めてそう思いました。)


でも、母乳も大変なんですよね。


乳頭が切れてしまったり、
乳腺炎になってしまったり、

乳首の形によっては、上手く
飲ませられなくて苦労したり。


母乳もミルクも、

良いところと大変なところが
それぞれありますよね。


ミルク育児に慣れて、
『これは良いな』と思ったのは、

飲んだ量が目でわかること
父親も授乳出来ること
自分が病気の時に服薬出来ること
でした。



個人的には、

お母さんが辛い思いをしないで、
「これで良いんだ」と納得出来ていれば、
ミルクでも母乳でも
どちらでも良いんじゃないかなぁと思います。



産後間もないこの頃、
涙が勝手に流れるようになったのですが、
その時のお話はコチラにあります↓





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第6話はコチラ。何という名前の薬だったか忘れてしまいました…。産婦人科の先生には、自分が心
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9734
IMG_9735

何という名前の薬だったか
忘れてしまいました…。


産婦人科の先生には、

自分が心療内科に通っていることや

心療内科の先生に
「母乳はあげないで下さい」
と言われたことを

きちんとお話しました。



心療内科に通っていて
もし2人目をお考えでしたら、

心療内科の先生と、
産婦人科の先生両方に

きちんと相談すれば、
不安は軽減出来ると思います。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。【うつ持ちの私が2人目を産んだ話】から外れまして、最近、勉強欲が湧いている心理学についてお話させて下さい(^^)前々から興味があった心理学。色んな本を読んだりしています。色々情報を探している時、あの有名なメンタリストdaigo さんのYouT
はじめましての方は→コチラ


から外れまして、
最近、勉強欲が湧いている心理学に
ついてお話させて下さい(^^)


前々から興味があった心理学。
色んな本を読んだりしています。


色々情報を探している時、
あの有名なメンタリストdaigo さんの
YouTubeにたどり着きました↓



現在テレビでは、
弟さんの松丸亮吾さんが
ご活躍されていますね。

FullSizeRender

メンタリストdaigo さんは、
現在はネット動画で
心理学に関する情報を
発信しているそうで、

少し観てみたら、すっかり
魅了されてしまいました。


特におすすめなのは、
『メンタリストdaigo の
心理分析してみた!』という


メンタリストdaigo さんの
豊富な知識を
動画を通して知ることが出来ます。


人間関係や自分の性格など
色々な発見があったり、
考えさせられることがあり、
とっても勉強になります!



そして、daigoさんがお勧めしていた本も
購入しちゃいました。
(すごく影響されている(笑))

FullSizeRender




↑これです。
電子版だと、横になりながら
読みやすいので探したのですが、
見つからなかったので
紙媒体のものを買いました。


昔はあまり本を読まなかったのですが、
(漫画ばかりでした(^_^;))
30半ばになって、読むようになりました。


daigoさんはこの他にも
興味深い書籍を
たくさん紹介しているので、
私も読みたいなぁと思っています。


色々知識を取り入れて、
自分の人生を豊かなものに
出来たらなと思います。


いつまでも、
『自分をアップデートしていける人』
でありたいな。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の5話はコチラ。『妊娠出産可能』と言われてから、普通に楽しく過ごしていました。(産後にうつ再
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の5話はコチラ



『妊娠出産可能』と言われてから、
普通に楽しく過ごしていました。
IMG_9699
IMG_9700
産後にうつ再発編と重複しますが、
こんな時系列でした。)


これまで、
「自分は妊娠したらダメなんだ…。
まだ2人目は持てないんだ…。」
という気持ちが胸の奥にあり、
つっかえていたのですが、

『妊娠出産可能』と聞いてから、
気持ちが軽くなりました。


そして、
毎日を楽しく過ごしていたある日、
身体に妊娠初期症状が出始めたのでした。


帰国後というのもあり、
「時差ボケかな…?」
と思っていたのですが、
妊娠による眠気だったようです。





▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!

はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の4話目はコチラ。親になると決めたからには、『どんな我が子も受け入れる』という気持ちが必要か
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


IMG_9694
IMG_9695


親になると決めたからには、
『どんな我が子も受け入れる』
という気持ちが必要かなと思います。

綺麗事かもしれないけど…。


胎児への影響を心配しなかった
わけではありませんが、
私は先生の『妊娠出産が可能』
という言葉を信じました。




▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!


はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第3話はコチラ。聞きづらいなと思うことを聞いてみることに先生との話し合いによっては、薬を切
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ


聞きづらいなと思うことを
聞いてみることに
IMG_9685
IMG_9686


先生との話し合いによっては、

薬を切る選択、
漢方に変える選択、

になる人もいるかもしれません。


これはあくまで私の事例です。


私は先生との話し合いの結果、
最低量を服薬しながら
妊活することを選びました。


うつ持ちで妊娠出産をお考えの人は、
担当の先生とよく話し合いをして、
ご自身が納得出来る道を
選んで頂きたいと思います。






▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!



はじめましての方は→コチラ。うつ病編の頃、(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ。産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ。前回の第2話はコチラ。先生に、2人目妊娠の相談をすると…抗うつ薬を飲んでいるから妊娠してはいけな
はじめましての方は→コチラ

うつ病編の頃、
(初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ。)


うつ持ちの私が2人目を産んだ話1話はコチラ
前回の第2話はコチラ



先生に、2人目妊娠の相談をすると…
IMG_9677
IMG_9678


抗うつ薬を飲んでいるから
妊娠してはいけないと自分で思い込み、

ピルを処方してもらうために
数ヶ月婦人科に足を運んでいました。


先生にすぐに確認していれば、
そんな労力はいらなかったのだと
思いました。




「ネットで調べればいいのに」と
思う方もいるかもしれませんが、

医療系の情報は、

誰が書いてるかもわからない
無責任な情報より、
目の前にいる先生に聞いて
確認した方が良いと私は思っています。


「こんなことを聞くのは変かな…?」
と、遠慮してしまったり、
気が引けてしまって聞きづらい
…という気持ちもあると思いますが、

分からないことをそのままにしておくのも
ストレスになると思うので、

しっかり聞いた方が良いと思いました。








▼その他のエピソードはこちら。

初めてうつ病になった話の第1話はコチラ
産後にうつ再発編の第1話はコチラ

113話【番外編】もあります。
中傷被害に遭った話の後日談です。)

【娘(第一子)出産話】の第1話はチラ

看護学生時代の話↓

子どものケンカ編の1話目はこちら


↓書籍発売中です!
息子の出産話を描き下ろしました!